仲田 
[修正]
練習お疲れ様です。
2ndの仲田です。
かなり久しぶりに練習に参加した気がします。
申し訳ないです。


今日の練習は
5限 スカルソープP練→合奏
6限 バルトーク合奏


でした。
私は5限に経済学の中間があったため、6限から参加させていただきました。
単位くるといいな。。。

今日のバルトークは1stが多めでした。
やっぱり1stは華やかですね。
刻みながらも、メロディーに酔っています。

にしても自分の音程がひどかったです。
半音ずつ下げるところ・・・よく見直しておきます。
あと和音もよくさらっておきます。
直すところいっぱいで気が狂いそうですが、初めての定演なので楽しみでもあります。
演奏会まで残り1カ月・・・

頑張ります!!

 11月11日 植松  [修正]
こんばんは 1stの植松でございます。
前の日誌の日付が離れすぎてると思ったら、早稲田祭があったんですね。
第二部の3か4曲目あたりから見にいったんですが、室内楽もいいですよね!
特に印象に残ってるのは最後のブルッフとトップのアイネクライネでした。
まぁ最後のブルッフは言わずもがな、ブルッフ熱いですね!
何より引き終わったときのゆっきーの笑顔がとても印象的でした。
トップのアイネクライネはカルテットだったのとチェロ側にいたためか、
低音の響きがすごい感じられて、乗っていたときのものとは全く別物でした。
さすが中島さんと財津様ですね。後で財津様がちょっと大きかったかもって言ってましたが
こういうアイネクライネもいいと思います。
演奏してる人見て、羨ましくなりました。団内とか来年の早稲田祭は何かやらかしたいですね!

と、終わりそうな雰囲気ですが、まだ始まってないですよ
前置きが長くなりました。
11/11、今思えばポッキーあんどプリッツの日の練習は
5限 ムーアサイド合奏
6限 グリーグ合奏

授業の終わりが早かったので、久しぶりに5限の頭から参加できました。
ムーアサイドは今回の中で一番好きな曲なのでうれしいですね。
しかしなんとチェロが0という悲劇。
その代わり1stはなぜか多かったです。7人ぐらいいましたね。
チェロいなくてかなり寂しかったですが、これだけ1stいるともはや勢いがすさまじい。
激流に身を任せる丸太のごとく、1stの流れにのって楽しく弾けました。
願わくば本番までに、その水を濁さないよう、流れにのるだけじゃなくて自分が流れになれるよう
がんばりたいですね。個人練あるのみです。

三楽章のゲネラルパウザもいい感じですよね。ここかっこよすぎます。Kからの流れが半端ない。
注意もされましたが、そこを崩さないためにもKの頭そろえましょう。
三楽章頭はコンバスが入るまで伸ばすのも今回でやっとつかめた感じがします。
SulGだったとこもシはDでいいということになったのでうまく弾けるよう練習あるのみ。
Cからは指揮者の言ってた通り、かなり魅力的なメロディーですよね。
84あたりの、イギリスの民謡(だったはず)もたまりません。たっぷり歌っていきたいです。
最近、民族音楽に目覚めようと体の中で何かがうごめいているのを感じます。
いろんな曲を聴いてみて目覚めさせてみようかと密かに思っております。

2楽章はあまりできませんでしたね。残念です。
ソロが美しすぎるので本番も聞き惚れさせてください。
初めてトップサイドに座った時の2楽章はもう忘れられないですね。
ちなみに27からミュートをつけるわけですが、俺の楽譜にシュートと書いてあって毎回謎です。
3Pシュートを決めるときのようにためて狙いを定めていけということでしょうか…?
みなさん、字はきれいにかきましょう☆

1楽章は19からのcrescが本当にイイ。しかし気が高ぶりまくって
22の最後のラが適当にならないよう、丁寧に弾きたいですね。
あとは1楽章の繰り返しは結構むずかしいのでそこで落ちないよう練習が必須です。

ムーアサイドは日曜練までに暗譜だそうです。みなさんがんばりましょう。
なんとなくは覚えてて弾けるんですが弾いてて楽しいせいか、いつも無限ループになります。
しかしムーアサイドはあと日曜練だけって、少ないです… ぜひ調整を……
とりあえずトップサイドの久野さんの弾きっぷりが
後ろにいるものに勇気と勢いを与えてくれて心強いと感じました。


グリーグに関しては
2楽章の頭、もっと軽やかに、のどかに、と注意をうけました。確かに。
ここはヨーロッパの高原で風車の回っている村があって、
そこをクルクル回りながら買い物してるアイコさんのイメージが勝手にあります。平和だ。
ppの前のシは響きをちゃんとききましょう。
ここら辺は簡単なようで、音をひとりぼっちにしないように弾くのが結構難しいです…

と、続けようと思えばエンドレスですので、もう閉めます。
というかそろそろ学校の仕度をしないと遅刻します…
寝ぼけていたのもあって非常に長くなってすいません…

ちなみに練後は二年でサイゼにいって23:30までいて急行の終電で帰りました。意味不明w
一年も早稲田祭の打ち上げということで行っていたらしいです。
演奏会まであと5週間。気持ちを入れ替えて練習に臨みたいです。

あ、あとクリスマスパーティの件はよろしくお願いします…

 11月4日(水) あゆみ  [修正]
こんにちは、チェロの河野です。
毎回日誌のpass忘れてしまっています...
植松くん、教えてくれてありがとう♪
(微妙に違ったけど…)


昨日の練習は
5限 マーラーP練
6限 メンデルスゾーン合奏
でした。

5限は授業だったため参加できませんでしたが、終了間際部屋に入るとたくさんの人がP練していて圧倒されました。
例のごとくチェロは誰もいませんでしたが・・・;;
確かOB会の日にチェロのP練があると思うので、そのときしっかり練習したいと思います。

6限のメンデルスゾーンの合奏も参加者が多く迫力がありました!
合奏でチェロが注意されたことは、
・入りをしっかりそろえて入ること
・聞かせるところはもっと音を大きく遠くに飛ばすように
・音程
・1楽章の8分音符の音形が曖昧だから練習が必要
といった感じでした。
結構基本的なことが多かったので、さらいが足りないってことですね。
合奏をしていて「P練がしたい!」と強く感じました。
そんなとき財津様から「P練したいな♪」というメールがきました。さすがです。
昨日は1楽章と4楽章をやりましたが、次回の合奏では楽譜を見ないで弾くっぽいです。
次回までに暗譜せねば…><
あと、定演まで残り1ヶ月半切っているので、今まであまり合奏に出てなかった方は
トップの方に注意事項を聞きに行った方がよいかと思いました。
せっかく指揮者の方が細かく注意して下さってますので★



練習後は早稲田祭の二女カルテットの練習をしました。
他のパートの子がとても上手に弾くので、惚れ惚れします♪
が、上手く弾けば弾くほど私の罪悪感は増すばかりですorz …頑張ります!
残り数日ですが早稲田祭出る方、がんばりましょう♪

ではではー*

 10月28日(水) なほ  [修正]
おつかれさまです。ヴィオラの林です。
今日はバイト先の塾が休講日なことを忘れてて塾まで行ってしまいました(・ω・`)

さて、昨日の練習について。
この日は部屋が取れなくて大変でしたね。
廊下で練習してる片又さんはすごいバイオリン上手そうに見えました。

5限 グリーグP練
6限 バルトーク合奏

5限のパー練はいつものように充実していました。
透明な音色にするにはビブラートをかけない方がイメージに近くなるみたいです。

6限はみこが帰ってしまったのでゆーまくんがソロを弾いていました。初見?なのに普通に弾いててすごかったです。
弾き始める前にどんな音を出すかイメージして、と長谷川くんに何度も言われ、最初の1小節を何度も弾き直しました。
もうこれは体に覚えさせて習慣にしなきゃですね。

そして、7限はマーラーのP練でした。
直前までいい忘れてた中島くんにブーイングしてたらお詫びにみんなにパンをくれました。
実は直前に知らされても全然よかったんだけどね。すまんねw
ほかのパートがいない環境でのP練だったので集中してできました。長谷川くんおつかれ!

この日は藤井くんが新フルで休みでしたね。周りでも結構流行ってるし気をつけましょう〜

ではでは。

 10月24日(土) はるか  [修正]
長谷川君に不意打ちで当てられてしましました。かなり久し振りに日誌書きます!

練習の内容は
三限:メンデルスゾーン合奏
四限:マーラー合奏
でした。

私は昼休みに早稲田祭の練習をしに行ったのですが、一年生がすでにみんなで合わせていました。今年の一年生は積極的ですね(^^)早稲田祭が楽しみです。

さて三限のメンデルスゾーンの合奏では1,4楽章を練習しました。いつも出席率の良いセカンドですが、この日は一年生3人を含む6人しかいませんでした。また智美ちゃんがちょくちょくチューニングに出かけてしまいさらに減ったものの、みんなの頑張りでどうにか乗り越えました。
あっ森川君が言っていましたがやはり個人練が大事ですね。あとスピードはゆっくりからで。

マーラーは小さくきれいな音を出さなければならないのでかなり神経使いますね。拍数えるのも大変ですし。音程気をつけるのと良い音出す研究が必要ですね。


25日(日)はトコサイでした♪私のサークルではタピオカを販売したようです。私は打ち上げの飲み会だけ参加してきました。来年はみなさんぜひお越しを☆

あと最近変なあだ名で呼ぶ人が増えていますが皆さん真似しないように!

 10月21日(水) 瀬戸口  [修正]
1年Cbパートの瀬戸口(社会科学)です。先週から二ヶ月と三週間(自主休講分)ぶりに大学に行き始めましたが体力の限界を感じ始めています。そろそろ長期休暇があって然るべきなのですが何故か暫くないようです、不思議ですね。

練習内容は
五限:メンデルスゾーンP練
六限:マーラーP練
でした。

実は三限と四限に一年生だけで早稲田祭の練習を行っていました。とはいえ休日と言うこともあって早くからいらっしゃる先輩も多かったために、先輩方に囲まれながらアレでソレな曲群を弾くことになった訳ですが、果たしてあの時僕達はどのような評価を受けていたのか(怖いもの見たさで)非常に気になるところであります。

五限は、1stとVlaには精鋭達が揃い、2ndは過疎に苦しみ、Vcは絶滅を遂げていました。恐らくこれが格差社会と呼ばれるものなのでしょう。不況の余波がクラ弦にまで迫っているとは恐るべきことであります。御多分に漏れずCbパートも絶滅の危機に瀕しており、路頭に迷った僕はおーかた君や長谷川様に構って貰っていました。お二方練習の邪魔をしてしまってごめんなさい…!

六限は長谷川様のご指導のもと、Vla・Vc・Cb合同のパート練を行いました。実はこの時まで僕はマーラーを弾いたことが無く(ちなみに僕がマーラーに触れなかったのは「美味なるものは後に食すべし」という日本的精神に従った結果であり、決して音符の総数に満足したきり引き出しの奥にしまい込んでいたわけではありません。念のため)、その稚拙な演奏と、更に長谷川様の問いに対する頓珍漢な返答により大いなる失望と多大なる迷惑を皆様にもたらしたことをここにお詫びいたします。つきましては次回の合奏までに演奏技術の向上に努めてまいります次第であります。

気がつけばそろそろ十月も終わりそうです。演奏会まで凡そ一ヶ月半、Cbパートの五人が全員揃う日を夢見て精進していきたいと思います。そして新型インフルエンザと共に早稲田祭もすぐそこに迫ってきました。どちらも上手く行くことを願うばかりであります。あに☆げんの皆様には色々とご迷惑をおかけしっぱなしでごめんなさい!

P.S.社会科学部は皆さんが思っているほど楽な学部である可能性もまた存在します。社会科学部では勤勉さと忙しさが正比例の関係にあります。エリート社会科学部生とエニート社会科学部生は別の生物であると理解して頂ければ幸いです。

 10月17日(土) はせがわ  [修正]
遅くなってしまい、すみません。
ゼミの発表があって、かなり久しぶりにクラ弦に参加しました。
ご迷惑をかけました。

この日の練習は、
3限:バルトークP練
4限:マーラー合奏
でした。

バルトークは少しずつ慣れてきているようなので、
ほかのパートとどう掛け合いがあるのか、どんな和音になっているかに気をつけて弾くともっとよくなると思います。

合奏では、ゼミ発表から開放された妙なテンションで、わけわからないことをたくさん言っていたと思います。(わけわからないのはいつものことですが)被害を受けた方、すみませんでした。

マーラーは、まだ音程や音の長さ・休符の長さがいい加減なところがあるみたいなので、しっかり確認してよい演奏を目指しましょう!
そして、どんな音楽にしたいかというのを意識して弾いていくとクラ弦らしい音になってくると思います。
*バーンスタインという指揮者のアダージェットの動画を見てみると参考になると思います。

演奏会まであと少しです。
最後までよろしくお願いします!!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
全 839件 [管理]
CGI-design