名前
メール
HP
練習日
内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード


 1月12日(土)引継式 板垣 
[修正]
こんにちは。17代幹事長です。
日誌を書くのは久しぶりな気がします。久しぶりなのにもう最後の日誌だと思うと、時間が過ぎるのは本当にあっという間だなと感じます。

この日の活動は
3.4限 引継式
でした。

まず、引継式を開いてくれた1.2年生の皆さん、ありがとうございました。

最後の日誌ではあるのですが、私は伝えたいことは言葉で直接伝えたいタイプなので(せっかくの機会をいただいたのにごめんなさい笑)、私の思いは引継式の場で皆さんに伝えたつもりです。

それをどのように受け取って、どのように感じ、考えたかは皆さんに委ねようと思います。

これから2年生の皆さんがお互いを思いあってクラ弦をリードしていき、1年生の皆さんがそれを支え、新たなメンバーがたくさん加わることを祈っています。

またOBOG会で皆さんに向けて何か発信することがあるかと思いますが、よろしくお願いします。それではまた。

 1月9日(水) 日誌を書かなかった3年生一同  [修正]
皆さんこんにちは。今日の日誌を仰せつかった鈴木です。うちの代の日誌を書かなかった人を代表して書いてます。なぜ俺なのか(半ギレ)
今日は
5限 反省会
6限 反省会
でした。

3年生でもう引退するのにいったい何を反省するのかと思って聞いていました。みんな真面目ですねぇ(適当)
あと、鈴木○誠也君のイキリ芸がとても面白かったです。あれだよあれ!あれを待ってたんだよ!!お帰り、俺たちの誠也!
反省会の記憶はこのぐらいです。俺はよく聞いていませんでしたが、後輩達は我々の反省を生かして頑張って下さい。

僕が日誌を書くのはこれで最後になります(前回書いたのが何時だか覚えていませんが…)
1年生の時はコミュ障だったので皆とあまり話せませんでしたが、3年も経ったのでさすがに以前よりはましになったかなと思っています。僕はいじってもらえないと面白くならないので、沢山いじっていただいてとてもありがたかったです。
演奏面や仕事関係で足を引っ張ってしまうことが多かったですが、皆さんがなにも言わず(?)暖かく接してくれたので楽しいサークル生活を送る事ができました。ありがとうございましたm(_ _)m

ヽ(´▽`)ノ(日誌を書かなかった3年生)
「あ り が と う ご ざ い ま し た !」(合唱)

 12月23日(日) のざき  [修正]
3年の野崎です。2日連続ですがお許しください。今日は第2ヴァイオリンの日だったので、パートを代表して日誌を更新させていただきます。

3限 エルガー 合奏練習
4限 シューベルト 合奏練習
5限 ハーバート パート練習
6限 ハーバート 時間外合奏練習
(アフター セカンド会)

日曜日で天皇誕生日にも関わらず、長時間に渡る練習でしたね。本当にお疲れ様でした。セカンド会に参加してくれた方は本当に楽しかったですね。ご参加ありがとうございました。
今日の練習を簡単に振り返ります。

エルガーの序奏とアレグロは最後の合奏練習でしたね。今までお疲れ様でした。本番もよろしくお願いします。
僕が出した曲なので当たり前の感想ですが、やはり名曲だと思いました。練習番号30からのコーダを弾いている時はアドレナリンが噴出して全身が震えます。実は、合奏の第1ヴァイオリンと合奏ヴィオラで乗ったことがあるんですが、独奏で演奏する機会があって恵まれていたなと思います。

シューベルトのロンドも最後の合奏練習でした。特に、首席の位置を変わってくれた誠也には感謝しかないです。ありがとう。本番もよろしくお願いします。シューベルトのロンドは僕がとにかく下手で本当に申し訳ないです。ここ3週間は毎日部室に通って練習しているのに、暗譜できてない自分が本当に情けないです。あと5日でどうにかします。

ハーバートのセレナードは最後のパート練習でした。合奏練習も残り2回しかないので、いよいよ切羽詰まってきました。クリスマス遊んでる場合じゃねぇぞ。
この曲には一貫した主題があり、各楽章に登場しているので、そこら辺をもっと意識して味付けするべきだと思います。チャイ5みたいなもんです。ヒントは3連符です。残り数回で仕上げましょう。この曲は4回前の第30回定期演奏会のメイン曲のチャドウィック作曲セレナードと非常によく類似しているので、1年生の頃を思い出してエモくなります。この感覚をシェアできるのが現役だと敦也しかいないのが悲しいです。老害ですね。


これが最後の日誌になると思うので、これまでの活動を振り返りたいと思います。興味ない人はここから先は読み飛ばしてください。

自分はヴィオラを弾きたくて入団を決めたにもかかわらず、ヴィオラの購入資金を登山サークル向けの装備に溶かしてしまったのもあり、第2ヴァイオリンの首席奏者と無事に決まりました。経緯は無茶苦茶ですが、第2ヴァイオリンが好きなので後悔はありません。

特に3年でパートリーダーになって以降、2つのことを心がけて活動していました。
1つ目は、第2ヴァイオリンを選んでくれたみんなが、活動を通して純粋に楽器を弾く楽しさを感じられるようにすることです。そのために、楽譜を用意したり、練習中に休憩を設けたりと僕なりに色々工夫していたのですが、果たして効果はあったんでしょうか?でも、年間を通して第2ヴァイオリンは高い出席率を誇っていたので、きっと効果があったんだと思うことにします。よかった!(笑)
2つ目は、自分自身が楽しむことです。パートリーダーとして活動の中心にいる人間が楽しいと思える活動こそ、楽しい理想的なサークル活動だと考えていました。逆に、嫌々やるようでは皆はついてこないかなとも考えました。これは将来パートリーダーや指揮者になる後輩にも引き継いで欲しい事です。自分が楽しいと思えるようなサークル活動にするために努力してください。よろしくお願いします。、

第2ヴァイオリンパートには、頼りになる同期や後輩がいて、彼らの存在のおかげでやって来れたと思います。しかも、花やシャンメリーまで貰ってしまい感激しました。とても幸せな1年間でした。ありがとうございました。

来年以降もぜひ第2ヴァイオリンに乗ってください。これからの第2ヴァイオリンの末永い発展を願っています。最後に一言。

またセカンド会やろうぜ!

 12月22日(土) のざき  [修正]
3年の野崎です。練習ご苦労さまです。俺は今日練習出てないのに日誌の刑を食らったので書きます。今日は厄日です。
明日も書くので、今日は短めにしようと思います。

昼限 入退場練習
3限 アレンスキー 合奏練習
4限 エルガー パート練習
5限 エルガー 時間外合奏練習

先述したように、練習でてないので様子はわかりません。でも、気合いで順に振り返りましょう。

入退場練習は毎年反省会の槍玉に上がりますが、僕はクラ弦の良いところだと思っています。普通の楽団では、わざわざこんな猿でもできる入退場のために練習時間を割くなんてことはありません。故に貴重です。次回は遅れずちゃんと来ようね。

今日のアレンスキーは人が多かったはずです。人が多いと、第2楽章は最高にロックだったはずですね。お疲れ様でした。僕はこれまでアレンスキーという作曲家と縁がなかったので、最近彼の作品を聞くようにしています。(ピアノ五重奏曲ニ長調は名曲です。第1楽章だけでも聞くべし。)まだまだ全然聞けてないですが、彼の作品には総じて少し冗長な気があるようです。なので、観客を飽きさせないような演奏の工夫が必要なのかなと思います。大変ですね。がんばれ。

エルガーは最後のパート練習でしたね。我らが第2ヴァイオリンパートでは、見事あみだくじで大当たりを引いた内川修造先生が熱烈な指導をしてくれたと聞いています。ありがとうございました。この曲に限らず、エルガーの作品を弾く時は、nobilmenteの指示の解釈にしっかり頭を使いましょう。エルガーはすぐ楽譜にnobilmenteと書くことで有名です。それは、「英国紳士としての気品を持って弾け」という意味です。特に今回扱う『序奏とアレグロ』はバロック時代のテイストが混じっているので、ビブラートを効かせすぎるのは違うなと感じています。だからより難しいです。困りました笑 みんなで頑張って乗り越えましょう。

今日は徹夜明けで始発に乗って、穴八幡宮にお守りを買うために2時間以上も並んだあと、7時間も研究室のゼミに拘束されてクタクタです。ちなみにこのあと22時からバイトです。本当に厄日です。労って。

ところで、明日はセカンド会です!考えてると元気になってきました。第2ヴァイオリンは当然として、他パートの皆さんも一緒に、定演の成功を願って決起しましょう!

終わり。

#12月23日はセカンド会

 12月1日(土) 柿添  [修正]
Vn3年の柿添です。遅くなってすみません…

実は日誌を書くのは今回が初めてです。最初で最後の日誌なので、なけなしの文章力をフル活用して書きたいと思います。

12/1の練習は

3限 ラルゴ パート練習&合奏
4限 エルガー 合奏
5限 時間外 エルガー

でした。
私はエルガーに乗ってるんですが、本当に難しい〜なかなか弾けなくていつも練習の後へこんでます。ハイポジションこわいです。
でもすごくかっこいい曲ですよね!本番は胸を張って弾けるようにがんばりたいです。

思えば1年の秋にクラ弦に入団してからもう2年も経つんだと思うと時の流れの速さを感じますね。私は活動になかなか参加できていなかったので1、2年生にはほとんど存在を知られていないんじゃないかな…3年生にも練習に参加するたびに毎回「久しぶりだね!」って言われているような気がします。
でもそんな私に対してもクラ弦の人たちはいつも温かく受け入れてくれて、笑顔で話しかけてくれて、こんなにありがたいことはないなってしみじみと感じています。なんだかんだでずっと続けて来られたのも、そんなクラ弦の方々のおかげです。

最近は引退を間近に控えて、クラ弦になかなか貢献できていなかった申し訳なさともっと活動に参加していろんな人と話してみれば良かったなあという後悔の気持ちでいっぱいです。今更ながら自分のコミュ障っぷりが悔やまれます。
もう残り時間は少ないですが、最後の定期演奏会に向けて楽しんで活動できたらな〜と思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

ぐだぐだと書いてしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 12月9日(日) あつやきたまご  [修正]
こんばんは!3年の中村敦也です!!
好きな食べ物は、ブラックチョコレートだと思います!!!

12/9の活動を以下に示します。

3限 アレンスキー P練
4限 ハーバート 合奏
5限 ハーバート P練
6限 アレンスキー 合奏

アレンスキーはちゃんと聴いたことがないのでわかりませんが、難しそうですね。本番で聴くのが楽しみです。
ハーバートもよくわかりません。(わかろうと努力はしてますが...)

この日の活動は全体的に人があまり来ていなかった気がします。さみしかったです。

私がこの活動日誌を書くのはこれが最後だそうです。そもそもそんなに書いたことはないんですが。
サークルの皆さんには先輩後輩同期共にほんとによくして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
いろんな方と出会い、私の人生をより豊かにしてくれたかけがえのない三年間になったなと思います。死ぬ前には必ずこのサークル時代を思い返すと思います。

今まで大変お世話になりました。あと二週間ほど、もうちょっとだけお世話して下さい。

おもしろいこと書けないんで終わりますね。すみません。

ありがとうございました!
おやすみなさい!!

 11月28日(水) 合宿と時々お金の人  [修正]
こんにちは、3年のよしむらひびきです。
日誌警察に捕まったのでそろそろ書きます。
本当はもっと早くに書こうと思っていたのですが、最後の日誌だと思うと意外と難しくて書けませんでした。

(なんやかんやで本日は12月10日。「教授と連絡がつかず、実験の発表が延期になり、午前中は友達としゃぶしゃぶ食って終わった」状態で思いつくままにテキトーに書きます。内容不備誤字脱字は悪しからず…)

11月28日(水)の練習は
5限:アレンスキー合奏
6限:ハーバート合奏

だったそうです。たぶんこの日の日誌担当だった気がっします。真の11月28日担当者がいたらごめんなさい。おめーの担当分ねーから。

「ひらかわともか〜♪」や「絶起だ〜♪」などの迷フレーズを生み出したロータから早一年が経ったみたいですね。びっくり(小並)今年の次期主席曲アレンスキーはどのような感じになるんでしょうかね。「難しい」「弾けない」みたいな声をよく聞きますが、大丈夫。だいたい毎年そんな感じだから(無責任)

変わってメイン曲のハーバート。自分は、「お前ほんとに音楽やってるの?」って感じの「休符数えられない人間」なので5楽章が特にやばいです。音聞いて覚えるか、1プルのN氏かK氏をガン見しかないです。要介護認定ほしいです(絶望)

最後の日誌ということで、クラ弦の思い出語りや感謝を述べている人が多いので便乗していこうと思います。

クラ弦は音楽サークルなので音楽を通してサークルに関わる人が多いかと思いますが、自分はそうでは無かったかなあと思います。特に最後の一年近くは会計や合宿幹事としての関わりが多かった様な気がします。ただ、これは「仕事多くて嫌だー」的な負の側面ではなく、サークル又はクラ弦民と多く関わる機会を頂けた的な正の側面だったかなあと思います。

思い返せば、一年生の4月にクラ弦に入ったのも「なんとなく雰囲気が良さそうだったから」で「音楽サークルだから」とかの理由は副副産物くらいの勢いでした。(一応経験者だったくせに数年間放置しすぎて3rdポジション覚えていなかったのはマジでやばいとお思った。)

一般人よりちょい遅れて大学に入ってきたので、孤独の時間が長すぎて、人との話し方を忘れていた自分(意外とほんとの話)を受け入れてくれたぐらいなので、個人的にはクラ弦はキャパシティの大きいサークルだと思っています。そんなキャパの大きさと独特の緩さが、何となく自分とあっていたので緩々と3年間所属できました。

クラ弦は緩いサークルだけど、常にぐだぐだしている訳では無く、本当に必要性を感じればめちゃ素早く動けるサークルだなとこの一年で感じました。会計や合宿幹事の仕事柄、人を見るのにフィルタがかかってしまいがちなんですが、「期限ぎりぎりにはなるけど最後にはお金を支払ってくれる」ことができるので、クラ弦民はだいたい良い人だと思います。(謎の上から目線)

何書いてんのかわからなくなってきました。めんどくさいんでそろそろ感謝の言葉言って〆ます。

4年生以上の先輩方。実は年上又は同い年だったり舐め腐った態度とったりしたのに、後輩として接してくれてありがとうございました。また後輩したいので関わってください。

1、2年生の皆さん。合宿でやらかしがちなポンコツでしたが、色々接してくれてありがとうございました。またポンコツな先輩したいので関わってください。

3年生の同期。自分で巻き込んでいくタイプではないので、色々巻き込んでくれて3年間楽しかったです。現役期間が残り3週間弱とその先もありますが、まだまだ楽しみたいのでこれからも関わってください。

<m(__)m>(土下座)

追記:12月23日に「第1ヴァイオリンも第2ヴァイオリンもビオラもチェロもコンバスも指揮者もOBもみんな来いセカンド会」(通称:セカンド会)がN氏主催であるそうです。みんな行きましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121
全 846件 [管理]
CGI-design