12/16(水) まつど 
[修正]
3年の松戸 柚衣です。練習お疲れ様でした!

この日は、
4限 個人練
5限 ニールセン パート練
6限 ハメリク  パート練
7限 ハメリク  パート練?

でした。

私は、ニールセンに乗らせていただいているので、5限のニールセンのパート練に参加しました。自分では弾けると思っていた箇所をパート練でやって、あっ!できてなかったんだと気づかされました。。。個人練はとても大事ですが、パート練は新しい発見があったり、わからない箇所が弾けるようになったりするので本当に大切だなと思いました。音符を追うのに必死で、強弱や弓の使い方をあまり考えて弾いてなかったことにも気づかされました。頑張ります。葵ちゃん、2ndのみなさんありがとうございました。

最後の日誌なのに何書いていいかわからなくて困ってます。。。うーん。前回の日誌を読んでいたらオールスター天丼食べたくなっちゃいました。えびのしっぽおいしいよね。あと暖冬でもやっぱり冬は寒い。特に、早朝とか深夜に自転車乗るとヒィーって感じです。みなさん風邪ひかないように気を付けてくださいね!

私は、2年の春にクラ弦に入団しました。インカレ!途中入団!!しかも初心者!!!自分でもよく入ったななんて思ってしまいます(笑)一年生のころから弦楽サークルに入りたいな〜ってぼんやり思っていて学習院の楽団行ったり、なぜか運動部も見に行ったりしてました。1年のころからクラ弦の存在は知っていたけれど、まわりの友達に弦楽に興味ある人がいなくて、、、その頃の私は、ぼっちで他大の新歓に行く勇気がありませんでした。今思うと本当もったいない!それで、結局入ったのは学祭実行委員と猫の会で、あとはバイトして遊んでました。まわりの友達はみんなサークルに入って、キラキラしていて私も大学生っぽいことしたい!バイト代もたまってきたし2年から青春するぞ!って気持ちで新歓に行きました。高校の頃は青春できなかったからサークルとか憧れてました。

ドキドキの新歓、2年ぼっち初心者で他大に行くのは正直辛かった。私男っぽいらしいけれど、かなりのチキンハートなんだもん!!でも、目の前があずさ先輩ですごいきれいで優しくて、景子ちゃんと、かよちゃんと、しおりん先輩と山川さんとお話して本当に優しかった。私頭悪いし、早稲田の人から冷たくされるって思い込んでたけど全然違った。一人の人間として扱ってくれたのが嬉しくて、よしっ!クラ弦に決めました!!クラ弦に入った私の選択は、今でも間違っていなかったと思います。

最初、学館に行くときは不法侵入してる気がして緊張してました。だって自分の大学と違って学生証みせないで簡単に入れちゃうから変な感じだったし、多すぎる防犯カメラにビビってた。(安心してください!悪いことは何もしてませんよ!!)でも、学館に行くのも慣れてきたころ、、、クラ弦を辞めたいって思いました。もちろん、クラ弦を嫌いになったことは一度もないです。辞めたいと思った理由は、私はクラ弦に一切貢献できてないただの負担だなって気づいたからです。初心者練習を無料で毎週やってもらってるし、学生証ないから部屋の管理できないし、演奏面で支えられない上に飲み会を盛り上げるパリピ(最近覚えた用語)でもない。クラ弦の役に立たないのに、ただ個人的にバイオリンやりたいからって入団してしまったことが申し訳なかった。幹部の人たちや、企画や広報の仕事がんばっている人、一生懸命練習してる人、締めの時にクラ友と盛り上がっている人を見てて辛くなっちゃってた。その申し訳なさもあって、なんかまわりと話すのがちょっと怖かった。クラ弦以外ではうるさい!って言われるくらいおしゃべりなくせに、自分で二重人格かよ!って思ってた。あと、バイトと授業と自分の大学での活動もいっぱいあってキャパオーバーしてた気がする。2年の頃はとにかく寝たいと思ってた。それで結局、いろいろ考えて自分の意思じゃなく申し訳ないって理由で辞める方が、今まで支えてくれた人たちに申し訳ないなって自分なりに思って最後まで居座っちゃいました!ごめんなさい、そしてありがとうございます。

 改めてクラ弦のみなさん!本当に今までありがとうございました。こんな私を最後まで受け入れてくれた先輩方、同期、後輩、すべての人に感謝しています。ゆいちゃんって話しかけてくれる人とか、目があったとき、お疲れ様ですって言ってくれる後輩とか(むしろ私が頭下げたい!)本当涙でるほど嬉しい。クラ弦のあたたかさには本当にいろんな人が救われてると思います。梅ちゃんの日誌にも書いてあったけれど、他の場で頑張らなければいけない人を受け入れたり、初心者、他大を受け入れたりしてくれるクラ弦の器の広さは本当に魅力だと思います。私は、クラ弦だからサークルに限らず大学生活すべてのことを頑張れたなって思います。定演、早稲際、団内演奏会に参加していろいろな曲をみなさんと弾けて本当に楽しかったです。みなさん、もう死ぬほど頑張っているとは思いますが、定演まであと少し頑張りましょう!私は、前回の定演は自分のレベルを無視して曲に乗って、初心者だからこんなもんかって甘えちゃった部分がありました。なので、今回は後悔しないように頑張りたいと思っています。指揮者のやすくんもメーリスで後悔しないようにって言ってた気がします。レポートみたいに長くなってごめんなさい。キリがないのでここらへんで終わりにします。25日!人生で最高のクリスマスになりますように!! 

 12/13(日) 入戸野颯  [修正]
コントラバス3年入戸野です。若干遅くなってすみません。
日誌ですら最後かと思うと感慨深くなるかと思っていましたが、久しぶりすぎて特にありませんでした。締めで気配を消す術をいつの間にか身に付けていたのか、僕に日誌を回すのを敬遠されていたのか、それともそもそも僕が練習にいなかったのか、真実は闇の中です。とはいえ、前回が首席になってから初めてP練したときだった気がするので、これで引退前最後だと思うと、思うところがないでもないです。(年2回ペースだったのかってね。※多分個人差あり)
前書いたときより、周りの文量が多くなっている気がして辛いです。


本日の練習は
3 ルイス合奏
4 リハーサル
5 パリー合奏(最終合奏)

でした。定演前最後の日曜練でした。

せっかく最後の日誌なので、3限についてのみ全体の動きと僕自身の動きとを並行して書いてみようと思います。僕のクラ弦での1日のぐだぐだとした一部に興味のない方は、この次の次の段落を読みとばしてください。というより、★の付いた部分だけ多分重要?なのでとにかくそこを読んでください。

3限は乗っていないのでよく分かりませんが、1、2年生を中心として頑張ったのでしょう。本日は1stも2ndもこの曲のトップが体調不良?でお休みだったと噂で聞いています。最近体調不良の人が多くて心配ですね。今は健康な人も、油断してると危ないです。
あと、僕も含め病み上がりor現在進行形で病んでいる人は周りにうつさないよう注意したいですね。後味悪いので・・・

話が前後しますが、かく言う僕はこの日、ひどい頭痛で目が覚めました。2限に定演関連のちょっとした練習があり、一時は出れないかと思いましたが水分取って2時間横になっていたら治りました。(体調が悪いとき、僕はご飯を食べるか水気を取ると大抵回復します。皆様も体調不良で心がくじけそうになったら、是非・・・)
そして2限に遅刻して学館に行き、関係者に自分なりに深謝し、練習して、気が付いたら3限になっていました。
僕の財布にはて○やの50円引き券があり、諸事情(と自らの不精)により僕の弾く楽器は1、2年生に譲渡されてやることがなくなり、取りあえずお腹が空いたので学館から屋外へ出ようとしていたまさにそのとき、幹事長に仕事を頼まれてしまいました。ムトウが休んだために、定演関連の4限の仕事に滞りが出てしまったようで、とりあえず何とかしてばんばんに引き継げと言われました。幹事長に頼まれると、なかなか「暇じゃないからできないよ」とは言えないのです。ともかく、僕はやってみると言い、て○やに行き、そして戻ってきて頼まれたことをして、ばんばんに引き渡しました。結局ムトウからのメールがちゃんと来ていたようで、僕の仕事は大して役に立たなかったようですが、3限をクラ弦のために有効に使えたと思うので後悔はしていません。
しかし、こんな徒労の話をしたかったのではなく、僕がお伝えしたいことは他にあります。僕のこの3限前後の時間中に、不思議な出来事がありました。元はと言えば、お昼から3限の間に、譜面をB101からB103に移行するときにばら撒いてしまい、おそらくそのとき落ちたものが、て○やから戻ってきたときには僕の荷物のところに置いてあったのです。それはいつも譜面の束に入れっぱなしにしている前回の団内演奏会のパンフレットでした。誰の仕業か分かりませんが、僕は自分のものか確証がつかめないのでその場では手を付けず、そのまま存在を忘れてしまいました。そして4限、再びB101に戻った僕のもとへ、ゆかりんさんの手によりそれは届けられました。曰く、「とのが荷物を広げていた周辺にあったから、もしかしたらと思って」とのことでした。
こんなことがあるなら、クラ弦で物を無くしても安心だと思う反面、クラ弦民の隣人への注意力の高さにも驚かされました。後半はともかく、前半で僕は譜面をばらまいたのを見られた覚えはなかったのです。4限でその場に居合わせたつっちーにも「あ、それよく譜面に挟まってるやつだ」みたいに言われましたし、案外自分の持ち物、挙動は見られていないと思っていても見られているのだな、とクラ弦での警戒心を限りなく0に近づけていたこれまでの3年間を反省しました。

4限はゲネプロでできなかった全体動きの練習をしました。前半の時間(というか結局4限の大半)はイス譜面台の係り(+楽譜係、ステマネ、野次馬?)のための動き確認がばんばん指導の下行われました。大変そうでしたが、ここで時間を費やした分、当日スムーズに動けそうですよね。あと、今度の土曜5限、追加で動きの確認入れそうですね。
そしてヤスの到着後は、全体揃って入退場の動きと一緒に練習しました。休んでいた人は細かいことは各パートトップに聞いたほうが良いでしょうが、取りあえず入場順、譜面の扱い、チューニングのタイミングとかは自分の頭で整理しておくといいかもですね!

★ところで、この時間中につっちーに呟かれて重要だと思ったことがあったので、この文をお読みの在団生の方、特にニールセンに乗っている方にお尋ねしたいことがあります。
ニールセンは、本番では大きな楽譜を使うのですよね?そして、譜面隠しはそれに対応した大きさのものがあるのでしょうか、それともいつも使っている譜面隠しは大きい楽譜も隠しきれるのでしょうか。というかもはや譜面は隠さないのでしょうか。
「そんなこと言ってないで演奏職のお前が確認しろよ」と言われれば至極もっともですが、僕の記憶力は大したことがないのと、日誌を書いていて思いだしたので書きました。
ちなみに僕は、ニールセンの楽譜の本番用のものを配布しなければいけないことも、山川さんにリマインドしてもらうまで忘れていたような人間ですので、自分自身をあまり過信しないようにしています。つまりは自身で問題を抱えておくとどうなるか分からないので、保険として日誌を利用した形です。
それと、「クラ弦の人は先のことが考えられない、実際にそのときが来てからどうしようか考える人たちだ」みたいなこともリハ中に言われた気がします。自身の挙動を振り返っても的を得ていると思ったので書き留めておきます。

5限は、パリー最終合奏でした。このとき合奏中に言われたことで印象深いのは、6楽章で変なところにアクセントつけるな、楽譜見直すか不安ならむしろ付けるなということと、個人練しっかりしろということです。どちらも僕にとっては痛いところを突かれる指摘でした。
最終合奏こそ終わりましたが、まだ個人練必要なのは、きっと自分だけではないはず・・・。

そしてどうやら、この日にヴィオラ会があったようです。ヴィオラ会はしょっちゅうある気がするのですが、多分気のせいですね。↓のあずささんによると既に楽しい2nd会もあったようで、羨ましいです。バス会はきっと来年まで無いんでしょうね・・・。

さて、僕も曲りなりにもバスパートのトップなので、この機に何かいいことを書かなければとも思ったのですが、どうせここで感謝の気持ちを書いてもクラ弦の中にバスの人は1割もいないだろうし、それはまた日誌じゃなくてもできますし、うかつに書くとバスっぽくなくなりますし、今年1年首席として何かやった覚えがあまりないので止めておきます。
ひとまず間近に迫ってきた定演まで、皆さま頼りにしていますと申し上げさせていただきます。僕はかなり他人を当てにするタイプのバス弾きですし、そんな心持ちはそもそもトップが抱くべきではないのは分かっているのですが、それでも僕が頼りにしたくなってしまうぐらい皆さん頼りがいがあるのです。あと1週間ちょい、ご迷惑をお掛けするかと思いますがよろしくお願いします。

それとしょうもない話ですが、僕は来年暇人になる予定なので、誰かバス以外の楽器を(趣味の範囲で)教えてくださる人を絶賛大募集中です。代りにといってはなんですが、バスの弾き方をお伝えいたしますので、どなた様も是非。

・・・書きすぎた気がします。字数計測してないのでどのぐらい書いたか分かりませんが、だらだら書いていたら急に怖くなってきました。
それでは皆さま、繰り返しになりますが健康第一でいきましょう!そしてニールセンの件は誰か教えてください。

−−
最後になってしまい申し訳ありませんが(そして他のクラ弦民にはごめんなさい)、もしこのページをご覧の方で前回の夏定演でコントラバスパートにアンケートで一言くださった方がいらっしゃいましたら、その節は真にありがとうございました。
日誌はこのようなことをお伝えする場に適切ではありませんが、あまりに感激したので一言感謝の言葉を述べたかったのと、他にもう機会がない気がしましたのでこの場をお借りしました。

 11/15(日) いいむらあずさ  [修正]
いつの日誌だよとかお前4年じゃねーかとかいろいろ突っ込まれそうですが、恨むなら4年に日誌を回した誰かさんを恨んでください。3年生の感動的な日誌の間にこんなんが挟まってほんとすみません。でも悪いのは私を指名した人間です。
あとついでに言うと私の前日に指名されていたebnはまだ書いてません。たぶん彼女はこのまま書かないで卒業すると思います。
どうでもいいけど前回書いた人が締めで日誌指名するっていう文化いつのまにか廃れたよね。

この日の練習は
3 ルイス合奏
4 ニールセンP練
5 ハメリクP練
でした。

ぶっちゃけどんな練習したか全然覚えてないので、そのあとに行われた2nd会のことをメインに書きますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドキッ☆!!後輩だらけの2nd会
〜(本音)ポロリもあるよ〜


2nd会は大量の唐揚げで有名なちばチャンで行われました。
席に着くと周りが一女だらけだったので内心ニタニタしてたんですけど、彼女たちは一女の中でもちょっとあの…キラ女の対義語みたいな子たちだったようで、
飲み会の進行とともに理性を失っていく様はさながら江戸時代後期、民衆の反発を買って崩壊していった田沼意次の政治のごとくでした。
暴走する一女が某igrと某hskiについて熱く語る中、船に乗ってどんぶらこっこと唐揚げが運ばれてきました。
4年は私一人だったので、「おら食べろよ!!!!」と唐揚げの船の中に顔を突っ込まされたらどうしよう…でもそれはそれでちょっとうれしい…と心配していたのですが杞憂に終わりました。おいしかったです。ごはんがあればなお良し。
この年齢になると1か月前のことはおろか一昨日の晩ごはんを覚えているかも怪しいため、唐揚げ以降の記憶はあまりありません。昨日の晩ごはんはハンバーグでした。
あとはなんかなほこまりこと女子トークしたり、りんちゃんなっちゃんに首席の大変さを喋ったりした気がします。たぶん。
あんまり文章では伝わらなかったのが残念ですが、とても楽しい2nd会でした!!!
次に控えるは毎年恒例新春2ndスイーツ会ですね、そちらもお邪魔する予定なのでまた愛する2ndの子たちとお話できたらなあと思います!!



さて、定演がいよいよ来週末にまで迫ってますね、意味不明なほどの時の速さですね、ほんと意味わからん。
現役を引退した今ここで何かを言うつもりはありませんが、今回初めて曲に乗る子も、今回で引退だという3年生も、その他の皆さんも、全員が笑顔で終われるような演奏会にできたらいいですね。
大好きなこてりんの元、私もステージの後方でチマチマと弾かせていただきます。

最後は、親愛なるあまてつさんがかつて幹事長だったころ、定演前に団員を鼓舞した言葉をお借りして締めさせていただきます。



「早く終わらせて飲みましょう!!!!!!!!!!!」




 12/12(土) 小手川葵  [修正]
※3年生早く日誌書こうな、3年で回してる意味なくなるぞ

2ndVn.小手川です。演奏会まで2週間切りました。…ということは??クリスマスまで2週間切りましたーーーーーーーーーーーーーーー
テレビでは「くりぼっち(アセアセ)どうしよ(´>ω<`)」みたいな声が散見されますが、そんなもの江戸川区総合文化センターに来れば解決なのです。世の中意外と単純に出来てるものです。
そして遂に最後の日誌…笑 時が経つのはあっという間です。1日1日を大切に生きよう(雑)


この日の練習は
3限 レイドノーP練(ビオラはメンデルだったかな?)
4限 ニールセン合奏(ラスト!)
でした。

3限の2ndのP練では細かいところを合わせる練習をしました。4限はラスト合奏でしたね、、!人によって拍の取り方がかなり異なっていたことが浮き彫りとなりました。多分思ってるよりゆったりですね…笑 あと1回P練あるので頑張りましょう…!

私は、自分の音・周りの音も聴いて欲しいと思って1年間P練してきたつもりです。例えばレイドノーなら、弓の使い方です。自分だけ周りと比べて極端に弓が速かったり遅かったりしてないか、自分だけ弓を使う位置が人と違ってないか、などを常に気にして欲しいと思います。特にP練だとより確認しやすいはず。2ndに限らず、皆様にお伝えしたいのは拍に合わせるのも大事ですが合わせるだけではなく、全体で自分の音がどういう風に聞こえているか、それを考えたらもっと全体が良くなると思います!!抽象的になってしまいますが、統一性と言えばいいのかな?笑 ニールセンなら拍感。結構早めに取ってる人もいますが、ゆったり取る人もいます。ニールセンは多分ゆったり取る曲です。「自分は合ってる!大丈夫!」と思うところからは何も生まれないので、弾けてると思っていても周りの音に耳を傾けたら意外と新たな発見(?)があるかもね笑

とまぁかなり偉そうなこと言いましたが、自分が今まで出来てたか、と言われると????????????ですね。笑 今も。思っていても出来てるかと言われると椅子から転げ落ちます。私はリズムが大の苦手でよく入り間違えるし、ポンコツと言えばぱるるの影響で可愛く聞こえますが、ただの落ちこぼれ2ndトップでした。はは
自分が2年生までの時はそんなことも考えず、ろくに練習もしませんでした。2ndの首席やることも決まってたのに。今思えば最悪だなと思います。当時の先輩方には今でも本当に申し訳なく思っています。
3年生になって自分の愚かさに初めて気づき、正直首席やだなぁとずーーっと思ってました。P練やってると楽器弾けないし。今でも自分は首席に向いてるとは思わないし色々思った時期はありましたが、やってよかったなという思いだけは変わりません。特に2ndで乗ってくれた子達。初心者の子が乗ってくれて本当に嬉しかったです。弾けないと合奏楽しくないだろうし、折角の晴れ舞台だからなるべく弾けるようにしてあげたいと思ったから時にはきつく言ってしまうこともありました。ごめんなさい。でも、皆が弾けるようになっていくのを見ることが出来て本当に嬉しかったです。2ndで乗ってくれた人には圧倒的感謝という言葉では言い尽くせないほど感謝しています。「P練で弾けるようになった」と言ってくれて本当に嬉しかったです。「2ndは音がでかい」とよく言われますが、私みたいなチキン首席は2nd特有の爆音の安心感に支えられてたように思います。笑 みんなのこと大好きだょ//////
まぁ一言でまとめると皆ありがとうということですネ!!!!!!!!!最後の日曜練も始まることですし、皆様演奏会頑張りましょう!!!!!!定演に人連れてきてな!!!!!!!

 12/2(水) かとまり  [修正]
練習おつかれさまです。3年の加藤真理子です。

12月2日(水)の練習内容は、
5限ハメリク P練(1st,2nd合同)
6限ラルアン P練(1st 自主練)
でした。

私はどちらも2ndで乗っているので、2ndの内容について書きます。
ハメリクは4楽章を練習しました。冒頭部から、特に16分のところで走りがちなので、メトロノームに合わせてかっちりはめる自主練をしようね、ということでした。こてりんが倍の拍数で叩いてくれたり、2,3人ずつチェックしてくれたりして、全員でよく確認できました。ひとりひとりの音が合奏を作るんだと思って、残り3週間ですが、密度濃く丁寧に自主練したいです。
次回のP練でも最初にここを見ますと言っていましたよー!
ラルアンは、ラルゴのテンポを確認した後アンコールを少しずつ合わせました。本番ではちゃんと指揮を見て、暴走しないように!です。あとは1stの音量をみて、ppくらいで弾いても良いから邪魔しないようにとのことでした。
アンコールの練習は、弾ける速さから徐々にテンポを上げていくようにしてぐちゃぐちゃにならないようにしましょう。どうしても弾けない場合1,3拍目だけを弾く、といった形で統一性を持たせましょう。とのことでした!

さて、これが最後の日誌になります。最後も何も日誌あまり書いたことがなかったです。
それくらい練習に参加しない(ときには定演自体に参加しない)だめだめな団員なのにも、クラ弦の皆はいつも優しかったです。沢山来たり全然来なくなったり、いつも来ている人からしたらもっとちゃんと貢献しような、と思うような参加姿勢だったのに。しばらく行けないときは、クラ弦行きたいな、と思いつつ、大変なところを任せといてずるいよなぁと思って、それでも結局他のことを優先しながらの参加を続けてきました。私なんかより忙しい中でいつもクラ弦を支えてくれた同期、久々に会っても優しく接してくれた皆には、本当に申し訳なさと感謝でいっぱいです。
合宿もBBQも演奏会も個人旅行も普段の活動も、クラ弦の色々な思い出は当たり前ですがすべて、3年生の皆と過ごした時間だなぁと思って、引退の定演では皆とメイン曲を弾きたくてハメリク合奏に参加しています。最初で最後のメイン曲です。
あと3週間切っちゃいましたね。同期だけでなく大好きな先輩や後輩と弾ける機会を、後悔なく楽しみたいです。
では、土曜の3限までに載せられそうなのでこの辺で終わりにします!

 11/29(日) 吉田里紗  [修正]
こんにちは、3年の吉田です。
やのちゃんじゃない方です。ビオラの3年です。

最近は少しはクラ弦に顔出せてるけど、全然来られてない時期もありましてまじで後輩に認識されてないんじゃなかろうか。と心配になりながらこれ書いてます。

11/29の練習は、
3限:全体会議
4限:ゲネプロ
5限:ゲネプロ
でした。

全体会議では定演当日の流れや注意事項を確認し、ゲネプロではすべての曲を通しました。全体会議で確認した注意事項を要約しますと、「時間を守って行動しましょう」ということでした。いろいろと指示のあったところに気を付けながら、ラストスパートがんばりましょう!
にしても、もうゲネプロが終わってしまったというね。震える。本番まであと25日くらい(あっという間に過ぎる!!) ですが、練習日はもうだいぶ少なくなってきまして。3年生の引退までもあと少し。
私は1年の6月くらいにクラ弦に入ったんですけど、ほんとついこの間のことのように思えて、もう3年生の冬になっちゃったんだなーと時間の流れにびっくりしてます。クラ弦は優しくて楽しい人ばっかりで入ったのがこのサークルで本当に良かったです。でもなかなか練習来れなくて迷惑かけてすみませんでした(;;)最後、みんなと楽しく引退できるように練習励みます。

ところで、今年は暖かい冬らしいんです。でも冷え性の私にとってはそろそろ足先とかがしもやけになってやばいです。誰かいい冷え性対策があったら伝授してください!!!切実!!!!!

最近は天気が変わりやすかったり、気温も上がったり下がったりしてますが、風邪を引かないように体調管理にも気をつけましょう!
以上、吉田でした

 11/18(水) 梅田恵莉  [修正]
新宿某所にて、夜も更けた頃。
妖精達は口を揃えてこう言いました。

「「「「うめだはクラ弦、すぐ辞めると思ってた。」」」」




更新遅くなってスミマセンデシタ(土下座)
いやーね、忙しかったんですよ。はい。言い訳です。クラ弦民はみんな忙しいものね。その中でみんな期限守ってるんだものねごめんなさい。
「要職ある三年生は後回しだから〜……あれ?今日いて要職ないの梅田じゃね?」という、あっ(察)な流れからトップバッターは梅田となっていたのですが、私あの日外部の合唱の練習有ったから19:45から来たんですね。つまり練習出てないの()()

ということで練習メニューは、
5限 ルイス合奏
6限 ハメリクP練
でした!練習内容は、パートリーダーまで確認お願いします!笑

日誌担当を決めるたびにどこからともなく囁かれる「二千文字……」の言葉。なんだよ日誌に二千文字って、と思いますが、140字のツイートを15回すれば2000字超えるそうです。余裕かよ。初期メンバーの半分以下のクラ弦生活について、15回分つぶやきます。

まず、わたしがクラ弦に入った経緯について。
知っている人いない人いると思いますが、わたしはクラ弦に入るまでは合唱漬けの人でした。1年の頃はガチめの合唱団に入り、コンクールと定演に向けて忙しいときは土日休日全部と下手したら平日も練習して。それの他にも有志の合唱団でコンクールでたり大学のメサイアやアカペラ企画乗ったり。週5.6で歌ってる週も一ヶ月毎週本番ある月もありました。(今は絶対無理。あの頃はタフだった())

そんな状況にも関わらず、サークルへの憧れっていうのが結構あったんですね。大学でしかできないし、青春ぽいし、部室とかほしいし←。
二年生に入ってからサークル探しを始めました。あの頃はアカペラなどのキラサーor律orクラ弦で揺れてましたね。わたし生涯文化部だっからさ、キラキラしてみたかったんだよね。弦楽には元々大学入る前から憧れがあったんだけど、キラキラ成分でいうと、ね、うん、これ以上は言わないみんな好きだよ。なんやかんやで青学のゴスペルサークル、アカペラサークル、ボランティアサークル、早稲田のギターサークル、律にクラ弦、いろいろ見に行きました。でもやっぱり弦楽への憧れが強くて、授業的にもちょうどいい律に入ることを決めてました(衝撃の事実ババーン)。結局2年の上半期はまだ忙しくて入るの見送り、夏休みに律と、一応クラ弦も見に来て。そのとき練習部屋まで案内してくれたのが

きょうこさん

ぶっちゃけこれで落ちた。誇張じゃない。てか先輩達かっっわいい。くずやさんうっっま。そうしてクラ弦に転びました。
でも最初のうちは合唱優先で練習参加もそこまでできなくて、友達できなくて、なじめなくて、友達できない時期が続きました()いやぶっちゃけ半年ぐらい馴染んでなかった特に同期。今のわたししか知らない子達にとっては意外かもしれません(だといいな)。代表的な馴染んでない事例に「雑談に参加できない締め」「闇の夏合宿」などがあります。

そんなだったから、新宿某所の某ホテルで三女に冒頭の言葉を言われたんでしょうね。青学オーラ出しちゃってたのかなあ(真顔)。
それでも続けてきたのは、夏合宿のときにえびさんが「あの子達人見知りなだけだから!あたしだって最初は馴染めなかった!」的な言葉をかけてくれたのと、第六感。
『こいつら自分と同じ臭いがする…』と強く感じたのです。笑
青学にぶっちゃけ疲れてた中高文化部の芋梅田。クラ弦の空気がとても澄んで感じました。馬鹿にしてないよ褒めてる。芋畑パティーン、いいじゃない。お芋料理はQOLを上げるものばかりだと思わない?

馴染もう馴染もうと続けてるうちに、いつのまにかクラ弦への帰属意識がとても強いものになっていました。サークルないのに交通費かけて部室行き始めたり。締めとか二次会類はだいぶ参加したし。それからのイベントは全部楽しかったな。もっと前から入りたかったって後悔してもしきれない。みんなのキャラが光った団内。初めてちゃんと仕事した新歓。個性の強い一年生。いろんな事情が渦巻く中なんとかなった夏定。やのに告白した花火大会。三女と闇を深めた夏合宿。三年旅行も文化祭も。千葉会も。千葉会も。千葉会も。あーーーもう一回やりたい!もうできないのかあ!やだなあ!やだやだ!(21歳女性)

クラ弦が好きな理由は色々ありますが、色んな人が居るのが大きな理由です。ワセオケ、とか、他のオケに比べたらだいぶ緩いのかもしれない。他のオケをあまり知らないからあれですが。それに団費も格段に安い。だから、クラ弦以外の過ごし方がとんでもなく多様ですよね。学畜、兼サー、バイト充、趣味充、たくさん。スポーツしてる人はほぼ聞かないのがクラ弦って感じだけど←。
わたしみたいな二足わらじ受け入れるし。

サークルとしての締め付けがあまりないから意識の高さの差とか、そういう問題があるかもしれないけど。そうじゃなかったら多分こんなに人が集まらないかもしれないし、こんな多様性もないかもね。わたしだってもしキツサーだったら100パー入れなかった。やる気がないとかじゃなく、他にも頑張りたいことがあったから。
もしかしたら、その差が原因でイラついている人がいるかもしれません。
でもわたしは、このサークルの器の広さをとても魅力に感じています、とだけ言っておきます。あっっっあたかもガチが嫌みたいに聞こえるかもしれないけど、そんな意味合いは1ミリもないです!!!!
要職ニートはそろそろおくちみっふぃー。

引退するのは寂しいけど、今の二年生が幹事代を務めているのを見るのがとても楽しみだったり。一二年生で支え合って、頑張ってください。ちゃんと一二年生で協力してるかチェックしに行くという口実で老害しにいきます。挨拶程度相手してくれると嬉しいな。
要職なにもついてないのに態度だけでかくてごめんね。もっと早く入って、貢献したかったな。同期のみんなには、本当に運営も演奏もたくさんお仕事してくれてきて本当に感謝しかないです。ありがとう。本当にクラ弦大好きです。梅干しと同じぐらい好き。うふふ。2500字超えてた。まだまだ言いたいことあるけど、引退式にとっておきます。あと1ヶ月弱頑張りましょう!!!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115
全 800件 [管理]
CGI-design