3月1日(土) はちや 
[修正]
あれ、3月1日って練習なかったのかな、と日誌を見て思った皆さま、すみません、練習はちゃんとありました。
ほぼ1ヶ月経ちましたが書きます。
コントラバスの蜂谷です。

3月1日の練習は
3モーツァルトP
4死乙女合奏
でした。

私は午前中の用事が長引いたため3限は参加できなかったのですが、首席&やす君によって充実した練習が行われていた模様です。
チェロとバスは人数が少なかったようですが…。

死乙女合奏ですが、ビオラとチェロは首席のみという驚きの人数比の中行われました。
首席の日頃の行いのせいかは分かりません…が。


コンバスは2名いたものの、合宿で増加した部分があまり弾けてなかった…。
練習します!
あっという間に4月になりますが、練習も新歓も頑張りましょう!

 3月26日(水) やまかわ  [修正]
こんばんわ、2年ゆうとちゃんパートの山川です。すぐ書かないと忘れちゃいそうなので練習後のマイホーム(部室、24h)でこれを書いています。

今日の練習
5限:死と乙女合奏
6限:コンチェルト合奏

死と乙女は1楽章と4楽章を練習しました。度重なる修練の末、指揮者の右腕がマッチョになってた、今度確認してみると良いでしょう。
4楽章については前回の日誌を見てみると良いかと思われます。1楽章のゆうとちゃんパートは合宿を経て大幅な改訂がなされていて、僕は今日初めて合わせて死にました(チーン、指揮者も言ってましたが皆さんも個人練で死乙女力(≠女子力)を高めておきましょうね。あと合奏中外でチャイセレ弾いてるバスの人がいて気になった。

コンチェルトは乗ってないのでよく分りませんが、死と乙女でみんな疲れ果ててた感が漂ってました、僕も疲れました。たくさん弾き込める体力が欲しいですね・・・

いよいよ来週は新歓ですね。おしゃれなビラが出来てました、素晴らしい!皆さんくれぐれも言葉遣いに気をつけましょうね、特にまの付く人。ついに3男になってしまうとは・・・この間追いコンがあったこともあって時の流れの非情さを噛み締めるばかりですが、まだ見ぬ新入生達を交え最後まで楽しく合奏できたら、それはとっても嬉しいなって(CV:悠木 碧)。

P.S.そういえば、この日誌下にスクロールしてみるとバックナンバーで過去の日誌がたくさん見れるんですね。とっさに目に入った59(素数)のバックナンバーを開いてみると、高校のOBらしい北里さんや上司の瀬戸口さんが1年生の頃の日誌があり感慨深かったです。ぜひ活用してみてください、新たな知見が得られるかもしれません。
ではこの辺でノシ

 3/19(水) つかもと  [修正]
クラ弦の皆様はじめまして!
某有名女子大学一年の塚本麻友です♥︎好きな食べ物はパンケーキ、趣味はカフェ巡りですっ!
パートはバイオリンです(ノ)´∀`(ヾ)♥︎
楽器経験はなぃんですけど、練習頑張りたいなーって思ってます!皆さん仲良くしてください꒰◍'౪`◍꒱۶✧˖°




もうすぐ早稲田の三女で好きな食べ物は家系ラーメン、どこにも救いがない指揮者の塚本です。3/19の練習を指揮者直々にお知らせします。

5限:アブデラ合奏
6限:死乙女合奏

でした。

5限のアブデラ合奏はなんというか微妙な仕上がりでございました。どう微妙かと言いますと、なんともアバウトな演奏なんですよね。古典派はリズムにシビアにならなくてはいけません。ロマン派のように若干の揺れすら許されません。
アブデラザールはテクニック的には簡単ですが、だからと言ってメトロノームなどを使わずなんとなくのリズムを体に覚えこませてはいけません。メトロノームと仲良くなりましょう。
1stは音量が足りませんね。あなたたちは基本的に常にメロディなのですから、メロディらしいpを心がけましょう。あとはメトロノームと仲良くしてください。
2ndはガリガリ弾くところは雰囲気を出せるのですが、柔らかい音を出せないのがいけませんね。牧歌的な音楽を表現してほしいのにあなた方の音は核戦争後の世紀末です。弓圧をかけすぎてはいけません。穏やかに弾いてほしい楽章では弓速を速くすることでfを出しましょう。指板寄りで弾くのも大切です。
ヴィオラは楽器の特性的に最も柔らかい音が出しやすい筈なのに音が核戦争後の世紀末以下同上。柔らかい音をください。
チェロは四人に増やしたいならアブデラザール合奏において悪化の一途を辿りつつあるコントラバスと指揮者の仲を取り持ちましょう。低音音量でかすぎわろたなのです。高音の音量が足りないのもあるのですけれども。
コントラバスはオクターブの音程がよろしくない。あと音量を小さくするにつれて音程も悪くなるのが恐ろしいですね。指揮者への当て付けでしょうか。つらい。つらくない。音量を小さくすると低く聞こえがちなので、ほんの少し高めにとってみるといいかもしれません。
全体的に強弱の差によりメリハリを付けられると良いですね。

6限は死乙女合奏でした。
三楽章の入りをほんの少し練習しました。三楽章は予備拍なし、指揮者のブレスに合わせて入ります。ボーッとしてると入り遅れますので集中すること。
三楽章は強弱の変化がまだまだ付けられていません。2楽章はcresc.やdecresc.が多く、sfzはあまり出てきません。それとは対称的に三楽章は急にpになったりfになったりというのが多いです。テンポも速いのでこの切り替えを意識しましょう。
多分pを作ってるつもりだとは思うのですが、全然pまで落ちていません。もう二段階くらい落としてほしいところです。
あとはテンポが遅れないように気をつけましょう。段々と後ろ髪引かれるような感じになってきます。寧ろ前に行かないと駄目なくらいです。前へ前へ進んで、前のめりになって死にましょう。
あと三楽章と言ったらTrioもありますからね?お忘れではありませんか?特に1st、地味に難しいんだからちゃんと練習しなさい。ってか早くP練しなさい。

三楽章を軽く練習した後、4楽章を通しました。
クラ弦の指揮者は猛獣使いと同義であると事情通の間では評判ですがそれを実感した合奏でした。
クラ弦のどうしようもない所は普段は指揮?wwwんなの知るかwww走るのたのしいwwwと横暴の限りを尽くしておきながら、困ると指揮者に助けを求めてくるところです。悔い改めよ。指揮者は菩薩にしか務まらない所以です。
4楽章の冒頭の強弱の差は大分良くなってきました。その調子でよろしくお願いします。
17小節目からのヴィオラのメロディを1stは殺さないこと。あなたたちがメロディになるのは25小節目からです。25小節目25小節目25小節目。大事なことだから三回言いました、これで覚えられたことでしょう。
自分たちがメロディなのか対旋律なのかベースなのか伴奏なのか、何をやってるかをしっかり考えて弾けると良いですね。これはどの曲でも言えることです。あなたたちはどこからメロディになるのですか、と尋ねて沈黙を貫く某元幹事長みたいになってはいけません。
con forzaの入りも三楽章みたいな感じでブレスで入ります。
練習番号50辺りは、cresc.をやり過ぎないように。ここはMaxでもmf迄にしたいです。寧ろ下げる方をもっと落としてください。
崩壊したところが数箇所ありました。練習番号66から67にかけてです。崩壊しかけたところは挙げてもキリがないので言いません。悔い改めよ。
練習番号66からは1st&2ndは相変わらず同じタイミングで入りますが、Va.とは掛け合いになってずれますよ。443小節目の入りでまた合流します。だから皆様強い心でしっかりと数えること。ここはまた細かく練習します。
そしてそして、4月になったら容赦無く2楽章やりますからね。しっかり練習しておくこと。

練習後、二年生と三年生は力に飲みに行きました。一年生はくまちゃんのお家で鍋パだったようです。
しおりんたちと佐村河内カルテットを組もうという話をしました。都の西北という日本酒を飲みました。甘くてあんまり好みではなかった。山川が飲み会参加してる場合じゃねえ!と言いながらも最後まで飲み会にいました。OBOG楽団作りたいね、という話をしました。終わります。今日は追いコンだ。

 3月15日(土) しおりーヌ  [修正]
ふと活動日誌のページを開き、ともえの日誌を読みながら、「前回の日誌また更新されてないけど指名されたの誰だっけなぁー」と思いホームページを閉じた昨日の晩。

さっき思い出しました、私でした( ^∀^)

この日の練習は

3:コンチェルトP練
4:モーツアルト合奏

でした!

この日も例のごとく人が少なかったですね!
ということで、3限のP練はやってないパートが多かったです。2ndとVaだけやってた気がする。1stはコンマス帰省中につき自主練。チェロバスはいつも通りの理由。
コンチェルトですが、こないだの合奏から強弱が大幅に変更になりました。
そのため私の予想ですが、P練をやった2パートは強弱なんかを練習したのではないでしょうか!多分だけどね!!
前回の合奏、およびこの日のP練出ていなくて強弱の変更をまだ聞いてない人は、確認しておいてくださいね(^^)/

4限の合奏ですが、前回のモーツァルト合奏と同様、室内楽かよっ!って言いたくなるほどの人数でした。1stは1女3人で頑張ってた。ちなみにバスは0人でした( ´_ゝ`)あれま。
合奏は2楽章と3楽章を中心にやりました。1楽章の後半も1回通しました。モーツァルトの注意もだんだん細かくなってきましたね。合奏来てない人は首席に確認するとよいと思います。
ゆっくり通した時、指揮者様に「チェロはつまらなそうに弾かないでください」って言われました(笑)大丈夫です、ゆっくりでも楽しく八分音符刻んでますよ……!!


この日はホワイトデーの次の日の練習、誰か何か持ってこないかなぁと期待したものの、持ってきたのは私だけでした(どや


もうすぐ、4月ですね!新歓ですね!
もうすぐ3女とか本当に信じたくないですが(笑)、初々しい1年生が入ってくるのすごく楽しみです\(^^)/
いっぱい入ってもらうべく、新歓頑張りましょう!!

 2月26日 とも  [修正]
新幹線の中からこんにちは。
いつ指名を受けたかさえ忘れてしまう程前の日誌です。てへ(^◇^)でも確かてもちゃんに指名されたのだから合宿後すぐの26日ではないか、と思うのです。

もし26日で合っているならばその日の練習のことはよく覚えています。(なぜならK子ちゃんから例の衝撃の告白を受けた日だったかr…)

4限 個人練
5限 死と乙女パー練
6限 モーツァルト合奏

死と乙女パー練は2ndに関して言うと4楽章、特に四角57からの入るタイミングが難しい部分を繰り返しやりました。3音しかないはずの低音のソ(もしかしてヴァイオリンではあの音を低音のソとは言わないのか…!?)があちこちから何度も聴こえてきて実に愉快でした。
モーツァルト合奏は乗ってないのでわかりません。でもきっとやすくんが腰に手を当てながら(このポーズがやすくんのイメージ。指揮者皆そうか)色々指示をしてくれたんだろうからちゃんと復習しましょう。

そうこうしているうちに新幹線は豊橋駅を通過しました。

文化の街東京では今年もたくさんの音楽イベントが開催されますね。大きなものだと今日から?東京春音楽祭が始まりますし、もう少し待てばLFJがあります。LFJは国際フォーラムだから音はそんなに良くないのかもしれないけど、お祭りムードが味わえますね。昼間っからビール飲んじゃったりね!ちなみに今度東京春音楽祭でディベルティメント聴いてきます。17番だけどね。呑気なもんだ。

 3月12日(水) \( 'ま')/  [修正]
某久保「お前だ!!(指差しながら」
\( 'ω')/「ふぁーーー」

こんな流れで日誌当番に仕立て上げられたのであいぽんのメモ帳機能使って書いてるなうですよ、まいまいです(((( 'ω')
汗水垂らして書いた日誌が消えたまじつらぁ!な思いをした皆さんやそのような経験をするのがこわぁな皆さんにはメモ帳やメール等の下書きを使って日誌の文を完成させることをお勧めしておきます。コピペで簡単日誌投稿ってやつだよ\( 'ω')/≡☆

( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')

本日の練習は
( 'ω')。o(5:しぉとめP練)
( 'ω')。o(6:アブデラP練)

でした!全編通して人少ないわろただった。どのくらい少なかったかというと、今日来た子に片っ端から餌付けした「どうみてもミニサイズの今川焼きにしか見えないカステラ焼き饅頭ver白あん」(先日箱根をふらついていたまいまいからクラ弦の民へのお土産である)が余るくらい。饅頭はかくも儚いものであって賞味期限がすぐそこに迫っているため、残りは私が頂くのであった、完。( 'ω')9m

( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')

P練があったのは2nd、びよら、チェロの3パートでしたね(((( 'ω')
5限の死乙女P練は全パート3楽章でした。らーっふぁっそっらーっららー。次の合奏から(前回の合奏でも少しやったけど)3楽章突入すると思うから譜読み、練習は計画的にノシ
・スケルツォ
八分音符(「たーったたー」って音形の2つ目の「た」ね、伝われ)でリズムが転びやすかったり、四分音符3つの小節で走りやすいので、リズムを正確に弾けるように出来ると良いと思います\( 'ω')/メトロノーム先輩に四分音符3つ分刻んでもらって、リズムの練習をじっくりすることをおすすめしておきます(自戒
スケルツォは全体的にスタッカートがついてる部分が多いので、はぎれよく弾くよう心がけると良いのではないかなぁと( 'ω')
・トリオ
スケルツォとの雰囲気の違いを大切にしてあげて下さいね\( 'ω')/指揮者曰く「朝日のように爽やかに」だそうです。朝日のように爽やかなソウルメイトを目指せば良いと思う(要出典)そして雰囲気がらりと変わるけど、それにつられて後ろにテンポ引っ張らないように気をつけましょうね。緊迫したスケルツォから解放されて気を抜いていると置いていかれます(((( 'ω')
(少なくともびよらに関しては)トリオは強弱がほぼpとppのみで構成されているので、だからこそ強弱の差が見えると良いね、頑張りましょうノシ

( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')

6限のアブデラザールP練、びよらはさくらちゃんだけでした!なんてこった(パンナコッタくったぼっち油そばじわぁ)。
それでもP練が破滅的に出来ていない(物理)なアブデラを練習したいと望んでいた我らはP練実行に至ったのです、嗚呼良きかな。
個人的な感想としては、相手に聞こえるように足踏みで拍を取りながら弾くのはなかなかに困難なことだと実感_(:3」∠)_力不足であった、さくらちゃんすまぬ。
アブデラも他の曲と同様に、強弱の差をしっかり出せると良いと思います。びよらに関しては、特にfが全体的に弱い感じがするので頑張ってくださいな!皆のfがびよらを救う、ってやつだよ\( 'ω')/☆
最後の方でチェロのP練を終えたしおりん先生に少し協力してもらって4楽章の付点八分音符+十六分音符の音形(たーったたーった、伝われ)のリズム練習をしたんだけど、やっぱりずれやすいです_(:3」∠)_
メトロノーム先輩に八分音符で刻んでもらって、リズムの練習をじっくりすることをおすすめしておきます(自戒 #デジャブ

( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')( 'ω')

今日も1日お疲れ様でしたノシ

P.S
部室のマリカのグランプリver150ccのコース全部あいたよ((((\( 'ω')/)))どやぁ

 3/5 うおたに  [修正]

でもてもちゃんそれって合宿に参加できなかった情弱なクラ弦の民もメーリスでもらった情報じゃない?って思ったけどみっふぃーしとこ。
そういえばてもちゃん「コピペでいっか☆」とか言ってt(自主規制)


3月5日は雨でしたね。嫌でしたね。
この日は 5限:死乙女P 6限:ディベルティメント合奏 でした。

死乙女は私乗ってないんで自主練してたんですけど、私のいた部屋ではバスが集まってたけど合わせてるわけでもなさそうだったり、くずやくんによる二〜三つのヴァイオリンのためのパー練が行われてたりしました。少ねぇ。

6限に関しては、「Va2人…つらぁ」と思ったけど隣見たらしおりんが1人だったのでなんも言えなくなりました。ていうか全体的に人少なかった。1st3人、2nd5人?、Va2人、Vc1人、Cb2人――この数字を伊藤舞はこう分析した。「えww室内楽www」。そういえばこの前東京マラソンで伊藤舞って選手出てましたね。二度見した。
で合奏の内容としては、全楽章やって、1と2を録音しました。繰り返しに関する指示とか、指揮者に合わせるよりもみんなで合わせる意識を持ちましょうとかいう指示がありました。あとやすくんが静寂の中クラ弦の民衆の面前で水を飲むだけの休憩がありました。堂々たる給水でありました。ごめんなさいこんなことネタにして。
あと1楽章のトリルが弾けませんとちょっとだけ主張してみましたが理論上弾けますと言われ玉砕しました。「トリル弾けないなー1回とかになんないかなーww」とか思ってた人がいたらごめんなさい私の権力ではどうにもなりませんでした。桜散る。


以上3月5日の活動日誌でした。これであなたも情強ですやったね!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115
全 800件 [管理]
CGI-design