今日 うどん狐 
[修正]
Web担当のうどん狐です。

3月分のデータが消えてしまい、本当に申し訳ないです(古いデータを上書きしてしまったために起きた事故)土下座mom

代わりにうどんがこの人だったらこう書くだろうなと思考を巡らせて再現(某幹事長のファインプレイでデータが復活)したので変なところが会ったらまたお知らせくださいお騒がせしました

 4がつ8にち すいようび やすくん  [修正]
前回は昨年2月に書いた記憶があるので、1年以上ぶりですね。去年はモーツァルトとか振っていたのに、それがヤナーチェクとかになっています。今考えると、何があったのって感じですね。

8(水)の練習内容は、
5限 ラターP+アンダーソン合奏
6限 ヤナーチェク合奏
でした。

ラターのP練の時間帯は、中央図書館にこもっていたため知りません。いくら範囲が広いとはいえ、レポート課題はこの時期に出すものではないと思います。
この曲は楽章によって表情が異なるので、定演に向けて、表情筋のほうも鍛えておいてください。やり方がわからなければ、早いうちに首席に聞いておきましょう。

アンダーソン合奏は久々でしたが、乗っている人はだんだん慣れてきているかな、という感じです。もっと楽しんでやりましょう。
全く関係ないのですが、先週から、友人の下村くんのあだ名がアンダーソンになっていました。名前負けしないようにがんばっていただきたいところです。

ヤナーチェクの合奏では、3番と6番をやりました。新たに細かい注意をたくさんしたので、来ていた人は復習を、来れなかった人は次の練習までに確認しておいてください。
幹事長から、「最後の15分は弾ける部分で合奏してね」と言われていましたが、弾けるところってどこだろうと探していたら練習が終わりました。演奏会の2か月前にはうまく弾けないところがあって当たり前で、それを合奏でまとめ上げていくのがクラ弦の合奏です。(あくまで個人的見解です;ぜひ見学にお越しください)

とりあえず伝えたいことの半分は書いたので、このあたりで。引き続き練習・新歓・その他諸々頑張りましょう。

 4/4(土) いしづか  [修正]








めっちゃ書いたのにデータ容量が多すぎたとかで全部消えました。二回目なので手短に。もうやだ。そしてなぜか三月の日誌データが消えていますね…HP担当なんとかして(丸投げ)

新歓ブース期間が終わりましたね。
考えられないほどの強風&砂&にわか雨の中皆さん本当にお疲れ様でした。
風で飛んできた看板がおでこに直撃して死んだかと思いました。
また、4月いっぱいは説明見学会や新歓コンパがありますので皆さんご協力ください。

この日のスケジュールは
11時〜 新歓お花見もといご飯会
3限 ロッシーニP
4限 フィンジ合奏&説明見学会
でした。

お花見は天候の都合により建物の地下という殺風景な場所でのご飯会となってしまい残念でしたね。ですが、新歓序盤にも関わらず5人もの新入生が参加してくれました!花より団子のクラ弦民はご飯の前では桜などアウトオブ眼中(死語)であるとかいう説も流れていましたが…。来年は満開の桜のもとで新入生とお花見ができることを祈っています。それでも今年みんなで花見が出来なかったのが悔しいのでブース期間中に数人の団員と行った神田川の桜の写真を載せておきます。きれいでした。

また、今日から説明見学会が始まりました。これから合奏の最後は新入生が合奏見学に毎回来ます。恥ずかしいところを見せないよう、個人練などきちんとしておきましょう!個人的にはヤナーチェクがやばすぎなのでのんちゃんにブチ切れられる前にしっかり練習したいと思います。皆さん音源もきちんと聴いておきましょう。

さて、幹事長の元にはコンパ参加や入団希望のメールが届き始めています。
今年もたくさんクラ弦に新入生がはいりますように!
そしてこの日誌を読んでいる新入生がいたらぜひコンパや説明会にきてクラ弦の雰囲気を感じてみてください。
新歓イベントの詳細はHPのホームお知らせにあります。団員一同お待ちしております!!!

以上久しぶりに日誌を指名された幹事長でした。定演まであと2か月ちょっとですn

 3/28(土) のん  [修正]
どーもです、ふくいです。

新年度前最後の練習で日誌を指名されたので、

「お、一女最後の日誌だ、しっかり書くぞー(' '*)/」と思っていたのですが、これを書いている現在の時間は[4/1 am1:58]
………一女の私はすでにお亡くなりになったようです。南無。

(こんにちは、二女!)


この日の練習は

3限 ラター合奏

4限 ヤナーチェク合奏

でした。


まず、ラターは1から4楽章までそれぞれ通しました。全体を通してテンポと強弱をもっと意識しましょうって感じでしたね。特にテンポに関して、4楽章は音形によって速くなったり遅くなったり不安定になりやすいのでもっとメトロノーム先生にご教授いただくとよいかもです(' '*)/1楽章の最後の4小節間も遅れやすいので気をつけませう。

また、pやppの音量が大きいのでもっと意識して落としましょうとのことでした。

次に、ヤナーチェク!ヤナーチェクも1〜7番まで全て通しました!!心の中は「ヒエエエエエエエ」と叫びっぱなしでした( ;∀;)<弾けない(6番とかほぼ初見でした、すみませんでした)

初めて5番を通しましたがゆっくり静かな曲調はやはり苦手…。厄介なのは5連符だと思いますが、その辺は各主席の方に聞いてください(投げやり)、テンポ変化とかその辺も。後は主旋律を弾いてるパートを理解して聴けるとさらによいのではないでしょうか!そして全部通して分かったことは、前やった1,2,7番とかも定期的に復習しようねってことですね…。ちゃんとメトロノーム先生に合わせて弾けるように、強弱もしっかり確認して、4番や2番の途中などのフラットが多いところは音程にシビアになりましょうなどが注意されたと思います。もう4月に入ると忙しくなりますが、時間をとって練習しましょう!

そして、もう新歓が始まりだしましたね!!クラ弦に興味をもってもらえるようみなさん頑張りましょう(' '*)!

私は新歓に備えて「あがらずに話せるようになる本」を貪るように読んできました!これできっと初対面の新入生とも明るく楽しくたくさんお話できる…はず☆(フラグ)

 3/18(水) ぐろまる  [修正]
順番が前後してしまって申し訳ありませんな井黒です。幹部代だというのにだらしが無いですね、反省します。


今日の練習は、

5限 ロッシーニ合奏 → P練

6限 アンダーソン合奏 + ヤナーチェクP練

でした。

私はアンダーソン合奏15分しか乗ってなかったので何も言うまい。

ギターをやっている分、確かにピッチカートの方が気分は楽なんですが、爪がいつ割れるか怖くて力いっぱい出来ません。そうそう、私の右手の爪が長いのはギターを弾くためであって、不摂生とか俺の右手がっとかでは無いので皆さんご理解よろしくお願いします。


時系列がずれますが、3/21(土)は追いコンでした。とても気さくて話しかけやすい4年生の方々が卒業されていくのは寂しいですね。私は現役が被ってないので、お話する機会が少なかったのがとても残念です。是非今後も顔を出していただけると嬉しいですね。



さて、そろそろ新歓ムードになってきました。


次年度はチェロ、ビオラが圧倒的に人員不足なので是非とも期待の新入生を迎え入れたいですね。皆さん新歓費は払いましょう。

 3/25 つっちー  [修正]
いま、ふたたびの辻村です。そうだ日誌、書こうと思ったので、前回から1ヶ月しか経っていませんが、書きます。


この活動日誌では、投稿者名も工夫できるんですよね。今日はクラ弦で呼ばれているニックネームにしてみました。少し前に遡りますが、「ヤノーチェクさん」は秀逸だと思いました。作曲家から横棒を一本、抜いただけ、それで意味ががらりと変わるのですから。それと「どん」ってほんとに誰なんでしょう。本当の名前は跡形なく消えています。ちなみに今月のダイヤ改正をもって、東京から銚子へ向かう特急「あやめ」も姿を消しました。何か関係がありそうで、無いと思います。


さて、今日の練習は次のとおりでした。

5限 フィンジP練

6限 ロッシーニ合奏


私のいるコントラバスパートでは、5限はヤナーチェクP練に変更となりました。次回から4,5楽章の合奏が本格的に始まることへの対策です。弾きやすい指づかい等の確認をしました。4楽章が特に難しいと思います。フラットがたくさん付いていますが、決して平坦(フラット)な道のりとは思えません。練習します。


 今日は早稲田大学では卒業式があったようです。入れ替わるように、来週には新入生が来ます。そこで某1男に、活動日誌では新入生向けにクラ弦を「一言で」説明せよ、と言われました。個性的なメンバーの集まりとか、ふんわりしているとか、思いつきはしますが、どれもしっくりとこないような。とりあえず、先週、練習をサボって観に行った講演会の中に、答えを見つけてきました。


 今月18日の夕方、大隈講堂で行われた「ケネディ大統領のトーチ〜引き継がれるその遺産」では、米国の駐日大使キャロライン・ケネディ氏、元大統領ビル・クリントン氏、日本の安倍首相が講演したほか、宇宙開発、および平和戦略をテーマに、それぞれ各界の著名人によるパネルディスカッションが行われました。宇宙開発の方は私の専門に近いので、英語の議論でもなんとなく聞き取れました。その中で「インクルージョン」がキーワードになっていたので、紹介します。


 「インクルージョン」は近年、米国などで流行っている言葉で、文字どおり、ある集団に多様な背景を持つ人々を引き受け、取り込むことを言うそうです。日本ではまだ馴染みがありませんが、今後の流行が期待されています。「ダイバーシティ」(多様性)と異なるのは、ダイバーシティでは個々の差異に注目し、これを良しとしているのに対し、インクルージョンでは差異は引き受けるという受動的な態度で、それよりも集団の全体性を大切にしています。米国映画協会会長のドッド氏は、多様な人で構成される集団で何かを成し遂げたいのなら、より大きな絵を見なさい、すなわち多様性による細かな障害は置いておき、より高次の、メンバー全員が共通に持っている夢や目標のことを考えようと言いました。また国連総会で米国政府代表を務めた経験のあるフルプ氏は、行き詰まった時は個々の差異を無視し、ひたすらに共通点を考えると良いとアドバイスしていました。インクルージョンとは、構成員に多様性はあれど、全員のベクトルの共通方向に目を向けましょう、という概念のようです。


 私の、1年間所属してきたクラ弦に対する一言イメージは、「インクルージョンされている集団」です。学部・専攻、楽器の経験、出身地など、それぞれのバックグラウンドは多様。そしてみな個性が強い。しかし、普段の活動でそれを意識させられたことは、そんなにはありません。「多様性」という感じはしない。それぞれが勝手な方向を向いた、発散した集団ではないのです。やり方を巡ってケンカをすることは、たまにはあるようですが、基本的には楽しく合奏したい、学生だけでできるところまでやってみたい、クラシック音楽を広く聴衆に紹介したいという、大きな絵を見ているから、ふわふわとした雰囲気の中でも、きっちりと演奏ができるのでしょう。

 端的に言えば、つまり、クラ弦に興味があってこのページまでアクセスしてくれたあなた!ぜひ見学に来てください。きっと引き込まれます。インクルードされちゃいます。お待ちしています!


 長くなりましてごめんなさい。一言で、ということなのでこの辺でやめておきます。冒頭で示唆したように個人的に奈良・京都に旅行してきたのですが、今日はお土産を配ったらみんな喜んでくれたので嬉しかったです。

 4がつ 11にち どよーび むっちゃん☆  [修正]
むっちゃんだょ…
いま、ねんせぃのレポート書いてるの…
ニュートンのねんせぃほぅそく…
ネバネバのねんせぃだょ…
ニュートンってじゅーりょくだけぢゃなぃのね…
ニュートンせんせぃマヂすごすぎ…
でもそのせいでレポートたぃへん…
それでも…頑張って…にっし…書くょ…!
テンション…上げてくよっ☆〜(ゝ。∂)

今日の練習は3限にアンダーソンP+フィンジP、4限にロッシーニ合奏 だったょ!
なんか色々言われたから、えんそーかいに向けてチョー↑がんばる!
それで練習のあとは新歓だったょ!
カワイイ一男といっぱいおしゃべりしようと思ったら、音楽の話についていけなくてビックリ!
先輩置いてけぼりにして一男同士で語り合っちゃって…
ぁたしならともかく、けぃこさんも放置しちゃうなんて…ぉこだょ!(>_<)
でもクラ弦に入ってくれるみたぃだからゅるす!
なんだかんだで新歓楽しかったょ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
締めはいつも通り馬場のロータリーでやりました!
いい年した人がハグしあってたょー
おばさん、無理しないでね☆〜(ゝ。∂)
次の新歓も頑張っていきましょー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
それじゃーあでゅー!

4がつ18にち 追記
よーびを間違えてたのでしゅーせーしておきましたー
(((o(*゚▽゚*)o)))

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111
全 775件 [管理]
CGI-design