名前
メール
HP
練習日
内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード


 11月7日 かとま 
[修正]
※旅行記も含めているので結構長文です。元気のある暇なときに読んでください。

Привiт!(ウクライナ語でこんにちは)
3年のかとまです。皆さん、早稲田祭お疲れさまでした。盛り上がりましたか?私は今年度出演せず、商学部のプログラムでウクライナ(とトランジットの関係でベラルーシとロシアも)行ってきました。

その前に。今日の練習は、
5 アレンスキー パート練習
6 ハーバート  パート練習
時間外 クラ弦商学部会   でした。

アレンスキーは勿論知らないのですが、きっといい練習をしていたことでしょう。ハーバートはですね、やばかった。いや、やばいの私だけなんですけどね。練習してないのバレる。まずい。あと2か月弱ですね、頑張ります。
時間外の商学部食事会、とっても楽しかったです〜!2人来れなかったのが残念ですが、色々なお話出来てよかったです。クラ弦商学部勢は先輩も同期も後輩も良い人。次はラクレット行きましょう。

さて、旅の思い出を。
〈ウクライナ〉
ウクライナ美女が多い説は本当です。美女を見たい方はウクライナへ。日本からは直行便が出てないのが痛い。日本と比べると物価はかなり安いし、ご飯も美味しいし(ボルシチはロシア料理じゃなくてウクライナ料理です)、チョコも美味しいし(大統領の会社のROSHENも美味しいし、Lviv Handmade Chocolateも美味しい)街も色彩が淡い感じで可愛くて素敵です。おすすめはアンドレイ教会!水色が本当に綺麗。ずっと見ていられます。政治的な問題があり、今は少々治安が良くない感じがするのでそこは気を付けましょう。基本的にキエフにいたのですが、1日だけリヴィウという街に行きました。あ、キエフ中央駅の構内が非常に素敵でした。夜行列車で行ったんですけど、なんと一等客室は水が付いてきました。それがノンガスだったのが超感動しましたね。リヴィウはカフェが沢山あって観光が盛んな街です。また、ポーランドに近いのでキエフよりヨーロッパの風を強めに感じます。あまり大きな街ではなく1日あれば回れると思うので、どこか近隣諸国に行った際に立ち寄るとかでも楽しめると思います!是非。
〈ベラルーシ〉
ウクライナで美女やかっこいい人を多く見ましたが、一番の推しはミンスク空港の入国管理官の男の人です。いやーーー本当にかっこよかった…私の順番から管理官が変わってその人になったのですが、ラッキーでしたね。まあこの人になら入国拒否されても良いかなって…(よくない)その人がかっこいいっていうのもあったんですが、ベラルーシの出入国管理官の制服が超かっこいいんですよ。是非推しに着てほしい。ベラルーシは「ヨーロッパ最後の独裁国家」なんて言われますが、人も優しくて良い国だし、夜1人で出歩いてもそんなに怖い感じがしません(キエフはちょっと怖い)トランジットで1.5日しかいれなかったのが残念なので、また行きたいです。
〈ロシア〉
モスクワはトランジットの20時間の間に街に繰り出すという感じでベラルーシ以上に短い滞在でした。行った時、赤の広場が封鎖されてて、「15時に開く」って言われて待ってたら開かなくて、そしたら「16時に開く」って言われてまじか…となりながらも待ってたのですがなかなか開かなくて(空港へ向かうタイムリミットが16時半でした)寒空の中泣きそうだったのですが、数分後開いて、なんとか入れました。一緒に行った子と小走りで駆け巡りました。近くで見る聖ワシリイ大聖堂は素敵だった…。あ、あと旧ソ連圏に多分共通なのですが、地下鉄の駅がかっこいいです。

一応学部のプログラムなので、真面目なこともしました。向こうの日本語学科の学生と交流しました。みんな日本語が上手くて、私達より日本文化のことを知っていて、そして日本語で自国の文化とかの説明もできる…。自分の無知さを改めて知りました。海外に行くと大体思うんですよねこれ…。試験の為の勉強とかじゃなくて、人生を豊かにする勉強がしたいですね。

来年このプログラムはジョージア(グルジア)に行くそうです。私も都合がつけば行きたい。

さて、最後の日誌なのに旅行記で締めるわけにはいかないので、私もクラ弦語りをしたいと思います。

クラ弦でなんだかんだ3年間過ごしてしまいました。最初は1年で辞めるつもりでした。元々ソロでやっていたため楽器があり、体の小ささからフルサイズにしたのが遅かったので、折角買ったのに勿体ないという一心で弦がやれるサークルを探していました。候補はワセオケ、早稲フィル、クラ弦、律。本当はインカレがとっても嫌で、そうするとワセオケしかなかったのですが、お金と時間があまりにも吸い取られるなーと思って、残りの3つから探しました。規模が大きすぎず小さすぎず、また説明会やコンパで話してくれた先輩方(みずほさん、ゆりさん、あっきゅんさん、藤川さん、ともみさん、チェックさん。皆様は恐らくこの日誌をもう読んでいないだろうし、話したことも覚えていないと思いますが、この場でお礼を申し上げます。)が優しくて雰囲気が良かったことから、クラ弦にしようと思い入団しました。
入団したは良いのですが、春定はメイン1曲(1年が全然いなかった)、冬定はサブ2の1曲(Vnの人数が多すぎて溢れた)だけで人との関わりが少なく、また自分の性格上そこまで群れられるタイプではないのであまり親しい友人が出来ず、曲も乗れなくて楽器が弾けずでつまんないしこの定演終わったら辞めようって思っていた時期がありました。

何故辞めなかったか。

まあ、正直辞めるって言えなかったってこともあると思います(笑)だって言う相手先輩だもの…。あとやっぱ楽器が勿体ないなという思いもありました(笑)
でもやっぱり、クラ弦の雰囲気なんじゃないかなって思います。2016冬定はスヴェンセンしか乗ってなくて月に1〜2度くらいしかクラ弦に行っていませんでしたが、そんな私でも行くと声をかけてくれる同期、先輩。趣味の為に練習は休むわ、アフターに殆ど参加しないわ、最後の時限まで練習しても締めに出ずさっさと帰る時もしょっちゅうだわ、な人間でしたが、来るもの拒まずむしろ歓迎、みたいな雰囲気があるクラ弦はあったかいなって思います。人に恵まれていましたね。なんか書いたら泣けてきた。(ほんとに)なんだかんだ言って居心地が良かったんでしょうね。実はクラ弦が好きなのかもしれないです。それに気づいたのは、引退直前の今だったってわけですが。でも、それに気づけて良かったです。皆ありがとう。特に17期の同期のみんなー!ありがとうーー!

長くなってきたな…。そろそろ終わります。もうすぐ贔屓組の公演が始まるのでソワソワしてます。あと、推しの来年の舞台が全然出なくて不安です。あの人、本当に二郎系のラーメン屋を開業したらどうしよう。クラ弦の中でミュージカルや宝塚やバンドの話に付き合ってくれる同期の心の広さに乾杯。さんて。さりゅーと。油田欲しい。

読んでくれてありがとうございました。私は多分顔が年中無休で怖いだろうけど、怒ってるわけじゃなくそれが通常モードであり、話してみると意外と話せる人だと思うので、引退する前に皆さんお話してくださいな!

Дякую!

追記:写真はキエフのおすすめのアンドレイ教会です。綺麗。

 11月3日 すずき(い)  [修正]
こんにちは、3年Vaパートの鈴木愛恵です。
本日は
3限 ハーバートP練習
4限 フリー(早稲祭練習)
でした。

3限はヴィオラは自主練となりました。実を言うとハーバートの練習に一回も出られていません。早く追いつかなければと焦っております。
大学生って学年が上がるごとに楽になるものだと思ってました。全然そんなことなかった。土曜に必修が入ってるのがつらいです。

さて、これが私の最後の日誌となるようですが、まあ最後と言っても2回目なんですよね。で、1回目はというと入団したその日だったんですよ。私が入団したのが5月後半くらいで結構遅かったので、他に書いてない1年生がいなかったのでしょうね。人見知りが激しくて緊張しながら初めて練習に参加して、わけもわからず日誌というものを任され、その後流されるようにヴィオラパートでご飯を食べに行ったあの日がつい最近のことのように思います。あれからもう2年半か…。
友達からクラ弦のことを知り、なんとなーくで入り、出席率もあまり高くない私でしたが、なんだかんだ楽しかったなーと思います。なんとなく、だったけど入って良かったです。いろんな人といろんな曲を弾けて楽しかったです。残り少ない期間ですが、最後までどうぞよろしくお願いします。

明日は!早稲祭!ですね!!
頑張りましょう!楽しみましょう!!


 10月27日 19期 指揮者より「オムライス」   Mail [修正]
(3)マーラー合奏
(4)アレンスキー合奏

こんにちは。牧野紘己です。19期の指揮者をします。現役の方々も、OBの方々もよろしくお願いします。
合奏2コマで、私は両方とも乗り番でした。アレンスキーはキラキラしている1女に囲まれていて肩身が狭かったです。

今日は昼夜続けてクラ弦の同期とご飯を食べました。「良いサークルに入ったなぁ」と思いました。以前、某同期とのLINEをしていたのですが、サークルでも学科も多くの場合、合う人もいれば合わない人もいると思います。クラ弦は音楽という共通の好きなものを通じて集まった仲間ですし、クラ弦の中でもケーキを食べたくて集まることもあれば、美術館に行きたくて集まることもあります。早慶戦にも行きました。同調圧力で全員参加というストレスたっぷりの集まりよりは、好きなものを通じた集まりは幸せな関係だと思います。そして、そのような関係をたくさん作れるようにするのがサークルのプラットフォームとしての役割だと思います。その点、好きなことに自由に参加できる、そして好きでないことに行かなくてもよいクラ弦の環境はとても健全で、ぜひ保っていきたいものです。なんて事を考えながら「良いサークルに入ったなぁ」と思いました。

さて、食事の話に戻ります。大学生は往々にして食事を疎かにしがちですが、コミュニュケーションの手段としての食事は個人的に非常に重要だと思っています。なので、出来るだけ声をかけるようにしています。この前は同期2人とオムライスを食べに行きました。日常の愚痴から[検閲により削除]まで幅広く話すことができました。

オムライスというのは非常に面白い食べ物だと思います。基本的な構成要素はご飯・卵・ソースの3点です。この点は、多くの方々と意見を共有できるでしょう。しかし、Aさんの想像する典型的オムライスは、程よく焦がしたケチャップライスがフワフワの卵に包まれて、たっぷりのデミグラスソースがかかったものであっても、Bさん必ずしも同じものとは限りません。Bさんの想像する典型的オムライスはバターライスが薄い卵に包まれたケチャップのかかったものかもしれません。こういった典型的オムライスはAさんBさんの好き嫌いや経験、環境によって“ばらつき”がうまれます。その「ばらつき」はカレーライスやエビフライよりもはるかに大きいと思います。オムライス屋さんでメニューを見ながら「わいわい」する時間は、自分のオムライスに対する価値観と他人のオムライスの価値観を理解する時間のように思います。

とりあえず各々が想像する典型的オムライスを「プロトタイプオムライス」と位置づけることにしましょう。プロトタイプオムライスから離れれば離れるほど、その人にとってオムライスらしさが失われ、「オムライスではない何か」になります。はっきりとした境界があるわけではなく徐々にオムライスらしさが失われます。

オムライス屋で注文するオムライスを選ぶのは、もちろん好き嫌いによるものが大きいと思います。加えて「プロトタイプオムライス」を基準にして、注意深い人は「オムライスらしい」と思うものを優先し、好奇心旺盛な人は「オムライスらしくない」ものにも挑戦するのではないでしょうか。そして、その注文したオムライスが経験となり「プロトタイプオムライス」がアップデートされて、新たな「プロトタイプオムライス」が生まれます。新しく生み出された「プロトタイプオムライス」は次回オムライスを食べる際の基準となります。この繰り返しです。

これまで書かせていただいた「オムライス」の話の重要な点は「オムライス」には客観的な定義・枠組みがなく、各々の主観的なイメージにすぎない点にあります。例えば、これが「鶏卵」の場合「鶏が生んだ卵」と客観的な定義・枠組みがあるので成立しません。しかし、「オムライス」の場合、明確な枠組みがない中での主観的なイメージなので成立します。

ここで「オムライス」に「クラ弦」を代入してみましょう。クラ弦はもちろん書類上存在して唯一無二のものでありますが、その実態は各団員の「イメージ」の集合体であると思います。各団員の「プロトタイプクラ弦」は1年生と3年生、OBの方々ではそれぞれ違うでしょうし、中高で所属していた部活、楽器によっても異なるかもしれません。19期の指揮者として自分なりの「プロトタイプクラ弦」を追究し、また演奏する一曲一曲の「プロトタイプ」の一致を目指していきたいと思います。

実は指揮者をやるのは4年ぶりです。しかも前回も島田先生の一代下で振っていました。(島田先生は中学の部活の一代上)またお世話になります。そして先生のみならず、団員の皆さんにもご指導ご鞭撻、ツッコミ等あると思いますが、ここはひとつお手柔らかにお願いします。(特に同期の皆さん)

長くなりましたが、最後に一つ。毎回「は〜い くらげんしめま〜す」の寧々様の声に癒されています。ただ、入団以来ず〜〜〜っと気になっているのですが“パン!”は一本締めではなく「一丁締め」ではないでしょうか?

それではみなさん!おいしそうなオムライスを想像してください「は〜い くらげんしめま〜す」
「ィヨ〜ッ」“パン!”

牧野紘己

追記:画像はオムライスを食べに行った時の写真
   渋谷「ラケル」

 10月20日 すずき せいや  [修正]
 お久しぶりです。3年Vnの鈴木誠也です。
 最近とても寒くなってきましたね。体調を崩さないように気をつけましょう。
 本日の練習内容は、
昼  自主練
3限 エルガーP練習
4限 シューベルト合奏
 でした。私はシューベルトの合奏に参加しました。

 シューベルトは今回が初合奏ということで、少々の緊張感の中で演奏が始まりました。
 この曲の最初のポイントは、指揮者とソロの呼吸を合わせることでした。
 指揮者はチラチラ独奏者の顔を見て確認するのですが、慣れない作業に笑ってしまいます。指揮者の照れ方は、さも付き合って1週間ほどの初々しいカップルそのものです。指揮者が笑うから、みんなも釣られます。和やかです。
 これから安心感のある某カップルのように息を合わせていくことに注目です。

 この合奏で私は2ndヴァイオリンの1プルで練習に参加させていただきました。くじ引きの結果です。やったー(棒)
 1プルでは、後ろのプルトでは気づかないような感覚があります。トップの方々の呼吸が聞こえます。熱い気持ちと信頼感のようなものが目には見えないがそこにはあります。演奏への理解が進み、自分たちが合奏を作っていく面白さを感じました。やっぱり2ndヴァイオリンは楽しいと思いました。

 これが私の最後の日誌になりそうです。
 2年から途中入団した僕を受け入れてくれたクラシック弦楽合奏団には非常に感謝をしています。ここで 私はたくさんの人と出会い、笑い合いました。
 
 私は『当たり前』という言葉は嫌いです。それは、日頃の小さい感謝に気がつかなくなりそうだからです。
 いつも練習ができているのは、鍵を取ってくれている方のおかげです。
 鍵が取れるのは、朝早くに来て予約してくれた方々のおかげです。
 集まって練習ができるのは、幹部の方々のおかげです。
 演奏会ができるのは、団員みんなが参加してくれているからです。
 こうやって、みんなが見えないところで、クラ弦のために行動してくれている人がたくさんいます。
 僕がこんなこと言うと誰かに非難されるかもしれません。だって、私が感謝を行動に移せていなかったから。
 それでも、残りの期間だけでも、「何か手伝えることはある?」と一言かけられるようになりたいと思います。今までずっと行動していてくれた方々からはちっぽけなことかもしれないけれど。

 それでは、クラシック弦楽合奏団第33回定期演奏会が良い演奏会になりますように。あと2ヶ月。頑張って行きましょう。

 10月24日(水) すぎた  [修正]
こんにちは.2年のすぎたです.3年生の皆さんが最後の日誌を書かれていますが,突然僕が現れてびっくりした人もいるかと思います.
今日はあまり最後まで残っている人数が少なく,日誌を書ける役職以外の3年生の方が誰もいなかったので2年生がじゃんけんの死闘を繰り広げ,晴れて僕がこの日誌を書ける権利を得たというわけです.

この日の練習内容です.

4限目:個人練
5限目:個人練
6限目:シューベルトP練

先輩方からは「好きなことを書きな」といわれたんですが,あんまり思いつかないので最近あったちょっといいことBEST3を発表します.


3.右足だけなんか成長痛がする
2.スタバのポイントが貯まった!(ビバレッジやフード,
コーヒー豆などのお好きな1品(税抜\700まで)と交換できる)
1.近所徒歩1分のところにいい感じの公園を見つけた

OLみたいな出来事ばっかりだな.おれってOL???


この日は7限の時間に部室でマリカをして遊んでいたんですが,こうやって先輩と楽しい時間を過ごせるのもあと少しだと思うとかなり切なくなりますね.2年生というは先輩とも後輩とも遊べる最高の学年だと思っているので,これからは一回一回の活動をもっと充実させていこうと思いました.

 10月17日(水) うちかわ  [修正]
3年ばよりんのうちかわです。すっかり日誌の書き方も忘れてました。でもこれで最後なんですよね……。

本日は、

5限 アレンスキーP練
6限 エルガー合奏

でした。

エルガーってやっぱり難しいですよね。少し前にもエルガー先生の他の曲を弾いたのですが、なんとまあめちゃめちゃな難しさだったか。これも例に漏れず大変な曲で、毎回毎回ヒィヒィ叫びながら弾いています。指が取れそうですが、がんばりましょう。
エルガーたのしい!エルガーたのしい!(洗脳)


もうすぐ引退だってことを考えると、非常に心寂しくなりますね。後、2ヶ月くらいしかないの……嘘やろ?
入団から退団まで本当にあっという間ですね。残りの時間を大切にしながら過ごしていきたいと思います。残り少ないですが、よろしくお願いします。

もう書くことがないので終わりにしま……………ハッ、月報……!!?うっ頭が………。この度は誠に申し訳ございませんでした(土下座)。
近年年報になりつつあるのですが、来年に期待しましょう。特別号楽しみ!!!!

以上、わかちうことうちかわでした。

 10月10日(水) かみむ  [修正]
3年の上村です。
書くの遅れてすみません
いや、一回書いたんですけどね。パスワードが分からなくて途方にくれてたんです。

この日の練習は
5 アレンスキー合奏
6 マーラーP練
でした。

アレンスキーは順調でしょうか...?
マーラーは相変わらず眠気との戦いですね


実は私の心は鉄でできているので、中学、高校の部活引退や卒業式で感動した経験がないんです。しかし、今回のサークル引退に関してはなんだかじわじわ悲しくなってきました

歳のせいでしょうか?いいえ、違います。
皆さんのおかげで人間の心を取り戻すことができたのです。

初めは行きづらかったサークルも今となっては授業の息抜きになっています。
何が言いたいかと言いますと、あーんなことやこーんなこともあったけど、クラ弦に入って良かったと思ってます。

ありがとう!みんな!ありがとう!地球!

残りの時間も楽しく過ごしましょう( ´・‿・`)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
全 837件 [管理]
CGI-design