9月14日(火) 合宿二日目 大片 
[修正]
二日目。

---本日の練習---

09:00 ウィントン合奏
10:00 レスピーギP練
11:00 ゲーゼ合奏
12:00 ごはん
13:00 ウィントンP練
14:00 モーツァルトP練
15:00 モーツァルト合奏
16:00 スークP練
17:00 スーク合奏

でした。
↓の天野とは逆に、割と速攻で寝たので
起き出したのが5時半。
その後開幕ウィントンに臨むべく自主練。
実に模範的なスタイルだと自分では思うんだけどねぇー

自分はレスピーギ、ウィントン、モーツァルトに参加。
ウィントン初回からえらい速いなぁとか
レスピーギのP練一人足りないなぁとか
なんでモーツァルトの参加者こんな少ないのかなぁとか
俺人の名前覚えられないなぁとか

そんな感じの感想

ウィントンは・・・・・・ノリでイケイケになっている状態で弾けてるような「感じがする」ような状態でした
弾いてるときには俺弾けてるカッコイイみたいな感じでしたが全然そうではありませんでしたね。自重します。いや練習します、だ

レスピーギは「舞曲であるということの意識」がテーマだった気がします
ウィントン以上に強弱に注意するべき楽曲であると考えますね。
和音は丁寧に。dolceに注意。
非常に繊細な曲であるということを実感。

モーツァルトはビオラで参戦。
ビオラを快く貸してくださった朴木さんには感謝。
アクシデント?により途中からP練は3人でやることになりました。
バイオリンを演奏した後にビオラを弾くのは結構大変です
ハ音記号は割ときちんと読めるようにはなってきましたが、いまだに和音とか咄嗟に弾こうとなるととてつもないことになってしまいますね。練習が必要そうです

スークの練習のときは写真を撮って回ってました。
ゲーゼの合奏のときは買出しに行ってました
全パートの練習を見学、撮影させていただきましたが、どのパートも特色が出ていたと思います。

その後はBBQと花火と肝試し。
片手で皿を持ちながら片手で写真を撮るという誰得なスキルが身についたような気がします。
余談ですがその次の日にはカメラの二刀流を会得しました。本当、誰得ですよ
だんだんとデジカメで写真を撮るスキルが向上してきたように思えます。
しかし花火を取るのは非常に難しい。
「フラッシュ撮影」では花火の美しい光が見えなくなるだけですし・・・
「ノンフラッシュ撮影」では、当然ですが何の写真なんだかわからなくなります。どうしろってのよ

肝試しはやったら力が入ってましたね。
正直な話、去年の肝試しは暗いだけでそこまで怖くはなかったんで、毎年そんなもんなんだろうとタカをくくっていましたが。
申し訳ありませんでした。クオリティーの高さに脱帽。
というわけで一年企画組にはこれ以上のクオリティーを期待します。


肝試しが終わった後、我々広報部による全体会議が秘密裏に行われました。
ちなみに現役で広報の仕事をやっているはずの萩原さんは不在でした。よほど大事な用事があったんでしょうねぇ。w
ここで話すことではありませんが、次期クラ弦HP管理担当は自分です。今後とも宜しくお願いいたします。

で、本当に関係ないのですが・・・・・・
今回の合宿の写真のアップロードを担当することになったのですが、正直画像多すぎです。
プロパティで開いてみたら2.73G(大きさ調整なしの状態)とのこと。冗談だろwww
数えてみたらその数700枚。
こいつを全部アップするのは少々時間がかかることが予想されます。気を長くしてお待ちください。
幸いにしてPCがきちんとデジカメの画像を読み込んでくれたので近々アップできるかと。

あと動画を撮るのは結構ですが、どうやってアップすればいいんですかこれ
普通に30Mbが6個7個とかあるんですけど(参考:スーク詰め合わせが24Mbくらい)

※一発芸が何をやってるのかよくわからない写真になりました。この場をお借りしてお詫びします。精進します。
動画はメモリ喰いまくるから使えないんですよ・・・・・・

※俺はそんなに厨二に見えますかね?w

※そろそろ手下飽きたんですけど

 9月11日(土) 山田  [修正]
初めまして。果たしてどれだけの方が私のことを知っているでしょうか、一年指揮の山田翔平です。
いままで合奏している後ろでぼーっと聴いていたりP練中にぶらぶらして「こいつ邪魔だなあ・・・」とか思われていたかもしれませんが、今日初めて指揮を振らせていただきました。

今日は
3限ゲーゼ合奏
4限スークP練
でした。

ゲーゼ合奏はなんとチェロが8人もいました。しかし、今の自分ではそれだけの人数をまとめる力量がないのが悔しいです。
思い返せばぶつぶつとイミフなことをつぶやいたり、イミフな指示をしたり、あろうことかイミフな振り方をして演奏者さんにご迷惑をおかけしたと思います。
入団当初、まるでノリのような感じで指揮宣言をしてしまったあの日から数ヶ月。現在は果たして自分なんかでこんな大役が務まるのかとgkbrする日々・・・
しかし、優しい先輩方に励まされ奮い立たされ、これからがんばっていきたいと思いますので、どうか見捨てないでくださいorz

そして明後日は合宿ですね。スケジュールを見ると朝から練習漬けですが、皆さんがんばりましょう。
今日の帰りに一男たちで集まったのですが、やはり話題に上がるのは一発芸のこと。果たしてどの一男が一番うけるのか?まだ何をするか決めていない私はどうすればいいのか!?
合宿が楽しみですねorz

そういえば、一男で集まって乾杯するときに「お疲れ!」とか「合宿に向けて!」とか言いながらグラスを交わしたのですが、そのなかで天野がボソッと「山田の初指揮も」と言ってくれたことが心に残っています。
さすが高校三年間共に過ごした心の友です。同情するなら金を(ry心から感謝の意を示したいと思わないでもないです。

では、今日もお疲れ様でした。合宿がんばりましょう。

※この日誌はパスワードを知らなかった筆者が一度間違えて投稿してしまい、すべて消えてしまった後に書き直した文章です。あと10分早く天野がパスワードについてのメールをしてくれれば、消えることはなかったでしょう。
天野君、ドンマイとか言ってくれたけど同情するなら金を(ry

 9月8日(水) ふじ「い」  [修正]
そろそろ合宿ですね!とうとうやってきたか…
個人的には気力・体力の限界に挑戦する
一年で最も過酷なイベントだと思っています。
藤井です。

今日の練習は

5限:モーツァルトP練(Va以外)
6限:レスピーギ合奏

でした。4限には1stが普通にP練をしていました。偉いです。
それに比べて、今日モーツァルトのP練に来たビオラはたったの2人…。

まあ今日は台風でしたからね!しょうがないよね!
でも休むときは事前に連絡するんだよ、栗原くん。

仕方が無いので、急遽2男で一番できる男と1男で一番面白い男を召喚し
4人で基礎練とクリスマス・イブ組曲を練習しました。
宮下くんに「ちょっと情熱的な音を出してみて」などと無茶ぶりをしてみたり
服部くんに最近あった面白い話を語らせたりと楽しい(彼らには迷惑な)
P練でした。合宿ではもう少し2人に優しくしようと思います。


レスピーギでは、相変わらず後ろに座りたがる大人気ない萩◯さんとの
バトルに敗れ今日もトップサイドに座ることになってしまいました。
瀬戸口くんは今日もあいこさん&佐野さんの見守る中名言※を連発していました。

とりあえずビオラはスラーはきちんとスラーで弾くこと。あとテンポは
暴走しないこと。fにしっぱなしではお客さんに「?」と思われるので
音量を落とすべきところではきちんと落とすこと。
…などが今日の主な注意でした。

練習後には一年生が何かの会合を開いていたようですが詳細は不明です。
わざわざ台風の日にお疲れ様でした。

ではみなさんお元気で。


※せっちゃんの名言集Vol.1
「歩行者優先なかんじで」(スラーを優先させるの意)
「(弾けすぎは)ダメ、絶対」(弾けるからってテンポ無視しないでね)
「ビオラゾーン・セカンドゾーン」(ビオラ・セカンドがおいしいところ)
「強く生きてください」(バスに対して)
「萩原さんに奢ってもらい王選手権」(今月号月報より)
「おしえて!しろうせんせい」(同上)

せっちゃんとは関係ないですが、今回の月報が
最後のMADE IN WATANABEの月報だったようですね。
今まで本当にお疲れ様でした。毎回編集後記も楽しみにしていたので
少し寂しいですが、次回からはできると評判の2年広報諸君が頑張ってくれるでしょう!
では。

 9月4日 はぎわら  [修正]
やあやあ
皆さんこんにちは

久しぶりに日誌のご指名頂きました萩原です。
パートは2nd&(偽)ビオラ、コーラとオレンジジュース大好き4年生です。
ちなみにこのクラ弦ホームページを作った張本人。
近いうちにまた全部更新します。お楽しみに

さてさてこの日は
3限 ウィントン合奏
4限 スークP練

でした。
ウィントンには残念ながら乗っていないので様子は分かりませんが、きっと我らが4年の鑑、日野・朴木ペアが一番後ろの方で大活躍していたことと思います。

問題のスークP練は途中から参加しました。
突然の4楽章で弾けるわけもなく、さらっと弾いていくセカンドの皆さんの逞しい姿に感服しました。
ハーモニーを崩すくらいなら自らが犠牲となって音を消す、この柳本さんの献身的な姿勢に器の大きさを感じました。

練習後には、10人くらいでまた「はんべい」へ行きました。今日はラムネを頼んだらラムネハイではなく、ちゃんとラムネが来ました。ラムネかラムネハイかは自分にとって死活問題。ほっと一安心。
「ラムネの飲み口の蓋を開けれる男はかっこいい」という3女の発言に踊らされ、果敢に何人もの男性陣が挑戦するも誰一人として開けることはできませんでした。誰かB玉を助けてくれ・・

もうすぐ合宿ですね。
合宿最終日にスーク弾けてないと首席からお仕置きをくらうことに・・・まずい(汗)
練習頑張ります!
ではでは

 9月1日(水) 日野  [修正]
気づけばもう九月…だけど、学生の夏休みはここからが本番!!楽しみましょう!!
おそらくこれで日誌を書くのは最後になるのでしょう…なんかそのように考えると非常にさみしいです。

軽く自己紹介。朴木の日誌に名前があがっております4年の日野です。練習前と練習後でひげの長さが違うVnの男性がいたら、9分9厘僕です。
前期は、私情により、あまり練習に参加できませんでした。申し訳ありません。後期は、もっと参加できるように努力します。

さてこの日の練習は
5限 ゲーゼP練
6限 レスピーギ合奏

でした。
ぼくはゲーゼにのっていますが、ついたころには終わっていました。すみません…
ただ、皆の顔色を見る限り、初めてのP練にしては血色よく、「なかなかの出来だったんだな」と感じ取ることができました。合奏が楽しみですね。
自分も、足を引っ張らないように努力します。

レスピーギの合奏ですが、乗っていないのでわかりませんが、おそらく厳しくそして充実した時間だったのではないかと思われます。
僕は練習部屋で、モーツァルトと戦っていました。彼とは、仲良くなれそうにないです。
また、練習時間中の細野が懐かしく思われました。早く戻ってきてほしいですね。

その後は、朴木と萩原と悠馬で「はんべい」に行きました。萩原がラムネを頼んだのにラムネハイが来たり、「玉ねぎの串揚げ」が「長ネギの串揚げ」だったり、オーダーがなかなか通りませんでした…まぁ、僕はビールが飲めればどうでもよいですが(笑)

のこりの練習時間を大切にして、合宿に臨みたいものですね。がんばりましょう。

 8月28日(土) 朴木(ホウノキ)  [修正]
まだまだ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
久々の日誌を仰せつかりました、というか日誌を書くのはこれが最後かもしれませんね。

4年Vnの朴木(ホウノキ)です。お久しぶりです。そしてはじめまして。
学部は教育、パートは2nd、髪の毛が生まれつきもこもこしてます。腰の低さには定評がありますが、クラ弦屈指の「ダメ弦(弦楽器の神様に嫌われた者)」です。
前回の演奏会はステマネでしたが、今回満を持して演奏に復帰いたします。演奏職の方々を中心に多大なご心労をおかけしますが、どうかよろしくお願い致します。

この日の練習は、
3限 スーク合奏
4限 ウィントンP練
でした。

スークにはもちろんのっていないので、個人練部屋にいました。90分という時間は昔の腕を取り戻すのにも、そもそも取り戻すほどの腕がないことに気付くのにも十分な時間です。
合奏後のみんなの疲れ具合を見る限り、スークという人はとんでもない作品を後世に残したようですね。楽譜を見るのも恐いくらいですが、合宿ではぜひ聞いてみたいものです。
また人が集まらず合奏が始まるのが30分遅れたとのことで、なるべく遅刻を少なくしていくことが大切ですよね。はい、すみません。

ウィントンはほとんどのパートがこの日はじめてのP練だったと思います。2ndは1・3・4楽章を中心に練習しました。個人的にはほとんど1年ぶりのP練で、かつ大原さんが立派に首席をしていて、ことのほか感慨深いものがありました。が、それよりなにより首席と一年生二人(当たり前だけど自分よりうまい)というメンバーの中で音を外しまくって感慨どころの騒ぎではありませんでした。日野君が恋しい今日この頃です。あと4年にもなって書き込み用の鉛筆持ってなくてすみませんでした。

なんか個人的な反省ばかりになってしまいました。久々に参加しましたが、やはりクラ弦は居心地が良いですね。合宿が今からとても楽しみです、今年は肝試しに参加しなくていいし。
ではでは。

 8月25日(水) なんぶ  [修正]
2年Vn(1st) なんぶです

最近、部屋で涼んでほとんど用がない限り外出してないので暑さを感じてません。こうしてるうちに少し涼しくなってくれるとうれしいのですが・・・。

この日は確か、5限でスークのP練習、6限でモーツァルトでした。

あまりまだ熱を入れて練習する機会といいますか、頑張る気合いといいますか、そういったものが、まだ出ておらず、2、3回目弾いたor初見って感じでしたが、弾けないこと、難しいことが分かり、やる気が出てきました。他の人も言ってるように合宿までには、出来るようになりたい・・・・・・
さて、スークの曲自体つかみ切れてない状態ですので、どういうフレーズなのか何遍も音源聴いてみますか。
自分の経験から、曲を覚えると以前より格段に弾けるような気分になれるのでまずスークを何も見ずに口ずさめるようにする(歌えるよにする)練習もいいかもしれません。
今まで4楽章とか5分の尺を20分にするようなスロースピードでしかスークを聴いてなかったので本当の早さに慣れるも大切かもしれません(わざわざ音源を編集したもの)。スロー4楽章を聴きたい方がいらっしゃれば、言っていただけたら聴かせてあげますよ(20分かかりますが)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
全 839件 [管理]
CGI-design