12月1日(土) 柿添 
[修正]
Vn3年の柿添です。遅くなってすみません…

実は日誌を書くのは今回が初めてです。最初で最後の日誌なので、なけなしの文章力をフル活用して書きたいと思います。

12/1の練習は

3限 ラルゴ パート練習&合奏
4限 エルガー 合奏
5限 時間外 エルガー

でした。
私はエルガーに乗ってるんですが、本当に難しい〜なかなか弾けなくていつも練習の後へこんでます。ハイポジションこわいです。
でもすごくかっこいい曲ですよね!本番は胸を張って弾けるようにがんばりたいです。

思えば1年の秋にクラ弦に入団してからもう2年も経つんだと思うと時の流れの速さを感じますね。私は活動になかなか参加できていなかったので1、2年生にはほとんど存在を知られていないんじゃないかな…3年生にも練習に参加するたびに毎回「久しぶりだね!」って言われているような気がします。
でもそんな私に対してもクラ弦の人たちはいつも温かく受け入れてくれて、笑顔で話しかけてくれて、こんなにありがたいことはないなってしみじみと感じています。なんだかんだでずっと続けて来られたのも、そんなクラ弦の方々のおかげです。

最近は引退を間近に控えて、クラ弦になかなか貢献できていなかった申し訳なさともっと活動に参加していろんな人と話してみれば良かったなあという後悔の気持ちでいっぱいです。今更ながら自分のコミュ障っぷりが悔やまれます。
もう残り時間は少ないですが、最後の定期演奏会に向けて楽しんで活動できたらな〜と思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

ぐだぐだと書いてしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 12月9日(日) あつやきたまご  [修正]
こんばんは!3年の中村敦也です!!
好きな食べ物は、ブラックチョコレートだと思います!!!

12/9の活動を以下に示します。

3限 アレンスキー P練
4限 ハーバート 合奏
5限 ハーバート P練
6限 アレンスキー 合奏

アレンスキーはちゃんと聴いたことがないのでわかりませんが、難しそうですね。本番で聴くのが楽しみです。
ハーバートもよくわかりません。(わかろうと努力はしてますが...)

この日の活動は全体的に人があまり来ていなかった気がします。さみしかったです。

私がこの活動日誌を書くのはこれが最後だそうです。そもそもそんなに書いたことはないんですが。
サークルの皆さんには先輩後輩同期共にほんとによくして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
いろんな方と出会い、私の人生をより豊かにしてくれたかけがえのない三年間になったなと思います。死ぬ前には必ずこのサークル時代を思い返すと思います。

今まで大変お世話になりました。あと二週間ほど、もうちょっとだけお世話して下さい。

おもしろいこと書けないんで終わりますね。すみません。

ありがとうございました!
おやすみなさい!!

 11月28日(水) 合宿と時々お金の人  [修正]
こんにちは、3年のよしむらひびきです。
日誌警察に捕まったのでそろそろ書きます。
本当はもっと早くに書こうと思っていたのですが、最後の日誌だと思うと意外と難しくて書けませんでした。

(なんやかんやで本日は12月10日。「教授と連絡がつかず、実験の発表が延期になり、午前中は友達としゃぶしゃぶ食って終わった」状態で思いつくままにテキトーに書きます。内容不備誤字脱字は悪しからず…)

11月28日(水)の練習は
5限:アレンスキー合奏
6限:ハーバート合奏

だったそうです。たぶんこの日の日誌担当だった気がっします。真の11月28日担当者がいたらごめんなさい。おめーの担当分ねーから。

「ひらかわともか〜♪」や「絶起だ〜♪」などの迷フレーズを生み出したロータから早一年が経ったみたいですね。びっくり(小並)今年の次期主席曲アレンスキーはどのような感じになるんでしょうかね。「難しい」「弾けない」みたいな声をよく聞きますが、大丈夫。だいたい毎年そんな感じだから(無責任)

変わってメイン曲のハーバート。自分は、「お前ほんとに音楽やってるの?」って感じの「休符数えられない人間」なので5楽章が特にやばいです。音聞いて覚えるか、1プルのN氏かK氏をガン見しかないです。要介護認定ほしいです(絶望)

最後の日誌ということで、クラ弦の思い出語りや感謝を述べている人が多いので便乗していこうと思います。

クラ弦は音楽サークルなので音楽を通してサークルに関わる人が多いかと思いますが、自分はそうでは無かったかなあと思います。特に最後の一年近くは会計や合宿幹事としての関わりが多かった様な気がします。ただ、これは「仕事多くて嫌だー」的な負の側面ではなく、サークル又はクラ弦民と多く関わる機会を頂けた的な正の側面だったかなあと思います。

思い返せば、一年生の4月にクラ弦に入ったのも「なんとなく雰囲気が良さそうだったから」で「音楽サークルだから」とかの理由は副副産物くらいの勢いでした。(一応経験者だったくせに数年間放置しすぎて3rdポジション覚えていなかったのはマジでやばいとお思った。)

一般人よりちょい遅れて大学に入ってきたので、孤独の時間が長すぎて、人との話し方を忘れていた自分(意外とほんとの話)を受け入れてくれたぐらいなので、個人的にはクラ弦はキャパシティの大きいサークルだと思っています。そんなキャパの大きさと独特の緩さが、何となく自分とあっていたので緩々と3年間所属できました。

クラ弦は緩いサークルだけど、常にぐだぐだしている訳では無く、本当に必要性を感じればめちゃ素早く動けるサークルだなとこの一年で感じました。会計や合宿幹事の仕事柄、人を見るのにフィルタがかかってしまいがちなんですが、「期限ぎりぎりにはなるけど最後にはお金を支払ってくれる」ことができるので、クラ弦民はだいたい良い人だと思います。(謎の上から目線)

何書いてんのかわからなくなってきました。めんどくさいんでそろそろ感謝の言葉言って〆ます。

4年生以上の先輩方。実は年上又は同い年だったり舐め腐った態度とったりしたのに、後輩として接してくれてありがとうございました。また後輩したいので関わってください。

1、2年生の皆さん。合宿でやらかしがちなポンコツでしたが、色々接してくれてありがとうございました。またポンコツな先輩したいので関わってください。

3年生の同期。自分で巻き込んでいくタイプではないので、色々巻き込んでくれて3年間楽しかったです。現役期間が残り3週間弱とその先もありますが、まだまだ楽しみたいのでこれからも関わってください。

<m(__)m>(土下座)

追記:12月23日に「第1ヴァイオリンも第2ヴァイオリンもビオラもチェロもコンバスも指揮者もOBもみんな来いセカンド会」(通称:セカンド会)がN氏主催であるそうです。みんな行きましょう。

 11/17(土) おがた   [修正]
3年Vnおがたです。

遅くなりましたごめんなさい…
11/17(土)の日誌をお送りします…

11/17(土)は
昼 椅子譜面台練習
3限 アレンスキー合奏
4限 シューベルト合奏

でした!

降り番デーだったのに日誌…
何を書けば…と思いましたが、
せっかくなので、現役最後の日誌?として、個人的な締めくくりを書けたらと思います。

このサークルには、1年生の5月からここまで約2年半いさせて頂きました。

特に大きな役職とか仕事をしたわけでもなく、ガハガハ笑いながら適当〜に弓を動かしていただけな気がしますが…

こんな私でも、
定演以外の演奏会でもアンサンブルのお誘い(ダンスも踊った…)を頂いたり、
練習後にご飯食べたり、
社交辞令でも、定演の打ち上げで、うちのパート乗ってくれてありがとう、って言って頂けたり、

私って、ここに居ていいんだろうな、居させてもらえてるな、って思い続けることが出来ました。

この団体において、私というアイデンティティを創り、少しでも遺せたかな…と思います。自惚れかもしれないけど…

私がここまでクラ弦の団員として居続けられたのはひとえに、今まで関わってくれた全ての方のおかげです……
本当にありがとうございます_:(´ω`」 ∠):_


追いコンの最後の挨拶チックですが、
これで、2018/11/17(土)の日誌とかえさせて頂きます。笑
長くてごめんなさい!

ではまた、定演まで練習がんばりましょう〜


おがた

  ひよこ  [修正]
お疲れ様です。お久しぶりでした、ひよこです!
そして!日誌はなんとはじめましてです!今まで書くことに恐れ多きを感じていまして、締めの際には人の影にサッと隠れては、幹事長さんの視界から消えるようにしていたんです。今日はだめでしたね。ひよこの最初で最後のクラ弦活動日誌、どうかお見納め下さいませ…&#128036;

まず、今日の活動です↓

4限 自主練
5限 ハーバート パート練習
6限 エルガー  合奏

早稲田祭が終わり、今週はゲネプロも控えており、定演にむけていよいよ、という雰囲気の漂う練習だったように感じました。ハーバート1stは自主練だったのですが、自然と耳に入ってくる仲間の音に刺激されるので、向上心と共に集中力も上がって良いなあ、と隅っこで練習していて思いました。
エルガーは合奏です。エルガー…難しくないですか?頼りにしたいトップの皆さんがsoloが多いもんで、自分と同じフレーズを弾いていないという心細さ。さらに表・裏と分かれまくる譜面の仰々しさ。エルガーの力強い旋律に負けないように全員で息を合わせていかなければなあと感じます。一番ややこしいけど、一番伸びしろのある曲だ〜と思っているのでこれからも頑張りましょう〜。のび〜。

どうせ最後なので、私事にはなってしまうのですが もう少し書こうと思います。
冒頭おひさしぶりでした!ひよこです とか言われても、1年生や一部の2年生 
??ってなりますよね…。はじめましての方、挨拶遅れてしまって申し訳ないです。
以下はじめましての方向け→3年の村下です、バイオリンはずっとやっていますが1年間の立教のほうのサークルので役職を終えまして、今日復帰して参りました!ひよこで覚えていただければまあ間違いないでしょうからすみませんがそれで宜しくお願いしたいです。

そんなこんなで今日1年と数カ月ぶりにクラ弦にお邪魔したわけでしたが、
こんな私を温かく迎えてくれた皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
実を言うと、こんなにたくさん乗り番をいただいたのに、夏合宿は行けんわ練習も行けんわでこんな時期になってしまい、後ろめたさでいっぱいで復帰するのもだいぶ躊躇し、今日は緊張で本気で気持ち悪さを覚えました…。
そんな緊張もB105に入った瞬間に消えました。同期の皆、先輩も 久しぶり〜!と
温かかったです。指揮者はチョコも、くれました。涙出る…優しすぎる…。今日改めて、クラ弦の居心地の良さというか、ホーム感を実感した気がします。

休団させてもらっていた1年間は、立教バドミントンの(サークルですけど)副部長として奮闘していました。バドミントンというのは個人競技です。性格が悪いほど強くなれる、とか言われるように、メンタルが強い人ほど向いています。
何が言いたいかというと、クラ弦とは正反対なところでした。まそれでも楽しさもあったからやっていた訳ですが、正直辛いことの方が多かったです。プレーでミスしまくれば叱咤され、副部長としての仕事でもできていないことが少しでも出れば叱咤され。結構な叱咤の1年を乗り越えてのクラ弦でしたので
皆が優しくて温かくて「ここは桃源郷…!」くらいの気持ちです。

こんなに居心地や雰囲気の良いサークルは、他にないと私は思います。失ってから気づいた…みたいな感じですが、冗談抜きでクラ弦を離れてはじめて心の寂しさを抱えた1年でした。このようなクラ弦を築き上げてくださった先輩方、そして同期の皆に感謝感謝です。後輩の皆には、ぜひ大切にしていってもらいたい場所です。私も最後まで大切にします!

私はクラ弦では役職や係の仕事も全くと言っていいほど出来ていないので、本当に申し訳ない気持ちです。小規模なサークルの副部長でさえ多大な量の仕事があったのに、クラ弦では…と考えた時はブルって凍ります…。私が出来るのは椅子を並べたり片づけたりいい演奏をすること、そのくらいでしかないのですが、感謝の気持ちを持って取り組みたいです。本当にいつもありがとう。

ん〜何かまとまらずだらだらと書いてしまって申し訳ないですが、とりあえず今日の復帰達成に安心しているのと
ひよこ一人暮らしなので、隣人を気にしては十分にバイオリンを弾くことが出来ない生活から解放された〜!という思いもあり、大変晴れやかであります。

これからも、といってももうあと1か月半ないところですが、
この大好きなクラ弦を一生懸命頑張りたいと思っていますのでどうぞ宜しくお願いします。たくさんひよこと戯れてやってください…喜びます。
稚拙な文章で失礼しました!皆とクラ弦が大好きです〜!&#128036;

 11月7日 かとま  [修正]
※旅行記も含めているので結構長文です。元気のある暇なときに読んでください。

Привiт!(ウクライナ語でこんにちは)
3年のかとまです。皆さん、早稲田祭お疲れさまでした。盛り上がりましたか?私は今年度出演せず、商学部のプログラムでウクライナ(とトランジットの関係でベラルーシとロシアも)行ってきました。

その前に。今日の練習は、
5 アレンスキー パート練習
6 ハーバート  パート練習
時間外 クラ弦商学部会   でした。

アレンスキーは勿論知らないのですが、きっといい練習をしていたことでしょう。ハーバートはですね、やばかった。いや、やばいの私だけなんですけどね。練習してないのバレる。まずい。あと2か月弱ですね、頑張ります。
時間外の商学部食事会、とっても楽しかったです〜!2人来れなかったのが残念ですが、色々なお話出来てよかったです。クラ弦商学部勢は先輩も同期も後輩も良い人。次はラクレット行きましょう。

さて、旅の思い出を。
〈ウクライナ〉
ウクライナ美女が多い説は本当です。美女を見たい方はウクライナへ。日本からは直行便が出てないのが痛い。日本と比べると物価はかなり安いし、ご飯も美味しいし(ボルシチはロシア料理じゃなくてウクライナ料理です)、チョコも美味しいし(大統領の会社のROSHENも美味しいし、Lviv Handmade Chocolateも美味しい)街も色彩が淡い感じで可愛くて素敵です。おすすめはアンドレイ教会!水色が本当に綺麗。ずっと見ていられます。政治的な問題があり、今は少々治安が良くない感じがするのでそこは気を付けましょう。基本的にキエフにいたのですが、1日だけリヴィウという街に行きました。あ、キエフ中央駅の構内が非常に素敵でした。夜行列車で行ったんですけど、なんと一等客室は水が付いてきました。それがノンガスだったのが超感動しましたね。リヴィウはカフェが沢山あって観光が盛んな街です。また、ポーランドに近いのでキエフよりヨーロッパの風を強めに感じます。あまり大きな街ではなく1日あれば回れると思うので、どこか近隣諸国に行った際に立ち寄るとかでも楽しめると思います!是非。
〈ベラルーシ〉
ウクライナで美女やかっこいい人を多く見ましたが、一番の推しはミンスク空港の入国管理官の男の人です。いやーーー本当にかっこよかった…私の順番から管理官が変わってその人になったのですが、ラッキーでしたね。まあこの人になら入国拒否されても良いかなって…(よくない)その人がかっこいいっていうのもあったんですが、ベラルーシの出入国管理官の制服が超かっこいいんですよ。是非推しに着てほしい。ベラルーシは「ヨーロッパ最後の独裁国家」なんて言われますが、人も優しくて良い国だし、夜1人で出歩いてもそんなに怖い感じがしません(キエフはちょっと怖い)トランジットで1.5日しかいれなかったのが残念なので、また行きたいです。
〈ロシア〉
モスクワはトランジットの20時間の間に街に繰り出すという感じでベラルーシ以上に短い滞在でした。行った時、赤の広場が封鎖されてて、「15時に開く」って言われて待ってたら開かなくて、そしたら「16時に開く」って言われてまじか…となりながらも待ってたのですがなかなか開かなくて(空港へ向かうタイムリミットが16時半でした)寒空の中泣きそうだったのですが、数分後開いて、なんとか入れました。一緒に行った子と小走りで駆け巡りました。近くで見る聖ワシリイ大聖堂は素敵だった…。あ、あと旧ソ連圏に多分共通なのですが、地下鉄の駅がかっこいいです。

一応学部のプログラムなので、真面目なこともしました。向こうの日本語学科の学生と交流しました。みんな日本語が上手くて、私達より日本文化のことを知っていて、そして日本語で自国の文化とかの説明もできる…。自分の無知さを改めて知りました。海外に行くと大体思うんですよねこれ…。試験の為の勉強とかじゃなくて、人生を豊かにする勉強がしたいですね。

来年このプログラムはジョージア(グルジア)に行くそうです。私も都合がつけば行きたい。

さて、最後の日誌なのに旅行記で締めるわけにはいかないので、私もクラ弦語りをしたいと思います。

クラ弦でなんだかんだ3年間過ごしてしまいました。最初は1年で辞めるつもりでした。元々ソロでやっていたため楽器があり、体の小ささからフルサイズにしたのが遅かったので、折角買ったのに勿体ないという一心で弦がやれるサークルを探していました。候補はワセオケ、早稲フィル、クラ弦、律。本当はインカレがとっても嫌で、そうするとワセオケしかなかったのですが、お金と時間があまりにも吸い取られるなーと思って、残りの3つから探しました。規模が大きすぎず小さすぎず、また説明会やコンパで話してくれた先輩方(みずほさん、ゆりさん、あっきゅんさん、藤川さん、ともみさん、チェックさん。皆様は恐らくこの日誌をもう読んでいないだろうし、話したことも覚えていないと思いますが、この場でお礼を申し上げます。)が優しくて雰囲気が良かったことから、クラ弦にしようと思い入団しました。
入団したは良いのですが、春定はメイン1曲(1年が全然いなかった)、冬定はサブ2の1曲(Vnの人数が多すぎて溢れた)だけで人との関わりが少なく、また自分の性格上そこまで群れられるタイプではないのであまり親しい友人が出来ず、曲も乗れなくて楽器が弾けずでつまんないしこの定演終わったら辞めようって思っていた時期がありました。

何故辞めなかったか。

まあ、正直辞めるって言えなかったってこともあると思います(笑)だって言う相手先輩だもの…。あとやっぱ楽器が勿体ないなという思いもありました(笑)
でもやっぱり、クラ弦の雰囲気なんじゃないかなって思います。2016冬定はスヴェンセンしか乗ってなくて月に1〜2度くらいしかクラ弦に行っていませんでしたが、そんな私でも行くと声をかけてくれる同期、先輩。趣味の為に練習は休むわ、アフターに殆ど参加しないわ、最後の時限まで練習しても締めに出ずさっさと帰る時もしょっちゅうだわ、な人間でしたが、来るもの拒まずむしろ歓迎、みたいな雰囲気があるクラ弦はあったかいなって思います。人に恵まれていましたね。なんか書いたら泣けてきた。(ほんとに)なんだかんだ言って居心地が良かったんでしょうね。実はクラ弦が好きなのかもしれないです。それに気づいたのは、引退直前の今だったってわけですが。でも、それに気づけて良かったです。皆ありがとう。特に17期の同期のみんなー!ありがとうーー!

長くなってきたな…。そろそろ終わります。もうすぐ贔屓組の公演が始まるのでソワソワしてます。あと、推しの来年の舞台が全然出なくて不安です。あの人、本当に二郎系のラーメン屋を開業したらどうしよう。クラ弦の中でミュージカルや宝塚やバンドの話に付き合ってくれる同期の心の広さに乾杯。さんて。さりゅーと。油田欲しい。

読んでくれてありがとうございました。私は多分顔が年中無休で怖いだろうけど、怒ってるわけじゃなくそれが通常モードであり、話してみると意外と話せる人だと思うので、引退する前に皆さんお話してくださいな!

Дякую!

追記:写真はキエフのおすすめのアンドレイ教会です。綺麗。

 11月3日 すずき(い)  [修正]
こんにちは、3年Vaパートの鈴木愛恵です。
本日は
3限 ハーバートP練習
4限 フリー(早稲祭練習)
でした。

3限はヴィオラは自主練となりました。実を言うとハーバートの練習に一回も出られていません。早く追いつかなければと焦っております。
大学生って学年が上がるごとに楽になるものだと思ってました。全然そんなことなかった。土曜に必修が入ってるのがつらいです。

さて、これが私の最後の日誌となるようですが、まあ最後と言っても2回目なんですよね。で、1回目はというと入団したその日だったんですよ。私が入団したのが5月後半くらいで結構遅かったので、他に書いてない1年生がいなかったのでしょうね。人見知りが激しくて緊張しながら初めて練習に参加して、わけもわからず日誌というものを任され、その後流されるようにヴィオラパートでご飯を食べに行ったあの日がつい最近のことのように思います。あれからもう2年半か…。
友達からクラ弦のことを知り、なんとなーくで入り、出席率もあまり高くない私でしたが、なんだかんだ楽しかったなーと思います。なんとなく、だったけど入って良かったです。いろんな人といろんな曲を弾けて楽しかったです。残り少ない期間ですが、最後までどうぞよろしくお願いします。

明日は!早稲祭!ですね!!
頑張りましょう!楽しみましょう!!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127
全 883件 [管理]
CGI-design