9/13(日) たにがわ 
[修正]
おはようございます、こんにちは、こんばんは。手の甲を蚊に刺されました。谷川です。この1週間で渋谷を4度訪れたことに自分でも驚きを隠せませんが、この2ヶ月で二子玉川を4度訪れたことをいまだに信じることができません。

全くつながりがありませんが、合宿2日目の9/13(日)の出来事を記していきたいと思います。

8:00~9:00 朝食
朝食の内容は忘れましたがおいしかったことだけ覚えています。
9:00~10:00 ハメリク合奏
自分の記憶力を疑います。あまり覚えていませんが録音をしたような気がします。個人的には1日目の夜に練習した成果があらわれなかったということを思い出しました。
10:00~10:30 ニールセン合奏
乗っていませんのでわかりません。きっと録音とかしたのかと思います。
10:30~12:00 パリ―合奏
合宿が終わってすぐに日誌の下書きをすればよかったと後悔しています。たぶん2,4あたりをやったような気がします。強弱をしっかり守ろうと思いました。それから、重音頑張ります。
13:00~13:30 ラルアン合奏
えー、お察しのとおり詳細は忘れました。個人的にはまだまだ練習が足りておらず、ついていくのに必死でした。練習します。
13:30~15:00 ニールセンP練
残念ながらこの曲には乗っていないのでわかりません。ちなみに私はこの時間、この日の夜に行われる肝試しに向けて準備をしていました。
15:00~16:00 ルイスP練
このときのことはなぜかよく覚えています。なぜなら、某2男人生初のパート練であったからです。彼は終始謝罪をしていました。ソロが多い2楽章のパート練は大変そうでした。
16:00~17:00 ラルアンP練
ここにきて記憶が蘇りつつあります。人数が多いせいか、部屋が小さかったせいか音量が大きかったです。16分音符がたくさん並んでいるところが苦手なのですが、昔ピアノの先生に言われた「はやいところは歌えないと弾けない」という言葉を思い出し、パート練の間ドレミを口ずさみながら弾くという荒業に挑戦しましたが、なかなかうまくいきませんでした。そんなに甘くないですね。
17:00~19:00くらい BBQ
BBQ楽しかったですね。若干寒かったような気がしますがおいしいお肉を食べられて満足でした。
19:00くらい~22:00くらい 肝試し
私としては待ちに待った肝試しでした。合宿前にストーリーを考えたり地図を作ったりしているときは若干怖いなと思っていたのですが、実際やってみると人を驚かすのがこんなに楽しいなんて、という気分でした。電気をつけられたり、押入れを開けたり、ゴミ袋の新聞紙を全部出されたり、いろいろ問題が発生しましたが、みなさんが驚いてくれたようなので安心しました。企画の3年生の先輩方に頼ってばかりですみませんでした。来年は頑張ります。
22:00~22:20くらい 肝試し番外編
実は皆さんへの肝試しが終了した後、企画の3年生への肝試しが行われていたのです。準備する時間があまり取れず、ストーリーは一緒で探すものが増えただけでしたが、先輩方が怖がってくださったので満足です。


ざっとこんな感じでしょうか。振り返ってみると忘れていることばかりで自分でも何を書いているのかわからなくなりました。全然関係ないですが、肝試し用に地図を作ったらお腹を壊したのですが、あれはただの食あたりでしょうか。それともゆきこの...。書いていて怖くなったのでやめます。そろそろ終わりたいのに締めの言葉が思いつきません。ここまで何一つ面白いことを書いてないので最後はダジャレで終わりたいと思います。
サンマが三万
えー、心も体も冷えたことでしょう。では、失礼します。

 9がつ12にち どようび やす  [修正]
さて、久々にこのページが動きます。ゴゴゴ…
(質量がわからないので適当に効果音を付けておきました。)

この日誌を書くまで(9/21に書いています)、2週間以上にわたりクラ弦の時空を歪めていたのは私です。(時空の歪みについて詳しく知りたい人は、クラ弦物理部に聞いてください。)記憶があいまいなところがありますが、活動日誌として成り立つかどうかは置いておきます。なお、某のんびり系アニメを見ながらこれを書いているため…にゃんp…以下略。

クラ弦は9/12から9/14にかけて夏合宿へ行っておりました。今年はなんとメインの指揮者が2日目の昼過ぎに帰るという、過去にない展開だったと思います。ちなみに、それを引き起こした張本人がこれを書いています。

さて、当日の朝は6:00前にやや強い地震で目が覚めたため、ゆっくり準備をすることができました。当日まで準備をしていなかった私みたいな人にとっては(さすがにクラ弦でも少ないはず)よかったのかもしれません。

以下に大まかな日程を(覚えている範囲で)記します。

9:00ごろ 出発した
13:00ごろ 到着したはず

到着〜15:00 個人練習にしておいたが実際に見たわけではないから何をやっていたかわからない(昆布と塩装飾は会議をしていました)。

15:00〜16:30 ハメリク合奏 大変だった
1楽章と2楽章をやりました。“弦楽合奏の交響曲”というのはほとんどないので、とっつきにくい部分が多かったと思います。合奏のスタイルとしては、概観→細かい部分へのコメント、という流れで進めていきました。
メイン曲なので、かなり練習をしてくれているとは感じましたが、終始音量を上げろと言っていた気がします。この合奏で左肩を痛めました。
弦楽合奏の魅力が各楽章に凝縮されたような曲なので、それを引き出せるよう頑張りましょう。

16:30〜18:00 ニールセン合奏 おなかが空いていた
たぶんうまく合わせることができればきれいな曲だと思いますが、合宿中にはそう感じることはできなかったと思います。今年はニールセンが生誕150周年のアニバーサリーなので、ぜひきれいに演奏して差し上げましょう。
なお、私は2145年に生誕150周年を迎えますので(どうでもいい)。

18:00〜19:00 夕食 おいしかったです
某かんこーがすごく元気でした。クラ弦のごく一部への課題として、演奏レベル以前にボキャ貧の改善等が必要だと感じた次第です。

19:00〜20:00 パリー合奏 難しかった、かな
レイドノー嬢の組曲の1番から4番を練習しました。イギリス音楽なので、聴いている人にとっては心地よいものでも、奏者が大変なことになっているジャンルで、この曲もそんな感じかなと思っています。指揮は簡単なので、アドバイスすることが他の曲よりかなり多かったです。この合奏では右肩を炒めました。

20:15〜21:00 炎色反応実験 1日目に入ってよかった
これまで1日目は会議のみだったので、何のイベントもなしに途中で抜けることにならなくてよかったと思いました。きれいな炎色反応でしたが、ややわかりにくいものが多かったかもしれません。

初日から合奏だらけだったのですが、まだ疲れが出ていない中での合奏なので、思っていたより良かったです。合宿中は指揮台があって、背の低さをそこまで感じないのもうれしいところでした。
あと、この合宿で多くの3年生が最後の合宿でした。1・2年生のみなさん、楽しませてくれてありがとう。

 9月5日(土) うの  [修正]
こんばんは、白百合女子大学1年の鵜野歩美です。

今日の練習は
3限:ニールセン合奏
4限:個人練習
でした。

久しぶりに合奏に出席しました。まだまだ練習不足なので先輩方の足を引っ張らないように頑張りたいと思います。
いろいろご迷惑をおかけすると思いますがこれからよろしくお願いします。

 9月2日(水) まつおか  [修正]
こんばんは、早稲田大学人間科学部1年の松岡諒です。ビオラをやってます。というわけで活動報告をします。

今日の練習は
3限:自主練
4限:パリー合奏
5限:ハメリク合奏
というラインナップです。

そうなんです。

合奏はじまっちゃいました。

ついこの間8月が始まったと思ったのにもう合宿前なんですね。ヤバいですね。

まずは4限のパリーから。
うーん....よく覚えてません....

次に5限のハメリク合奏。
うーん......うん。

そうなんですね、僕はどっちも乗ってないんですね。
合奏が始まった記念すべき日にこの2曲以外乗ってる僕が担当になったこと、端的に申し訳ない。

ということで所沢キャンパスの素晴らしいところを紹介します。

1.池袋から30分というアクセス抜群な小手指駅からバスで20分という都会からのアクセス抜群なところ!

2.近くにコンビニ、飲食店がほとんど目視できないところ!

3.キャンパスから本格的な湖まですぐ行けるところ!

4.キャンパス内の道路に野生の蛇がいるところ!

なんて素敵なんでしょう。

いや、実際素敵なキャンパスです。結構気に入ってます。

最近のマイブームは無駄に歩くことです。先週は5日で40km以上歩きました。

なんで歩いてるのに痩せてないのって?

食べてるからです。

好きな食べ物は麻婆豆腐とカツ丼です。覚えておいてください。

将来の夢は福士蒼汰です。

あっ気付いたら2000字超えてましたね!

それではまたいつかお会いしましょう。

 8月29日(土) イケタニイケヤ  [修正]
こんにちは!文京学院大学 外国語学部 1年のイケタニイケヤこと池谷 華紀です!楽器はチェロを担当しています。4月頃に入団したというのに、まだ日誌を書いていないということに気づき、本日担当となりました。頑張って書きますね!!

今日の練習は、
3限(自主練)
4限(自主練)
でした!

練習内容も書いたことですし、私の入団までの経緯でも書きたいと思います。

入団する前、弦楽がやりたいなぁ思いインターネットで調べた結果、クラ弦のホームページがわりとすぐ出てきました。ホームページでクラ弦のことを知った私は、まずは見学や新歓コンパに行きたいと思い、参加しました。クラ弦には私と同じ大学の人がいないので、新歓コンパや見学に行った時は不安でいっぱいでしたが、クラ弦の方々は優しい方ばかりなので救われました...!!今ではクラ弦に入団して良かったなぁと心から思っています。

実を言うと、私は4月からチェロを始めました。いわば初心者です!高校在学時から気になってはいたのですが、弦だから難しそうだし...と思って聴く専門でした。しかし、あるきっかけでチェロを体験してからというものすっかりチェロの虜に...!! 気づけば貯めたお金でチェロを購入しておりました。ピアノもやっていましたが、今ではチェロを弾くことが楽しくてしょうがないです(ピアノもたまに弾きますよ)!!たくさん練習して、早く経験者の方に追いつきたいと思っています!!

もうすぐ冬定演に向けた夏合宿がはじまりますね!今からワクワクしています。

グダグダになってしまいましたが、なにせ日誌なんて初めて書くので...
「しょうがねぇな」と大目に見てくださると嬉しいです。

以上、イケタニイケヤでした。

 8月26日(水) ちはるん  [修正]
みなさまごきげんよう。田中です。
「あれ?最近この人書いてなかったっけ?」と思った方、すみません。
再びの田中です。

さて、この日の練習は3〜5限すべて自主練でした。
8月とは思えないくらい涼しい(むしろ寒い)日でしたが、たくさん練習しに来ていた気がします。

久しぶりに髪を短くしたのですが、結構みんなにびっくりされました。
予定ではもうちょっと長くなるはずだったのに、お兄さんのハサミが止まらなかったのです。
ちなみに姉には「妹、髪事故ったな。」と言われました。のんちゃんには「25歳くらいに見える」と言われました。
お姉ちゃん、事故ではないのよ。のんちゃん、一応まだ19歳だよ。

さてさて、私事ではありますが、8月末から約3カ月間アメリカに行ってきます。なので、この日の練習でクラ弦とはしばしのお別れです。
そしてなんと締めではすてきな色紙をいただきました!!本当にありがとうございます!!!みなさんからのメッセージに泣きそうになりました。ほかにも手紙や餞別の品をいただいて…本当に幸せ者です。
クラ弦が大好きなのでたった3カ月だけでもみなさんに会えないのは本当に寂しいです…合宿も行きたかった…。ですが、「ビッグになって帰ってくるぜ!」と宣言してしまったので、アメリカの地で精進してきます。
3カ月だけなので、12月にはきっと「あれ?あの人もういるの?」状態になっていると思いますがそのときは受け入れてくださいね!忘れてたら怒るよ☆

それではみなさんお元気で!

 8月22日 (土) ひびき  [修正]
こんにちは。中途半端な時期となってしまいましたが、8月19日に入団させていただきました。他大1年のひびきです。ピンクのケースなのですぐに分かると思います。これから宜しくお願いします。

今日の締めの時間、次の日誌を書く人を決めるときに、これをしたら絶対に誰も私に話しかけることができないという究極の真顔をして、さらに存在感も消していたはずなのですが、普通に頼まれてしまいました。おそらく、初めてクラ弦に見学しに来た日に幹事長と副幹事長をいじってしまったバチが当たったのだと思います。かんこーしゅーと莉乃ちゃんには秒速で2000字な!!!って言われました。入団前にこの活動日誌を熟読していた私に、これまでのみなさんを越えるキチガイな日誌を期待されている方も多いかと思いますが、ウケを狙うとスベるたちなので自重します。

今日の活動は、3限4限どちらも自主練でした。ヴァイオリンは今年の7月から習い始めたばかりなので基礎練だけをずっとやっていました。3年前にお遊び程度に1年間ヴァイオリンを習っていたので全くの初心者ではありませんが、非常に下手です。この人は現代音楽を弾いてるのかな、と思った人は少なくないはずです。祖父には、ノコギリで切ったような音だな、と言われ、母には(音程が悪すぎて)頭がおかしくなるからやめて、と言われます。しまいには、弾き始めたとたんに犬があくび(ストレスを感じたときに出る)を連発しはじめて、私から一番離れたところに行って、本当にぐったりします。
全然笑えなくて結構ショックです。

初心者にとって、弦楽器や管楽器は"後から直すこと"ができないのが一番難しいところだと私は思っています。ピアノなら、まず音を鳴らして、指の形や姿勢は後から修正していくことができますが、弦管は、音程、体の動き、姿勢などを同時進行で意識しないと、音を鳴らすことも、持続させることもできないので、気持ち的にも今、大きな壁にぶち当たっています。

その壁を越えて今では難曲をこなしているクラ弦のみなさんの中に混じって、音程も音色も悪い音階や練習曲をひたすら弾くのは、とても辛いです。周りの人にとって、うるさくて、耳障りな雑音を出してしまっているのが分かるから、ものすごく恥ずかしいです。負い目に感じて申し訳なくも思います。音程すらもまともに取れない自分とかっこよく弾きこなしている周りとの差に、毎回悔しい思いをして家に帰ります。今すぐ上手くなって、みんなとアンサンブルできたらいいのに、自分のやりたい音楽を表現できたらいいのに、みんなとの差がなくなればいいのにって、何度も考えてしまいます。ただ、不思議とその負の感情が嫌じゃなくて、それがあるからこそ、むしろ頑張りたい、やってやるってすごくポジティブな気持ちになります。それは、嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、クラ弦の方々への尊敬の気持ちからあるからじゃないかなと思ってます。

私の周りにいるヴァイオリン科の人たちは、確かに上手いです。勉強を後回しにして毎日何時間も練習している上に、怖い教授のレッスン、プレッシャーのかかる先輩とのアンサンブル、ライバル同士でバチバチしてるオーケストラ、大学の授業の中に恐ろしい科目がいくつもあります。その分だけどんどんと鍛えられるから、演奏のレベルは高いです。ただ演奏の目的が、コンマスになりたいから、先生が怖いから、先輩に好かれたいから、になってしまっている人も多く存在しています。彼らの演奏からはそれらがどうしても伝わってきてしまいます。ですが、クラ弦の方々の演奏からは、本来の演奏家が持つべき、純粋な音楽に対する気持ちが伝わってきます。
だから例え音程をはずしても、音がかすれても、音に必然性や説得力があって、ちっとも気にならないんだと思います。そんな音楽に囲まれているから、私は頑張れます。憧れるから、自分も目指したいと思えます。なので、純粋な芸術作品をみんなで作りあげるのを目標に、これから沢山努力していきます。というわけで今はひどい演奏でも許してくださいね。笑

花火大会では、この人なんかうるさいなって思った人しかいなかったと思いますが、一応やる気はあることを知っていただけると嬉しいです。あと400字残っているので花火大会の話をします。先輩が場所を取ってくださって、輪になってとても盛り上がりました。決められているわけじゃないのに、どこからともなく拍手、歓声があがって、それってすごい素敵なことだなって思ってました。レジャーシートの上でまったりしながら花火を見るなんて初めてで、本当に楽しくて、この夏一番の思い出になりました。先輩とも、沢山話せてよかったです。

私の真顔を見て、わざと日誌を指名された某石塚幹事長は絶対これを見ていると思うので、最後にこの場を借りて1つ言わせていただきます。学館で話されていたことをわたしが聞いていたこと、忘れないでくださいね笑笑
先輩が冷や汗をかいているところで2000字を越えることができたので、これくらいにさせていただきます。ここまで読んでくださってありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111
全 775件 [管理]
CGI-design