1月13日(水) ゆーま 
[修正]
やぁやぁあけましておめでとうございます。

成人式を終えようやく戻ってきました。
ご迷惑おかけしました。

今日は会議をするよと先日からMLをまわしていましたが、会議らしい会議は実際していないので来れなかった人もご心配なさらず。ちゃんとした全体会議を春合宿でできたらいいなと思っております。

〜1つご報告を〜
今年から指揮者として理工学部の佐野さんが正式に入団してくれました。よろしくお願いします。

 1月9日(土) 石井  [修正]
遅くなってしまいすいません。2年Vcの石井です。
かなり久々に日誌を書きます・・・

この日の練習内容は
3限ドヴォルザーク首席合わせ
4限団内練習
でした。

3限は各パートの首席がドヴォルザークの合奏をしていました。かなり良い曲ですね。
いつも思うのですがクラ弦の選曲センスは神だなぁと感心します。自分も研究しないと・・・
個人的にドヴォルザークは大好きなので早く弾けるようにしていこうと思います。

4限は団内練習でした。が、自分の属する藤井チームはまだ曲が決まっていなかったとのことで今回は合わせなしです。全体的に個人練やグループで練習していた感じだったと思います。

気づけば新しく入団した仲間も見られました。今年も皆で団結して音楽を作っていきたいですね。
では今年もクラ弦頑張りましょう。

 1月6日(水) ゆきこ  [修正]
明けましておめでとうございます。今更自己紹介も必要ないかもしれないですが、新しく入ってくれている方もいるので、一応。
文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系二年の西田悠希子です。クラ弦では、今年のコンミスを務めさせて頂きます。最近になってやたらMLを流してるヤツです。どうぞよろしくお願いいたします。
って何か堅苦しいですね(笑)

この日の練習は、
5限:団内チーム顔合わせ
6限:パート顔合わせ
でした。特筆すべきことがあったかというと、首を傾げますが、幹事長が不在でも、新しく副幹事に就任したみずなや、あずちゃんがしっかり仕切ってくれていました。頼もしいですね。
そう言えば、ビオラの某首席さんの弓が何故か長方形になる、という大惨事(大珍事?)が起きました。結局直ったんでしょうか…?彼の扱いが悪かったとは思いませんが、みなさん、楽器は大切に。微妙な寒暖の差でも、楽器にとっては大きなダメージになることもあります。練習する時間がないときでも、たまにはケースを覗いておいて下さい。二週間ほっとくと、駒が倒れてたりするかも…
あとは…全体的に人が少なかったので(まあ、いつも通りってやつです)顔合わせも適当…(失礼)可哀そうなことにチェロは北里君一人でした。みなさん、試験勉強の息抜きにぜひクラ弦へ。

さてさて、いつもならこの辺でやめるんですが、今日はせっかく新年早々日誌の指名を頂いたので、もう少し。
まずは、今までクラ弦を引っ張ってくださった三年生、四年生の先輩方へ。本当にお疲れ様でした。今、クラ弦を運営していく方の立場になって、その責任の重さを肌で感じています。P練中も合奏中も会議中も好き勝手発言して、先輩たちを困らせてばかりで、すみませんでした。先輩たちが積み上げてきたものを壊さないよう、そしてまた次の代へと積み重ねていけるよう、至らない自分ではありますが、頑張っていきたい、と思います。

そして、一年生、二年生のみんなへ。
私からみんなに伝えたいのは、本当にただ一つです。

<一緒に楽しみましょう>

クラ弦は本当に、雰囲気のいい団体です。それは大学のサークルとしても、そして演奏団体としても。だから、ちょっとだけ、惜しい。
こんなこと言うと、指揮者に怒られちゃうかもしれないけど、それに、たぶんP練のときは全く反対のこと言うかもしれないけど……音程が悪い、とか、リズムが変、だとかそんなことはどーでもいいんです、プロじゃないんだから。アマチュアのオーケストラが良い演奏をするのに必要なものは何か。それは経験でも、テクニックでもありません。純粋に、音楽が出来て楽しい、そしてこの楽しさをお客さんに伝えたい、そういう気持ちです。そしてその気持ちを全員が持ち、お客さんを巻き込んで、指揮者を中心としてオケが一つになれた時、それはけして自己満足では終わらない演奏ができるはずです。ね?
月報で森川君も言ってましたが、別に本番で多少事故ろうが何が起きようが、いいんです。楽しくやれれば。演奏会のときの日誌見てて気になったんですが、別に間違ったっていいんですよ?ていうか、満足がいく演奏ってのは、ノーミスで弾けることじゃないよね。毎日コツコツ積み上げてって、本番も楽しく弾けること。それが大事。
楽しむこと。だけど、これって結構簡単そうに見えて難しい。だいたい、楽しむってどういうことなんだろうね。
私の解釈は、その曲に同調すること。その曲のフレーズフレーズにある感情を大切に表現していくこと。詩の朗読みたいな。と、私は短い音楽人生の中で感じています。
みなさん、それぞれ、楽しむことってどういうことか、考えてみてください。何てったって、音楽は、音を楽しむって書くんですから。
ドヴォルザークの弦楽セレナーデなんてまさにそんな感じ。一人ひとり、曲への思いがないと、ちっとも面白くない。もちろん、他の曲もだけど。

偉そうなことばかり言ってごめんなさい。でも、きっと分かってくれると信じてます。だってクラ弦は素敵でかつ優秀な人が揃ってますからね☆

最後にこの場を借りて

智美ちゃんへ。バイオリンを支えていく相方が、本当に智美ちゃんで良かった。こちらこそ色々迷惑をかけると思うけど、よろしくお願いします。一緒に頑張ろう。
藤井君へ。何やかんや言ってるけど、実は期待してます。プレッシャーはあまり感じすぎないで、藤井君らしくビオラをまとめて行ってください。君なら出来るよ。
財津君へ。人数も少なくて大変だと思うけど、いつもチェロの偉大さに感激してるので、今年もよろしく!
杉内君へ。これ書いても読んでくれるのかな…まあいいや。バスがいるのといないのでは、まるで曲が変わるので、無理のない範囲で参加してくれると嬉しいです。実は頼りにしてるから。
森川君へ。森川君の熱い音楽って素晴らしいですよね。私なりに努力するので、見捨てないで下さい(笑)よろしくお願いします。
ゆーまへ。幹事長って本当に色々あって、だけど実は地味な仕事が多くて、大変だと思うけど、何かあれば頼ってください。私だけでなく、きっとみんながそう思ってるんじゃないかな。一緒に良い団体にしていこう。
彩ちゃんへ。隣は任せた!(笑)

その他の人にも色々言いたいことはあるんですが、キリがないので強制終了。

ふう……長くなりましたね。今、読み返してみたけど、やっぱり偉そうです。申し訳ない。でも高いところを目指したいので、あえてこのままにします。そうそう、私が爆走しかけたら、誰か止めてください。きっと止まる(と思う)。
ではでは、みんなで、より素晴らしいオーケストラにしていきましょう。これから一年間、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

 12月23日(水) 村田 悠馬  [修正]
さてさて、演奏会の日誌を副幹事長が書いてくれたので、僕も反省会&引き継ぎ式の日誌を書こうと思います。

3限
学年別反省会をしていました。ただ最初のうちは集まった人が少なかったので、みんなでぼやぼやとしていましたね。3年生は少ないながらも先に始めていましたが。例年通りうちの学年は真剣な話し合いになってしまいました(^o^)/おつかれさん。

4限
全体の反省会です。今回の反省会では普段から気にかけておかないと治らないような悪い習慣などが目につきましたね。またまとめてUPしておくので、皆さんももう一度目を通しておいてください。

5限
そして感動の引き継ぎ式・・・とはいうものの企画日野さんと広報萩原さんがまだいませんでした。反省会が早く終わってしまったから、早く始めたのが失敗でしたね。まぁなんとか朴木さんetcが時間を稼いでくれたりと、3年生の絆が見え隠れしましたね。それぞれの引き継ぎで、それぞれのカラーが出ていたのが良かったと思います。最後は僕の涙でしっかり締まったのではないでしょうか!!とまぁ調子に乗ってみたものの頼りない幹事長ですいません。頑張ります。

3年生の皆様本当におつかれさまでした。
3年生のやわらかくて、楽しくて、でもしっかりクラ弦のことを考えてくれていた真剣さが作り上げていた雰囲気がだんだん変わっていくのは寂しいですが、新しいクラ弦が徐々に見えてきていることにも期待してほしい次第であります!来年もまたどんどん遊びに来てくださいね!改めておつかれさまでした。

メリークリスマス!そして良いお年を。

 12月18日(金) 匿名希望さん  [修正]

えーと、みなさん引き継ぎ式も終わって、すっかりクリスマスを謳歌しているところかもしれませんが、記憶を定期演奏会まで遡らせてください・・・。
多分日誌の担当がいなかったので、勝手に書きます。一応幹事長の許可は得てます。


と、いうわけで定演お疲れさまでしたー!


私はその前日からプレゼンに追われたりレジュメ2つ分作ったり、あげくPASMOをなくしたりと散々でした。

当日も学部事務所に寄ったり何だりで遅刻ギリギリ・・・いえ、セーフギリギリで遅刻しました。椅子・譜面係はじめみなさますみません。

もし学館の6階で部室の鍵持った人に会えなかったらもっと確実に遅刻でした。タイミングよかった。


・・・ところで、みなさんにとって、今回の演奏会はいかがだったでしょうか?
最後の定期演奏会となり、気合いと寂しさが入り交じった人、夏定演からの成長を感じた人、中だるんでいた人、緊張しすぎて変な動きをしてしまった人・・・。本当に様々だと思います。
私も、気合いが空回りしてうまく弾けなかった部分が少なくなく、今後の課題がたくさん見つかった気がします。

とはいえ、どんな形でも本番は一度きり。全員が満足する演奏なんて、まずありえないでしょうが、やっぱり一人一人の頑張ろうという気持ちが大事ですね!うん!

反省ですが、もう全体でも反省しましたし、今更書くこともね。あ、ちゃんとアンケート集計結果には目を通しておいてください。特に卒業した先輩からのアドバイスなど、自分では気付かないような鋭い指摘もたくさんありますので!
そして個人での反省をしっかりしておくことも大事だと思います。向上心のないやつは何とやら、です。


とにかく!今までクラ弦を引っ張ってきてくださった先輩方には本当に感謝しきれません!!これからのクラ弦も見守っていてください。そして1、2年生はこれからのクラ弦をもっともっと全員で盛り上げていきましょう★
でも寂しいので顔出してください。後輩一同、いつでも待ってます。


ちなみに打ち上げはカオスでした。今年一番の笑いでしたね。ジャパニーズウォーターおそるべし。

・・・ちょっと人様の家で書かせてもらっているとどうも勝手が違って難しいですね。そして言いたいことがうまくまとめられません。むむむ。
仕方ないのでこの辺で終わります。あわよくばみんなこの日誌に気付きませんように。
最後に
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー☆
来年もどうぞよろしく!

 12月16日(水) 大片  [修正]
Vn一年の大片です。
本日は演奏会前の最後の練習日でした

---本日の練習---
5限 スカルソープ合奏
6限 メンデルスゾーン合奏
---

スカルソープは乗り番ではないので自主練。
広報の先輩方が仕事をその時間に行っていたとのことでした。
仕事に参加しないで申し訳ありませんでした 事前に知ってたのに・・・

6限はメンデルスゾーンの最後の合奏。さらに演奏会前の最後の練習ということになります。
6限というのもあいまってものすごい人数がB103に集結していました。
自分は今年入ったのでイマイチ実感がありませんが、ここ数年で規模が大きくなったと聞きます。うれしいことです。
さしあたっての問題は部屋が狭いということですが・・・

練習は最後ということもあって最終確認が中心でした。自分なりに気合を入れて望んだつもりです。・・・最後30分くらいまでは。
何の前触れもなくD線が逝ってしまわれたので最後30分ほどD線封印モードで頑張っておりました。
メンデルスゾーン4楽章をD封印という無茶苦茶な逆境の中、俺の未知なる力が開花ーーーしませんでした。
皆様申し訳ございません。最後のほう2ndの後ろが騒がしかったのは主に俺が原因です。
皆様申し訳ございません。4楽章で音を外しまくってたのは俺です。
足掻いてみましたがD抜きでG線3rd→5th〜6thをあの速さで頑張るのは無理でした
和音するべきところを単音で一人弾いていたのはなかなかシュールでした
他の弦も気になっていたのでとりあえず全とっかえしたので本番で切れるということはない・・・はずです。

不吉ですね。実に不吉です。
特に俺は明日4限まで授業出てから行くので本番直前(5時ごろ)に合流する予定です。つまりこれが本当に最後なんです
とりあえず笑っとけば何とかなるでしょう。

とまあこんな感じで最後の最後にグダグダにしてしまったわけですが、明日は本番です。
体調を整えて万全の準備で望みましょう。

でもって打ち上げも楽しみましょう^^

P.S
↓の問題・・・単純に考えればアレでいいと思うんだけどなー・・・
でも出題者が財津さんだからなー・・・何か裏がありそうだなー・・・んー

 12月13日(日) 財津  [修正]
チェロ2年の財津です。
日曜練お疲れ様でした。
チェロは2限にP練がありました。少し早くついたので横着してチェロを5本一気に持ってみました。チェロ5本に挑戦したい方は事前に断念することを強くお勧めします。おそらく、かなりシュールな格好になると思います。なぜなら地下に着いたら知らない人に写メを撮られました。僕の肖像権を返して!あと写メ見せて!

さて、本日の練習は
3限 ムーアサイド合奏
4・5限 ラルゴ・アンコール合奏(1時間)→マーラー・バルトーク合奏(2時間)
でした。

ムーアサイド合奏では、全体的な音のバランスや音量を整えました。また音階1音1音の移動が多いのでもっと音程とビブラートに注意したいと思います。またミュートの取り外しを忘れないようにしましょう。

ラルゴ・アンコールでは音量の指示、アンコールではブレスのタイミング、特に前奏からメロディに入る4と5小節目の間のブレスが長くなったのでバイオリンの方はフライングしないように頑張ってくださいw

マーラー・バルトークでは共通して最初の音色が特に大事なので集中して大切に大切に入りましょう。
マーラーでは全体やパート内でのタイミングを合わせました。特に遅い曲なのでpizzがとても合わせづらくずれてしまいました。pizzの多い低弦は皆で心を一つにしてしっかり合わせましょう。
バルトークでもやはり各パートの入るタイミングとパート内でのタイミングを重視し合奏しました。チェロはIII.の四角3の前の四分が短くなる傾向があります。演奏中にふと見つけたのですがバルトークのI.の右に「盆踊り」と書いてありました。謎です。
この二曲はザッツを出し合い各パートが孤立しないで一体感のある演奏を心がけましょう!

練習は残すところ水曜とリハのみとなってしまいました。早いものですね。本番でまたガチで暑くて頭が沸かないように冷えピタを持っていこうか悩んでます。今回は演奏会後の飲みでは寝ないと言いふらしているのですが、もし寝ていたら叩き起こしてくださいw

では演奏会に向けて勇往邁進しましょう!

<プレゼントキャンペーン>
次の□に入る漢字を答えてね。当たった方にはアメちゃんを一つプレゼント。

小□中人親

Hint
Hintは大不評だったので消しますw

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115
全 800件 [管理]
CGI-design