12月10日(土) 岡野真由子 
[修正]
こんにちは!時空が歪んでます。ごめんなさい。

この日は、
昼限 椅子譜面台リハ
3限 椅子譜面台リハ&ラルゴ合奏
4限 アンダーソン合奏P練
でした。

椅子譜面台リハ
 人が少なかったですが、入退場の練習と椅子譜面台の入れ替えのリハーサルを行いました。曲が終了した後、立つタイミングやお辞儀の有無等が少し複雑だった(特にチャドウィックとアンコール)ので、この日入退場リハに参加していないそこのあなた(特にチャドウィックとアンコールにのっているあなた)は本番までに各パートのトップに確認しておくと安心です。

ラルゴ合奏
 今期、私はスベンゴにのっていないのでわからないいンゴ。

アンダーソンP練
 この日、たしかヴィオラはアンダーソンにのっているフルメンバーが揃っていたと思います。優秀!しかも全員(Va.某2男を除く)が偶然グレーのニットを着ていました。仲良し!
 P練では(記憶が怪しいので覚えてることだけ…)、1楽章はアクセントを意識するということ、2楽章はミド#!ファ#レ!ミド#!の重音の響きを良い感じにするということ、ヴィオラがひたすら伴奏に徹する5楽章はアルペジオで弾いている和音のマイナーチェンジに気をつけよう、集中!ということ、6楽章は冒頭とか最後とか頑張ろう!でした。
 おかのさんは、ヴィオラがP練をしていた部屋で自主練していたのりくん(ミュートをつけているのにミュートをつけていない時と同じ音量を出す)(しかも芥川3楽章)に気をとられまくりで、集中力が幼稚園生でした。集中!

 そして、今日はこれから定演前最後の練習です。現役最後の練習でもあるわけですが、全く実感がわきません。
 引退してからも楽器を続けることはできても、合奏やP練は一人ではできないし、このメンバーで演奏するのは最後なんだと思うとやはりさみしいです。ほんとにさみしい!みんなと一緒に一つの曲を演奏することは格別です。
 悔いなく満足のいく演奏ができるよう、残り2日、精一杯練習しようと思います!

追記

 12月14日(水) 加茂下  [修正]
今回の日誌を担当します、3年の加茂下です。
最近はあまり練習に行けていなかったので、知らない1年生もいるかもしれませんが…実は広報長をやってます!!某1男に「まりあんぬ先輩って実は偉い人なんですよね…全然見えない…」とか言われたし下っ端っぽくみえるかもしれませんが(笑)一応あと少しだけ務めさせていただきます!

というわけで、この日の練習は、
5限 ルイスP練
6限 芥川合奏
でした!お疲れ様です。
私はどちらも乗っておらず練習の様子が分からないので、3年生らしくクラ弦生活の感想など少し書かせていただきたいと思います。

ありきたりですが、やっぱり今の気持ちを素直に言うなら、もう引退かぁ…はやいなぁ…です。私は1年生の本当に最初の頃からクラ弦にいたので、なおさら感慨深い気がしています。そして何より、本当に寂しい気持ちでいっぱいです…。今まで当然の様に毎週顔を合わせていたのに、突然その習慣がなくなってしまうなんて、想像以上に受け入れ難い想いです。

同期の3年生、私は本当にみんな大好きです。心の底から優しい人ばかりだなぁってずっと思っています。私が初心者で始めたバイオリンをここまで続けれ来られたのも、みんなが同期でいてくれたおかげです。

先輩のみなさまも後輩のみんなも、いつも明るく話しかけてくださって本当にありがとうございます。私はこれまでかなり上下関係を気にしてしまうタイプで、正直こんなに先輩後輩と素直に楽しめるなんて思っていませんでした。本当にみなさまの温かさに感謝しています。

これまでのクラ弦生活を振り返ってみると、たくさんの思い出がありますが、どれを思い出しても本当に本当に楽しかったです…!バイオリンが難しくて正直辞めようかと思った時期もありましたが、ここまで続けてきて本当に良かったと思います。みなさま、本当に本当にありがとうございました…!これからもぜひ!よろしくお願いします。

…と、真面目な感じで書いてきてしまいましたね(笑)なんだか今日はしんみりした気分だったんです。普段はもっとこう…親しみやすいはず(?)なので引かないでくださいね!(笑)

それでは!定演まであと少し!最後まで頑張っていきましょう…!!

 12月11日(日) 谷川理佐子  [修正]
12月10日の日誌がないような気がしますが、12月11日の日誌を書きます。

この日の練習は、
3限 ルイス合奏
4限 芥川合奏
5限 チャドウィック合奏
6限 アンダーソン通し練,チャドウィック通し練
7限 三年会
でした!

私はルイスと芥川には乗っていないうえに、TOEICを受けていたので、3,4限の様子はわかりません。合奏での指示は首席に確認しておきましょう!

ということで、5限以降のお話をしますね。
<5限>
チャドウィック合奏は、3楽章と4楽章をやりました。3楽章は、17小節目以降の符点8分16分(私はこの音形をケーキと呼んでいる)の16分音符が早く入りすぎだそうなので、鋭く弾きましょう。心の中で16分音符を刻んでおけば良いでしょう。37,38小節目は、35小節目で早くなった分を元に戻すので特に2ndの人はテンポに注意して入りましょう。いつも走ってますよ。他にもいろいろありましたが、製本が完全にできていないので、譜めくりをミスりました。すみません。次までには必ず製本します。4楽章は、8分音符が6つ続くところははねて弾きましょう。ベタ弾きはNGです。あと、最後のPrestissimoに入るところは、2nd,Va以外のパートはただの2拍3連なので、そんなに難しくないですよ。自分を信じて8分音符を弾きましょう。他にもいろいろありましたが、譜めくりが難しいので練習します。
<6限>
最初にアンダーソンの通し練をしました。6楽章の譜めくりで譜面を落としてしまい、隣のVa3女の足元に着地しました。その印象しか残っていませんが、最後の合奏でしたので、これまでの注意点を首席に確認しておきましょう。他にもいろいろありましたが、譜めくり頑張ります。
次に、チャドウィックの通し練ですが、1楽章の1stの入りが実に汚かったですね。途中から前のプルトの楽譜を見た方が位置的に見やすかったのですが、ボウイングを盛大に間違えたのでまだまだ練習が足りないようです。あとは、前髪が目にかかって邪魔だったという印象が強すぎて記憶があいまいなので、細かい注意点は録音を聴くなり、首席に聞くなりして楽譜に書き込んでおきましょう。
<7限>
最後(と思われる)の三年会が開催されました!楽しかったですねー。アンパン片手にじゃがりこ食べたりして。すごい楽しかった。またやりましょうね。次は四年会になってるんでしょうか。

最近のクラ弦では「最後」という言葉をよく耳にします。ついこの間クラ弦に入ったと思ったのに、もう引退の時期がやってきてしまいました。個人的には、この3年間で今回の演奏会の曲が、一番練習できていない状態です。現役最後の演奏会なので悔いの無いよう終わりたいですね。「時間はあるものじゃない、つくるものなんだ」という友達の言葉の通り、時間をつくって練習します。演奏会が素敵なものになるように、みなさん頑張りましょう!

 12月3日(土) 福井望未  [修正]
時空が歪んでる…??()
はい、更新遅くなりましたすいません(。-人-。)

この日の練習は
3 チャドウィック合奏
4 芥川合奏
でした。

3限のチャドウィックでは1,2楽章+ちょい4楽章やりましたね。通し練とか挟んじゃったので記憶があやふやなのですが、1楽章では冒頭にあるようなフレーズ、タッタターータタターター タータター(8億%伝わらなそう)の16分を鋭く!弾くように言われたり、65小節目の裏sfをしっかり出す(というか表拍を思いっきり落とす)などなど言われました。あとやっぱり重音が潰れがちなので、弓圧かけすぎず響かすように弾けたらなぁと思います。今期の曲をやりはじめてから重音の弾きかたには気を配らなきゃなーと気付かされました。パリーやセントポールの時はひたすらにゴリゴリ弾いてただけだったような気がしなくもなくもない()
2楽章は、少しタメがあるところや走りやすい旋律の部分は指揮や周りに合わせよう、26小節目の8分は音価分しっかり伸ばそう、などなど。Vaと2ndの人は31小節目の入りを何度も何度もやったので、キレイに合うようにしたいですね。4楽章はPrestissimoの入り方をやりました。
4限芥川は3楽章をやったはず。やっぱ課題はテンポと音量ですかね、、。まだまだ走ったり遅れたり、パート内でもずれやすいので、テンポを安定させて弾けるようにしたいなと思います。

そして、どちらもpが大きいと言われ続けてるので思ってるよりももっともっと下げるくらいでちょうどいいような気がします。
もう合奏も残りわずか!なので、来れない回があった人は必ず周りや主席に注意されたところや入り方を確認しといてくださいね(' '*)/


私もこれで最後の日誌になると思うと感慨深いものがありますね。(引退を控える人たちの定型文)
私の拙いP練や初心者練を受けていただいた人たちには本当にありがとうの気持ちしかないです。
最近とかすごい抽象的なことしか言ってないのに、「それ!」っていう音を出してくれることがどんどん増えてきて、感動してました。本番も頼りにしてます。

少人数のアンサンブルも好きなんですけど、やっぱ合奏は特別です。こんな大勢で弾いているのに一つの音になる瞬間ていうのがとてつもなく好きです。至極当然ではありますが、P練でもどれだけ一つの音に聞こえるようになるかっていうのを大事にしてやってたつもりです。意識して周りを見たり聴いたりするだけでいつもと違って聴こえるように思うので、初めて演奏会乗る子とかぜひぜひやってみてほしいなって思います。

あと残りもわずかですが、本番を楽しむためにも練習はしっかり、体調管理も万全にして(ここ重要)
定演当日は思いっきり楽しみましょうー(' '*)!

 12月7日(水) 辻村光樹  [修正]
コントラバスパートの辻村です。当日の練習は
5限:メイン曲(チャドウィック)パート練習
6限:準メイン曲(芥川)合奏
でした。
各曲の詳細は「演奏会情報」をご覧ください。
5限は、臨時や時間外を除けば、メイン曲最後のパート練習でした。前回の通し練習の録音を聴いたらとても良くて、私の聴取メモは良かったことと改良点がそれぞれ半分ずつで埋まりました。良い点のメモなど、普段はしないのに。回を重ねるごとに思っている音に近づくので、ああ、仕上がるものなんだなと、今更ながら実感しています。もちろんそれは、パート練習で言った私の意見(好み)を取り入れて、練習してくれる奏者の皆さん(と言ってもこの曲はたった2人ですが)がいるからです。一人ではどうにもならないですからね。なお、仕上がると言っても、2週間後まで外挿すれば収束値に近づくかなという意味ですので、練習を継続して頂けることを前提としています。ちなみに、我がパートは時定数が大きいのが、最後までの悩みでした。
6限は準メイン曲の合奏でした。今度の演奏会で最も難しい曲だと思うので、実質はメイン曲だと見なして次期首席と二人で乗ることに決めた曲であった割には、練習が不足してしまったので、まだ過渡状態です。奏者だけでなく楽器自体も時定数が大きいために、ピチカートが周りと合っていないとのご指摘があったので、今度録音を聴いてみて遅れの程度を検証しようと思います。それとは別に、そもそも速いテンポに追いついていないことの効果もあると思います。
今、制御工学の実験レポートを書いているので、用語がそちらへ傾いてしまっていて分かりにくいかもしれませんが、私のパート練習はいつもこんな感じなので、バスパートはこんなもんなんだと思っておいてください。
次回の練習は10日(土)です。

 12/4 (日) しばT  [修正]
前回(12/3)のラブr・・クラ弦!
ゲネプロ以来の芥川&チャドウィックの合奏!
定演まで1ヶ月を切り練習も気合十分!
ちょうどその頃(14:40~15:00頃)、私は山中湖でゼミ合宿の発表。
先生方の冷たい視線を感じながらも無事に終える。
さあ、いよいよ初の通し練、みんなでがんばルビィ!

というわけで冬の山中湖(最低気温-1.6度)から無事(?)生還しました。日誌は即日更新をモットーに書いているのですが1日遅れてしまいました。まぁ色々あって疲れていたんですよ!
ということで12/4の練習は、

3 アンダーソン合奏
4 スウェンセン合奏
5 ルイス合奏
6 チャドウィック通し練

 アンダーソンは楽章単体ではだいぶ弾けているのではないでしょうか。問題は楽章間での切り替えでしょうね。私自身は2~5楽章の切り替えが苦手です。というかどう切り替えたらいいのかよくわかりません泣。話変わりますが某リズムゲームで複数曲をメドレー形式でプレイするイベントが開催されていますが、曲が変わった直後でコンボが途切れることが多いです。まとめると切り替えを頑張ります!
 スウェンセンはゲネの反省点が改善されてきている気がします。それでも油断をすると伸ばす音符の後でテンポ感を失いそうになるので特にその近辺では細心の注意をはらいたいですね。あとはオーロラの雰囲気を出せているのかよくわからないですね。寒々しいということでしょうか。とりあえず冬の山中湖(盆地だから寒い)で暖房もろくに効かないセミナーハウスの部屋で徹夜でプレゼンの準備をした一昨日(12/3)の苦労を思い出して弾いてみます笑。
 ルイスは・・・前述の2曲同様いい感じになっていると思います!
 そして、通し練。ついに始まりましたね。定演&3年引退がすぐそこまで迫ってきたということですかね。時が経つのは早いナァ(もうすぐ老害)。ということで最近の日誌の流れを汲んで、ちょっといい話?的なノリでクラ弦に入ったきっかけとか、その後のクラ弦人生を振り返ってみようかの(いまにも死にそうな老害)。
 こんなことぶっちゃけていいのかな、私がクラ弦入った理由は弦楽オーケストラがやりたかったから、というわけではないんです。クラ弦に入った当初の理由は、クラ弦が「安くて行きやすい練習場所」だったからです。クラ弦に入る前は個人レッスンを受けて自宅で練習していました。しかし去年の8月、自宅で音出しができなくなってしまったんです泣。一時期はカラオケに行ってバイオリンの練習をしていましたが、金はかかるし、弾くのに疲れるとついつい歌ってしまうんですよね。かといってスタジオ借りるのも高いし。あ、ちなみに歌った後バイオリン弾くと、気持ち悪いくらいに指が動くし、ボウイングもうまくできます笑。試してみてください!そして今年の1月、高校の同級生の櫻井幹事長に誘われ、クラ弦を知りました。仲の良い?同級生がいる、早稲田なので大学(中野)から行きやすく、定期券を利用すれば往復の電車賃330円で3〜4時間練習できる(地元のカラオケ(2時間400円)より安い)、しかも部費も安い。これはいい「練習場所」だな、と。
 そんなわけでクラ弦ライフが始まり、せっかく入ったから曲も少しは乗っておこうかなと思い、当時人数が足りなかったというドヴォルザークとパーセルの1stに乗りました。そうして合奏の練習を始めるわけですが、リズムを正確に刻まないと合わなかったり(パーセルなんかは特にそう)、pがうるさいと言われたり、色々大変でした笑。でもこれらがちゃんとできてピッタリ合うと気持ちいいですよね!それにみんなで演奏会という目標に向かって頑張るというのもモチベーション上がるしいいですよね!というか私自身人生で1番楽器に真摯に向き合ったと思います。バイオリンの練習法や弦の種類をググったり、楽器の持ち方を力学的に考えたりしました。以前はこんなことしなかったのに。ということで弦楽器弾けるけど弦楽合奏なんか興味ない、無伴奏サイコー!という一年前の私のようなそこのあなた。ぜひクラ弦へ!(もちろん弾けないけど興味ある人も大歓迎ですよ!)
 演奏のことばかり書いていましたが、演奏以外でも色々な思い出がありますね。練習後みんなで油そば食べたり、アフターで人知れず潰れたり、旅行とかドライブ行ったり、ラブライブ踊ったり・・・まぁ色々ありましたね。入ってから一年足らずですが、これだけ思い出があって、それら全てが愛しくて、私にとってかけがえのない財産になっています。これらの思い出があるのはクラ弦民の皆さんのおかげです。ほんと感謝です。というかクラ弦民って本当に心が暖かいよね。ネクラ&コミュ障&人見知り3拍子揃った私みたいな人間でも受け入れてもらえたし、それが嬉しかった。さっきクラ弦に入った理由は「安くて行きやすい練習場所だから」って書いたけど、今「なぜクラ弦に入っているのか」と聞かれたらこう答えます。「クラ弦(の雰囲気やみんな)が好きだから。」、と。ということでネクラでもリア充っぽい思い出を作りたいという方もぜひクラ弦へ!(もう一回宣伝)
 ああ、これで何も思い残すことはない、わしは本当に幸せ者だ、みんなありがとう、我が人生に一片の悔いなし・・・バタッ 12月5日23時14分、ご臨終。

というわけにはいきませんね!まだ定演があります笑。残り3週間足らずですがみなさんよろしくお願いします。現役最後の日誌で書きたい放題書いてしまい、失礼しましたm(__)m

 11/23(水) 竹村映美  [修正]
本日の練習はルイスとチャドのP練でした!
Vc.三年インカレの竹村です。
遡って投稿すみません
めっちゃ忘れてて、栗山さんがLINEくれて思い出しました!!!いま五限に遅刻してて、さすがにやばいなーと思ってます。チャドウィックすごい難しいけどいい曲なのでみなさん聴きに来てください!
なにかけばいいかわからないけど、三年生の記事どれもたくさん書いてあってどうしよう…

最近3日に一回くらいもつ鍋が食べたくなります。おいしいもの食べて楽しく暮らしたいけど、そのためには仕事しなきゃいけないし、仕事するには就活しなきゃいけないの、なんかしんどいですよね。引退するまではなんも考えずに楽しく過ごしたい…ガイダンス行きたくないなぁ

こんなこと書いてたらまた小田急一本逃しました!20分遅刻確定です(o_o) 強く生きよう!

竹村でした!!
(P.S.なんかC線が切れそうなんですけどいまほんとにお金なくてやばいので誰かいらないC線あったらください)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111
全 775件 [管理]
CGI-design