2017/12/23 ふなの 
[修正]
んばんはバイオリンパートのふなのです。
今日は定期演奏会前最後の活動日でした。

3限 ロータ合奏
4限 チャイセレ合奏
5限 ニールセン・チャイセレ通し練

長い時間お疲れ様でした('ω')ノ

明日引退するみたいです!!!
1年生の4月に入団して時間はあっという間に過ぎ去っていきましたね・・・

クラ弦に入りたてのころ練習日に楽器を忘れたことや初合奏の日に2nd裏パートが自分だけだったこと(前はバイオリンにも人数の余裕がありました)は最近のことのように思い出されます。

去年の今日は第30回定期演奏会でしためっちゃ懐かしい・・・!次期主席曲としてルイスのイギリス組曲を演奏しました・・・4楽章が大暴走したことが記憶に新しい・・・!個人的に明日は一年間の集大成として少しでも成長した演奏をしたいです!!

第31回第32回の定期演奏会にのってくださった方はとくにお世話になりました!素人すぎてよくわからないままにつけてしまった弓順やパート練習・・・そして計画性の欠ける自分はいつも周りの方のサポートが欠かせませんでした。本当にありがとうございます。

大学3年生になってから思った以上に忙しく、練習に行けなかったり自分の個人練の時間も十分に取れなかったり、何かいろいろ、いつもいろんなことでストレス(フラストレーション)をためていましたw
明日はきっと解放感のほうが大きくて終わった後飲みすぎてしまわないか心配です。

明日は今まで時間をかけて練習してきた成果を発揮したいですね( ;∀;)

頑張りましょう!!




 12/20 ほか でら  [修正]

お疲れ様です。3年ビオラの小野寺です。
12/20とあと12/16の分の日誌を書きます。溜めたせいです。あとは練習日と残っている3年生の数が合わないから帳尻を合わせているとか、なんかそういう裏事情もあります。

それでは本題です。
@12/16(土)
3限:チャイセレ合奏
4限:ニールセン合奏
5限:チャイセレ通し練 でした。

ニールセンはこの日で最後でしたね。各自本番までに出来なかった点は復習しておくようにしましょう。年末の忙しい中、楽器に触る時間のない人もいると思いますが、録音を聴きながら楽譜を追うだけでもかなり違います。移動時間にでもやっておくとお得です。
3・5限のチャイセレ、お疲れ様でした。特にW105だと狭くて暑くて、後ろの人は立たなくちゃいけなくて、申し訳ないなと思いながら座っています。ホールも照明その他諸々で暑いので慣らしておく、と思えばしんどさも緩和されるでしょうか。

A12/20(水)

5限:スヴェンセンP練&合奏
6限:ホルスト合奏
7限:チャイセレ通し練 でした。

まずは5限のスヴェンセンですね。水5というなかなか厳しいスケジュールの中、8人中7人が出席(のりくんは終わった頃に欠席のLINEしてきました)してくれたビオラパートはなかなか素晴らしいと思います。スヴェンセンには、4年生さんが3人乗ってくださりました。また一緒に演奏できるのは非常に嬉しいです。そして、これが僕の現役最後のP練となりました。日本語が下手すぎるので何言ってるかわからないときも多々あったと思います。この場を借りてお詫びします。感謝の念はまた引き継ぎ式にでも。
6限はホルストでした。藤川が立ってるのに周りとあんま変わんなくてウケてました。
7限は通し練でした。気持ちよく伸ばしをしていたら壁にぶつかりました。狭い。あと眼鏡なくて立って弾いてるセカンドの奴がシュールでしたね。

3年間はあっという間でした。光陰なんとかの如しと言いますが、THE・それって感じです。適当人間で周りの人に迷惑かけまくったなあと反省しています。本当です。演奏職をやってこれたのも、ビオラのみんながちゃんとしてくれたからだし、他の演奏職のみんなもまた然りですね。ぼくはガハハwって笑ってるだけでした。後輩に対しても、威厳の欠片もないような先輩かどうかもちょっと危ういぐらいの人間が上にいるのも申し訳ないなあと思ったりしてました。本当です。ごめんなさい。ありがとうございます。
とか言ってるうちに演奏会当日になりました(現在0:08) 僕らはこれでいなくなるので最後楽しく弾けたらいいね。
がんばろうね!さようなら〜

 12/10(日) あんこ  [修正]
(ごめんなさい日誌止めてました)
こんにちは、ビオラ3年のやまさきです。
自分であんこと名乗るのが恥ずかしいお年頃になりました。

この日は
3限 スヴェンセンp練・合奏
4限 ロータ合奏
5限 ラルゴ p練・合奏
6限 通し練

でしたね〜!(メール遡った!)
私は今期ラルゴだけ乗っています*。

もう引退ですね。きっと同期のみんな、「あっという間だったなあ」と感じていると思います。
私はしばらくの間休団させて頂いていたので、物理的にも短かったです。(※バイトが水土で、練習に行けないのに乗るわけにはいかないな〜と思い休団していました… TT)

休団含め、思い返すとクラ弦の優しさに甘えに甘えた3年間でした。
(〜 ここでこの続きとなるエピソードを書いてみようと思いましたが、文章力が無さ過ぎたので一括削除しました 〜)

……
最後に(??)、

新歓で、つっちーさんととのさんが温かくて優しくて、クラ弦に入りたいと思い、入団を決めました。ありがとうございました( ; ; )
のぞみさん、そうさんには初心者練で沢山お世話になりました…( ; ; )
先輩の皆さん、私は(学年が上の方に特に)こみゅしょう&遠慮(?)してしまうところがあって、なかなかグイグイ話しに行けるタイプではありませんでしたが、とてもとても好きで、先輩方のお顔が見たくてクラ弦に行くみたいなところありました←
16期、休団中も休団明けも迷惑かけまくっていたのにいつも通りに接してくれるので有難かった&有り難い( ; ; )いつもすまぬでした…ありがとう…好き…何かご飯でも飲みでも企画することあったら誘って下さい…(ここでも受け身)
後輩のみなさん、何もしていなくてごめんなさい…………はじめまして…… 本番上手の舞台裏にいるので顔覚えて下さい…笑


12/10の日誌だけど、これを書いてるのは最後の練習日なので明日が本番!笑
頑張りましょう…!(練習絶起した顔)
お疲れ様でした!*。

 12月9日(土) 藤川紘旭  [修正]
練習お疲れ様でした。 3年Vnの藤川です。

9日の練習は、
5限 ロータP練
6限 ニールセン合奏  でした。

考えてみればこれを書くのも3回目ぐらいでしょうか。最近行けていなかったのもありますが…
いつの間にか引退の時期が近づいてきました。

いつも欠席連絡してなくてすみませんでした。
あとこんな僕でも曲にのっけてくれるクラ弦には感謝するしかないですね(笑)

そういえばどこかで聞いた話で、体感時間は反比例のグラフと同じような軌跡をとるらしいですよ。(Y=k/X, Y=体感時間, X=自分の年齢, k=定数)それで試しに寿命を80歳として積分してみると、だいたい20歳ぐらいで人生の半分が終わる計算になります。(驚)

そう考えるとあまり無為な時間を過ごすのもどうなんだろう?と思ってしまいます。

(それでも僕はやっちゃいますね多分 笑 自分の身の周りのことに置き換えて考えないと感情に訴えてこないから実感がわかない、というのをこのごろ強く実感します)

話がそれましたね。

本番までそこまで時間はありませんが、一歩一歩着実にやっていきたいと思います。

 12月6日(水) 三浦拓也  [修正]
練習お疲れ様でした。1年Vnの三浦です。
1年生にしてなんとすでに2回目の日誌となりました。

6日の練習は、
5限 チャイセレP練
6限 ロータ合奏  でした。

チャイセレに関しては、個人的にあまり練習の時間が取れていないので、練習しておきます!

ロータの合奏は、キツキツの部屋(2ndの出席率が毎度すごく高い)でVnパトリが後ろから見つめる中行いました。コンマスの席には4男の柴田さんが座り、ソロの部分まで弾いていただきました。


さて、日付が変わって明日12月8日は僕の20歳の誕生日です!自分の思い描いていた20歳というものはもう少しオトナな感じでしたが、現実は全然そうではありませんでした。キッズでした。

20歳といったらお酒ですよね。僕の出身は福島県なんですが、福島県は日本酒が美味しくて盛んなので、溺れるほど飲みたいです。アフターにも積極的に参加していきたいです(そっちが主であったりもする)。


最後に。3年生さんの日誌を読みながら書いているのですが、先輩方の日誌はすごく読みやすく、かつ面白くて感銘を受けました。僕も2年後にそういったものを書けるような文才を身に付けたいです。あと、薔薇の似合う人間にもなりたいです。


定演まで残すところ2週間半ですね。
最後まで粘りましょう!


  瀬戸えりな  [修正]
日曜練お疲れ様でした。3年のせとえりなです。
なんやかんやで12月に突入しましたね・・・
めっちゃ早いですね!
3限 ホルスト
4限 チャイセレ
5限 ニールセン
6限 チャイセレ

残りの練習も残りわずかなので、時間を大切にし、集中して練習できたらいいですね!
私も、練習不足なので、練習頑張ります。

私は、大学1年の時、3つのサークルに所属していました。結局、クラゲんのみ、3年間辞めずに続けることができました。2年生からは、野球サークルのマネージャーをしてきました。
チェロは、小学1年生から習い事でしてきて、オーケストラに所属するのは、大学生で初めての経験でした。チェロを弾くことよりも、運動することが好きな私なので、3年間サークルをつづけることができたことを自分でも、驚いています。
それも、チェロパートの居心地の良さ、クラゲんの雰囲気、肉フェスメンバー、3女のお嬢様方のおかげだと思います。あとは、定演で、クラゲんのみんなと音楽を奏でることの喜び、達成感があったので、3年間、あまりチェロが好きではない私でも続けることができました。また、定演のたびに、佐賀から家族が見に来てくれたことも毎回の支えになりました。

1年生とは、チェロパートの子以外とは話す機会がなかったので、残り少ないですが、お話しましょう!
定演頑張りましょう!!




 12月2日(土) のむら  [修正]
お疲れ様です。2nd Vnの野村です

12月2日、土曜日。師走初回の練習は

3限 ロータ合奏
4限 ニールセンP練
5限 チャイコ通し練
(6限ビラ貼り)

でした。
僕は乗り番のニールセンとチャイコの練習に参加しました。

この日誌というシステム、元々は欠席者が練習の様子を確認するためにあるのだとか。

☆ニールセンP練は、3楽章を中心に進めました。

流れるような旋律、弾いていて心地よい楽章ではないでしょうか?
ただ、8分音符の連続にさりげなく移弦が含まれたり、少しずつ主旋律と副旋律が予測しづらい絡みをしていたり、結構難しいところがまた魅力かもしれません。


セカンドは主に
・sf前の弓の扱い(少し奥に倒す)
・弓の速度は一定に
・半弓でfの太い音を出すところ
は一度思い出してみてください!

ある部分をどう弾くの?とかゲネの音源聴いてこう思ったとか、そういったリクエストを練習の中で出してくれて助かりました。今後も気になったらどんどん頼みます!やっぱり一人でP練やりくりするのってどうしても偏ってしまう所があるので。ありがと。

明日は合奏があるので、合わせるのが楽しみですね。


☆チャイコ通し練は、1楽章のレビューの後行いました。

今までなんとなく合っていてなんとなく弾けてしまっていた第一主題にメスが入りました。譜面の上での難易度が高くない故にアンサンブルの意識が希薄になってしまっていたことが、自身含め奏者側の反省ですね。小節を跨いで8分音符を伸ばすような所など、今一度確認しましょう。

今日の練習で少し合ってきたと感じたので、次のステップとして単純なフォルテで弾き続けるだけでなく、フォルテの中での動きが出せるようにできればいいのかな(?)

この時期は完成度とか云々とは別に、弾き慣れることも大事な練習だと思います。ついでに、「ここが弾けない」「ここまずいぞっ」ポイントを見つける良い機会だったりします。

他の楽章に関しては、また合奏の中で指示があることでしょう。
今後まだやれることは多いと思います。

☆ビラ貼りは理工キャンに行きました

今回のデザインも素敵です!
毎回クラ弦らしい安定の安心感があるのに、飽きないデザインを作り続けられるのはすごい・・・(語彙力)

理工ラウンジには去年の冬定のポスターが貼りっぱなしで、時の流れを感じました。速い。


☆ロータは乗っていませんでしたが、練習で何やったの?と聞いたら、次々期2nd首席様曰く

「たーららたーららたーららたーらら」

らしいです。

ロータ欠席各位確認のこと。




あ、最後の日誌か・・・




よし。

本日20歳を迎えた2人、おめでとう!!

お疲れ様でした。







1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115
全 800件 [管理]
CGI-design